荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(DD51)
2015年8月23日〜25日 特別なトワイライトエクスプレス 山陰 その1

8月23日 快晴

 4時起きして、下府駅手前からスタートした。明るくなったのは道の駅「ゆうひパーク三隅」から。ここは広そうだけど、生け垣と柵で立ち位置が限られるので脚立を使用した。早朝だが撮影者20名ほどだった。

久代〜下府  夜明け前を駆け抜ける
5:02 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

折居〜三保三隅  ゆうひパーク三隅駐車場から
5:59 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

岡見〜鎌手  岡見貨物時代に見つけたお気に入りポイント
6:23 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

 運転速度が遅く、列車交換で停車時間もあるので、普通に走っても余裕で追っかけられた。東萩までの区間でラストとなる、長門大井の田んぼの中で寄り気味に撮る。初めて正面に陽が回る場所だ、と先に来ていた方が言っていた。ここは田んぼの中だけどベスポジが少なく、ギリギリの追っかけ組の人は慌てて別の場所へ向かって行った。

益田〜戸田小浜
6:58 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186
分かりにくいが、区名枠「後」の右には「☆」のブルトレマークが挿されていた

飯浦〜江崎
7:37 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

江崎駅
7:41 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス 24系

長門大井〜越ヶ浜
8:24 9033レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

東萩駅
10:42 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

 東萩駅の長時間停車を使って、プチ観光後にロケハンした。玉江〜三見に数箇所ある有名ポイントは、通過2時間前で何処も50名オーバーで、狭い道に車を停めるスペースは無かった。事前にチェックして一番撮りたかった三見〜飯井の俯瞰ポイントは、通過時も6名でのんびりムードだった。この先長時間停車がしばらく無く、今日午後の目的地、角島へ向かうため追っかけは終了かなぁと車を走らせていると、どうやら追い越したようで、粟野川鉄橋でもう一丁。大満足でキャンプ場へ向かった。
特別なトワイライトエクスプレス 山陰 その2へつづく
三見〜飯井
12:20 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

長門市〜黄波戸
12:43 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186

長門粟野〜阿川
13:11 9035レ 特別なトワイラトエクスプレス DD51 1186
特別なトワイライトエクスプレス 山陰 その2へつづく