荷−5 ディーゼル機関車(DD16)
 
2009年10月10日 JR長野 鉄道フェスタとセピア色の飯山線号のDD16
 
  10月10日 晴
 
 飯山線全通80周年記念号撮影から1ヶ月経っていないがまたまた長野へ。今回は長野総合車両センターでの鉄道部品購入とDD16の見学、そして間に合えば快速 セピア色の飯山線号も撮影と欲張りプランだ。
 3時起きで友人宅経由長野へ。6時過ぎに着いた。開門前の行列は200人ほど。お目当ての鉄道部品販売は先着順ではなく、列ごとの抽選で順番は120番になってしまった。友人は部品購入を諦め見学に回った。結局、私の順番では大量放出の東北ゾーンのサボぐらいしか残っていなかった。せっかくなのでそれを2枚と乗務員室の荷棚を購入した。
 
長野〜北長野
9:13 9121レ 快速 セピア色の飯山線号 DD16 11+旧客x3
 
開門前 DD16 302がスタンバイ
 
DD16 302 ウィングとフランジャの全開状態  ウィングとフランジャの動きはこちら
 
DD16 302 運転台見学
 
鉄道部品販売会会場  右下の183・201系やブルトレ幕などは入札制
戦利品  お宝ゲッツ!にならず。売れ残りのサボ2枚と乗務員室の荷棚。
 
クモユニ143-3車内見学
 
 見たいものがほぼ見れたので、183・201系やブルトレ幕などのオークションは見ないで飯山線へ向かう。飯山付近は抜け道を使い、越後鹿渡〜越後田沢間の鉄橋にギリギリ辿り着いた。前回運転時は遠くからサイドで撮ったポイントだが鉄橋まで来るとまた違う感じだ。人気のポイントで30名ほどいた。この後は無理せずに追っかけ、陽が暮れる野沢温泉の手前で終了。野沢温泉の熱々の外湯に浸かって帰った。
 
越後鹿渡〜越後田沢 鉄橋
15:18 9122レ 快速 セピア色の飯山線号 DD16 11+旧客x3
 
足滝〜越後田中  川を挟んでサイドから
15:39 9122レ 快速 セピア色の飯山線号 DD16 11+旧客x3
 
信濃白鳥〜平滝  すすきの原を行く
16:22 9122レ 快速 セピア色の飯山線号 DD16 11+旧客x3
 
上境〜上桑名  新道から俯瞰
16:43 9122レ 快速 セピア色の飯山線号 DD16 11+旧客x3