荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(EF65・DD51)
2016年3月19日〜21日 特別なトワイライトエクスプレス 山陰 ラストラン その1

3月19日 晴
 カシオペア最終日ってのに、新幹線で西へ。2015年夏に行ったのに、再び今日からトワイライト山陰ラストラン撮影。
 まずは山陽本線で、EF65 1124。このカマの色は見慣れていないので何か違和感があるが、そのうち慣れて人気ガマになるのだろうか。即撤収して伯備線へ向かう。

竜野〜相生
12:37 9031レ 特別なトワイラトエクスプレス EF65 1124  動画はこちら

美袋〜備中広瀬
16:01 3084レ EF64 1046

 往路DD重連は一発と美袋で待つも、16時過ぎに上りの貨物列車が行った後は、トワイライトはおろか鈍行も何も来なくなった。暫くして、この先岡山寄りの踏切で自動車が支障して、抑止がかかっていいる事が分かった。当初17:30運転再開との情報だったので期待したが、案の定真っ暗になっても来なかった(結局、抑止していた中庄を3時間延で発車したとか)。良い光線だっただけに残念だった。現地を19時頃出て、広島経由で宇田郷へ向かった。

 翌朝は気をとりなおし、宇田郷の鉄橋からスタート。雲の動きが早く、その度に設定を直していたが、通過直前に太陽が出たので、昨日の分を取り返せた。

3月20日 快晴

須佐〜宇田郷
7:53 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186  動画はこちら

 今回は数ではなく、撮影地重視なので、次は三玉カーブへ直行。晴れて陽差しもあるが、風が冷たく凍える。ここからは流れで追っかける。粟野の手前のS字カーブと小串海岸付近で海を入れて撮った。黒江村まで行けるかと思ったが、追っかけ渋滞と休日渋滞で追いつけず、裏道に回り、福江付近の丘の上からトワイライトエクスプレス見送って本日は終了。
 そのまま西へ向かい、本日の宿ルートインのある門司へ。フロントでトレインビューをリクエストすると快く応じてくれて602号室を案内された。この部屋からは、門司港へ向かう上り列車を見ることができる。なぜ門司に来たかというと、うまくいけばED76が撮れるかと考えたからで、宿で調べていると夕方に上って来るのが分かり再出撃。しかし、渋滞が激しく狙っていたポイントへは到達できず、逆光状態だったが小倉辺りでED76 1020を撮影した。その後、門司に戻り、名物の焼きカレーを食べて早々と就寝した。
特別なトワイライトエクスプレス 山陰 ラストラン その2へつづく
玉江〜三見
12:09 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186  動画はこちら

伊上〜長門粟野
13:05 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

湯玉〜小串
13:57 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186
特別なトワイライトエクスプレス 山陰 ラストラン その2へつづく