7−1(4) 茶色系 クモヤ90と茶色い仲間たち
 
1984年12月17日〜22日 西日本クモヤ90あさり旅 その2
 
  12月21日 西日本クモヤ90あさり旅 その1はこちら)
  南紀EF58あさり旅よりつづく)
那智駅
6:52 121レ EF58-147+12系+マニ
6:25起床、またまたカッパに起こされた。6:45那智YH発、すぐ駅着。グッドタイミングでEF58の鈍行が来たので撮る。7:08那智発(キロ28-2150)、カッパの予想どうりグリーン車開放付き鈍行だった。7:27新宮着、朝メシに天そば(エビ入り)280円をたべる、すごくうまかった。つゆが薄味でほんのりと甘いのがよかった。昼メシ用に売店でさんまずし400円と コーラを買った。7:57新宮発(キハ28-2427)、3分接続の鈍行から学生が乗換え満席になった。九鬼と紀伊長島でディーゼル鈍行と交換した、車内もガラガラだ。10:51〜11:00梅ヶ谷で、急行紀州と交換のため9分停車。さっき買ったさんまずしを食べる、さんまの上にのっている昆布がほのかに甘く、その甘さがよい塩梅でさんまにマッチして、生臭くなく美味しかった。川添で特急南紀1号と交換して、多気に12:10着。名古屋までの急行券700円を買う、ここからは急行だ。12:24多気発(キハ57-10)、そこそこ座席は埋まっているがカッパと1BOXとれた。1308〜18亀山で、ここで方向転換して後ろに3両奈良からの急行かすがを連結する。
熊野市駅
8:39 325D キユニ28-25他4両
三重県は熊野名物さんま寿司

熊野名物さんま寿司
新宮駅
さんまずし\400
梅ヶ谷駅
10:55 急行紀州と交換
川添駅
11:44 特急南紀1号と交換
   


14:17名古屋着、到着の少し前右手の名古屋工場にクモヤ90005がクハ111と止まっているのを発見した。クモヤ90005はこれから向かう予定の大垣電車区の所属だ。とりあえず大垣へ向かうことにした。14:21名古屋発(クハ165-63)、15:02大垣着。大垣電車区に電話して、さっきのクモヤ90005が今日戻るのか問い合わせると「キューマルは名古屋15:35発、大垣着が16:56で尾張一ノ宮で1554〜1629まで止まるよ」と教えてくれた。
大垣駅
15:25 樽見鉄道 レールバス
  尾張一ノ宮駅
  クモヤ90005+クハ111-343
 
「試」の運板が筆記体でシブイ

15:47大垣発(モハ164-510)、16:06尾張一ノ宮着、6番線に着く。クモヤ90005+クハ111-343はクハを先頭に4番線に到着していた。3番線から形式写真を撮り4番線から正面を撮った、気のきく若い車掌さんでドアを閉めてどいてくれた。クモヤ90005は16:28に大垣に向け発車して行った。16:38尾張一ノ宮発(クハ111-498)、大垣電車区に行かずにクモヤ90005が走行写真までセットで撮れてラッキーだった。16:47岐阜着、今夜の宿を探しているとステーションデパート2階にステーションホステルなる宿を見つけた。素泊2170円で即決!5番というB寝台を半分にしたような間取りの2段ベッドだ。夕メシを喰いに街へ、問屋街通りをぶらつくが良い店がなく、駅そばの長良館に入った。俺はヒレカツ定食カッパはミソカツ定食を頼んだ。肉がぶ厚くボリュームたっぷりで大満足だ。カッパのミソカツもたれがうまかった。ごはんをおかわりして1000円だった。ステーションホステルに戻り、カッパと明日の予定をたてたり順番に風呂に入ったりして21:15に寝た。


旧国関係書籍とグッズ
黄昏の中
16:28 出場回送クモヤ90005+クハ111-343発車
  12月22日
 
神領電車区
クモヤ90804とクモエ21800
6:05起床、この旅初めてカッパより先に起きた。カッパを起こしてトイレに入る。大っきいのをして、引っぱり式の水を流して出ようとしたら左足のスリッパを落してしまい、慌てて拾い上げ紙で拭いた。6:30岐阜ステーションホステル発、100円もする紙コップ式のココアを買ってホームに入る。6:48岐阜発(キハ26-172)、ココアがうまい。美濃太田で乗換え多治見へ、丁度朝ラッシュで車内は学生で満員だ。8:11多治見着、8:31発(クハ111-2130)、まだ混んでいる、左手に見える古虎渓が朝日を浴びて美しい。8:49神領着、キオスクでフイルムを買って電車区に向かう。9:00神領電車区着、担当者に2階へ案内される。荷物を置いて車庫線へ。まず入換作業に行く直前のクモヤ90804と、その隣で休むクモエ21800を撮る。わざわざクモエのパンタを上げてくれた。せっかくだからと移動するクモヤ90804に200メートルほど乗せてくれた、ツリカケの響きと揺れを堪能した。
 
   クモヤ90102
 
   クモヤ90804
 
 
 
 
 
クモヤ90804車内より
それからクモヤ90102とクモヤ22118の順に写させてもらった。クモヤ90102は381系と運転できる構造になっていると説明があった。神領電車区のクモヤ90とクモヤ22は月に3・4回浜松工場へ全検車両の入出場のお供をするらしい。「少し前までクモハ40800がいた時は見学者がぎょーさん来てすごかった」という話も聞かせてくれた。この区の方針なのか、やたらと運転台や車内に乗せてくれた、すごく嬉しい。今度は建物に入り踏切非常停止信号の動作のさせ方などの説明があった。建物内には70系や80系のさよなら運転のヘッドマークが保管してあった。再び外に出てクモエ21800の車内を見せてもらう、クレーン等たくさんの工具が詰まっていた。「クモエは今年の2月まで、2日に一度の割合で春日井へワム80000の配給車代用車を牽いていた」と聞き驚いてしまった。最後に381系の運転台を見せてもらい見学終了となった。
 
クモヤ22118


 
クモヤ22118車内
 
クモエ21800 パンタ側

荷物を置いた部屋に戻り、名古屋鉄道管理局の下敷と神領電車区のパンフレットを頂きしまっていると、せっかく東京から来てくれたのだからと線路の切り身を俺とカッパに1ヶずつくれた。タダで、内容の濃い見学をさせていただいた上に、おみやげまで貰ってしまい、本当に恐縮してしまう。俺が住所を聞いたら仕事だからと神領電車区のを書き、せめてお名前を教えて下さいとたのんだらM野と書いてくれた。たくさんお礼を言って11:00神領電車区発、色んな車庫を見学して回ったが神領電車区を越える所は無いし今後も無いだろう。神領駅に着き、名古屋〜静岡間の新幹線自由席特急券を買った。
 
クモエ21800 非パンタ側
 
クハ381運転台からの眺め
11:12神領発(クハ111-468)、11時台はこの列車だけなので混んでて座れなかった。11:41名古屋着、11:48発(37-2535)、9号車のビュッフェに乗りブランチにする、ビュッフェ東京が担当だ。俺はデラックスハンバーグ850円、カッパはビーフシチューをたのんだ。大阪タイプのビュッフェなので、椅子が無くカウンターのみだが、車内で温かい物が食べられるのはありがたい。食事を終え同じ車両の自由席に移る。新幹線自由席特急券が見当たらないので探すが無いので諦め、車窓を眺める。西浜松の留置線にはクモル23050や66系やEF58が数台留まっていた。13:05静岡着、精算所で「特急券が無くなったと」言うと係員が「もう一度よーく探して下さい」って言うのでよーく探したが無いので「やっぱり無いです」と言う「とそれでは2000円です」と2000円取られレシートを渡してきたので「紛失の証明書を作って下さい」と頼んだ。自分のミスとはいえ2000円の追加出費はイタイ。北口から13:30発の静鉄バスで静岡運転所へ向かう。13:40護国神社前BS着、静岡運転所は目の前だ。運転所に入りそこにいた職員さんにカッパが「先日電話した者ですがクモヤ90を写させていただきたいのですが」と言うと、「原則としては撮影禁止なんだけど特別にイイでしょう」と許可を頂けた。2階に荷物を置かせてもらいヘルメットを借りて構内へ。まずクモヤ90053を次にクモハ12054を撮る。ここでも主な仕事は入換と浜松工場への入出場の牽引だそーな、メインは クモヤ90とクモヤ145でサブとしてクモハ12が使われると言う話だ。案内してくれた職員さん(どおやら検修助役らしい)が、俺達がバスで来たと知り、「帰りは静鉄電車が便利だよ」と教えてくれたのでそれに従うことにした。
 
クハ381運転台
  静岡運転所
  クモヤ90053
 
  クモヤ90053
 
   クモハ12054
 
クモヤ145とクモハ12054
 
クモハ12054
 
真ん中にかすかに富士山が見える
14:09楠木発(1001)、ワンマン運転だ。行きのバスは130円帰りは100円だ。14:19新静岡着、静岡駅まで少し迷ってしまった。窓口で小田原まで1500円の新幹線自由席特急券を買った。今度のこだま246号は短い12両なので混んでいないか心配だ。14:42静岡発(21-2024)、5号車の禁煙席だ、タバコの煙が無く気持ち良い。カッパとバラバラで座れた。左手に見える富士山は雪が丁度イイ具合で美しかった。三島で3人掛シートが空いたのでカッパと座る。追い越すひかりが1分延で、こだまは3分延で発車。小田原には1分延の15:33着、「25日に学校で会おう」とカッパと別れ、小田急に乗換えた。地元の駅に16:17着、バスで家に向かう。商店街の店先には門松など正月飾りが並び、昭和50年代最後の年もあと一週間で暮れるんだなあ、と思った。
 
クモヤ90関係書籍とグッズ