荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(DE15
 
2013年冬 DE15信越クリスマスラッセル
 
12月25日 曇のち晴
 
 24日に大糸昼ラッセルが走ったという情報を聞き「悔しー!」と思いながら仕事を片付けた。25日から26日にかけても冬型が続くという事で、とりあえず信越本線黒姫駅へ向けて深夜の高速を飛ばした。黒姫駅に到着した時は日付が変わっていた。それなりに雪はあるが、夕方以降の積雪は無い感じだ。諦めつつ構内を覗くとラッセルが停まっていた!気温マイナス8度のなかバルブを開始。そのうちに月が出て、雲に隠れていた黒姫山も月明りに照らされた。発車に備え先回りして待機する。
 
黒姫駅
DE15 1538
 
 
黒姫〜妙高高原
下り 排雪列車 DE15 1538
 
関山〜二本木
下り 排雪列車 DE15 1538
遠くに新井の街の灯りが見える
 
二本木〜新井
下り 排雪列車 DE15 1538
 
北新井〜脇野田
下り 排雪列車 DE15 1538
 
 結局、雪を掻いてたのは妙高の辺りだけだった。脇野田から北陸道経由で糸魚川へ向かった。こちらも雪の気配は全然無かった。案の定、大糸ラッセルの運転は無く、DD16は庫で休んでいた。直江津方の高架下にはDD15 14もいた。せっかく来たのでトワイライトエクスプレスを撮りに青海方面へ行く。トワイライトエクスプレスを撮った後、天候調査をするが、天気が崩れるのは夕方以降のようなので能生のお魚センターで買い物をしてから、辰野支線の123系撮影に予定変更する。大糸北線の撮影地を確認しながらだったので、塩尻には13時着、小雪が舞うなか上下各1本を撮影して帰路についた。中央道は笹子トンネル崩落事故のため不通で、一宮御坂から大月まで迂回させられ1時間以上も余計にかかってしまった。
辰野支線の123系へつづく
 
青海〜糸魚川
上り 特急トワイライトエクスプレス EF81 104
辰野支線の123系へつづく