荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(DD16)
2017年10月6日〜7日 八戸臨海鉄道のDD16 その1

10月6日 曇一時晴

 2010年10月に八戸へ来た時は、DD16 303は庫に入ったままで撮影できなかった。それから早7年、運転パターンを読み、DD16 303運転の確信をもって出撃。夜21時に家を出て高速を北へ。途中仮眠を取りつつ700km、八戸に着いたのは朝6時半だった。
 八戸貨物駅で今日のカマを確認すべく待っていると待望のDD16 303がコキを牽いて入換て来た!2009年1月以来の再会だ。心配していた「鉄道の日」のHM取付無しも確認。長苗代駅付近から撮影をスタートした。
キハ40編はこちら
八戸貨物駅
7:02 入換 DD16 303

八戸貨物〜北沼  長苗代駅付近  戸来岳を背に
7:51 11レ DD16 303+コキ×12

八戸貨物〜北沼  コープ前
8:37 12レ DD16 303+コキ×12

八戸貨物〜北沼  コープ前
10:10 13レ DD16 303+コキ×12

八戸貨物〜北沼  長苗代駅付近の田んぼ
11:02 14レ DD16 303+コキ×12

 14レ撮影後、八戸の街中のびっくりドンキーで昼メシをとり再び田んぼに戻る。午後の1往復で終了し、万が一DD16ウヤ時の保険で予約しておいた小坂のブルートレインあけぼのへ向かった。

八戸貨物〜北沼  長苗代駅付近の田んぼ
12:18 15レ DD16 303+コキ×12

八戸貨物〜北沼  長苗代駅付近
13:17 16レ DD16 303+コキ×12
小坂の「ブルートレインあけぼの」へつづく
八戸臨海鉄道のDD16 その2へつづく