荷−5 今なお活躍する国鉄型車両(DD14)
 
2008年11月26日 DD14ロータリー車試運転
 
  11月26日 曇のち晴一時雨
 
掲載ブログ
11月19日までの「ラッセル試運転撮りまくり旅」を終え、しばらくは仕事に専念と思っていた矢先、家の都合により急遽糸魚川へ行く事になった。タイミングよく信越本線のDD14試運転が行われていて、キャッチする事ができた。あまり詳しいスジを入手していなかったので高田〜春日山のカーブで1発目を押さえた後DD14を見失い、次にキャッチできたのは関山〜二本木の築堤だった。スイッチバックの関山駅では一旦引上げ線に入換え、そこでDD14 327のウイングを広げ点検をしていた。ウイングを広げる時のエンジン音が印象的だった。
 
高田〜春日山
8:29 試9374レ DD14 327
 
関山〜二本木  紅葉の終わった築堤を行く
9:50 試9374レ DD14 327+DD14 332
 
関山駅  大カーブを抜け、スイッチバックの構内に着く
9:57 試9374レ DD14 327+DD14 332
 
10:15 試9374レ DD14 332+DD14 327  115系の発車後入換開始
 
10:45 DD14 327のウイングを広げ点検中
 
関山駅で知り合った人から詳しいスジをもらい余裕を持って撮影ができるようになる。 妙高高原〜関山の峠区間ではウィングを開いて走ってきた。中の雪かきよせ羽がグルグル回るのがよく見え、迫力満点だった。ここで電車鉄の方を車に便乗させてあげた。話をしたら、後輩N田の友人Nさんだった。黒姫〜妙高高原の鉄橋で撮って上りの部終了。Nさんを妙高高原駅に送り、旅館妙高温泉 香風館 に戻り昼メシの親子丼を食べる。
黒姫からの折返し下りは、旅館の部屋からの俯瞰でスタート。妙高高原から二本木まで4回追いつく。この区間の最後は二本木市街 に入る踏切から。ラストポイント脇野田〜南高田では快晴になり、青空がきれいだった。ここで偶然、8090レさんと会いビックリして終了〜した。
 
妙高高原〜関山   ウィングを開き峠を登る
11:09 試9374レ  DD14 327+DD14 332
 
黒姫〜妙高高原  小雨の中鉄橋を渡る
11:26 試9374レ DD14 327+DD14 332
 
黒姫〜妙高高原  旅館妙高温泉 香風館客室より俯瞰
12:53 試9375レ DD14 332+DD14 327
 
妙高高原〜関山  (2009年の同地点
13:05 試9375レ DD14 332+DD14 327
 
関山〜二本木  集落の外れを行く、雲の動きが早い
13:15 試9375レ DD14 332+DD14 327
 
関山〜二本木   峠を一気に駆け下り市街地へ
13:28 試9375レ DD14 332+DD14 327
 
北新井〜脇野田
13:48 試9375レ DD14 332+DD14 327
 
脇野田〜南高田  青空の踏切を行く
14:16 試9375レ DD14 332+DD14 327