8−4(2) 定番(電車)
 
1984年5月19日 千代田線乗り入れ車103系1000番代
 
  5月19日 晴
 
代々木上原
103系1000番代
(日記無し−現在の「俺」が追記)

千代田線乗り入れ用の国鉄103系1000番代が、203系の置き換え完了に伴い、近々千代田線から撤退すると聞き、学校帰りに代々木上原で待った。
かなり本数が減っていたはずだが、あまり待たずに103系1000番代がやって来た。
丁度、廃車間近の小田急2200形もやって来た。2両一組で3編成で運転していた。この電車は運転台の後ろに椅子があるので、かぶりつきしやすかった。また椅子の奥行きが深く、ゆったりと座れた記憶がある。
ここの掲載写真中、現存する車両はまだあるが、今この条件で撮れるものはひとつも無い事に気付いた(JNRマークやSマークの消滅や9000形の乗入れ終了等々)。ま、20年も経ってるんだもんね・・・。
 
103系1000番代と203系
 
203系
引上げ線から入換
折返しは我孫子行だ
 
JNRマーク
 
営団6000系 柏行
 
小田急9000形 直通準急本厚木行
 
4番ホームには2200形(2225)が
4000形(4058)急行相模大野行
乗務員室ドアが開いている
新百合ヶ丘
2200形(2225)各停相模大野行 先回りして撮った