4−2(3) ローカル線(西日本)
 
1984年1月3日 和田岬線のオハ64&近江鉄道の旧型電機
 
3日   (別府鉄道よりつづく)垂水YHを6:30に出発、兵庫へ行き和田岬線に乗った。噂どおりオハ64−3の片側はドアが3枚あって座席はロングシートがちょこんと有るだけの珍車だった。客は1両4人程度で6両全部でも20人ちょっとだ、正月なので空いている。15分で1往復できた、まだ7:30だ。その後、途中下車してゴハチの荷物列車を撮りながら、大垣へと向かった(ゴハチ編につづく)。
  23年後の和田岬線
  オハ64-3
シートは一つだけの車内
    ずーっと右カーブで走る 先頭はDD13だ
 高槻
 205系とクモヤ90
気になる駅名ゼゼ
 
兵庫から途中下車してゴハチの荷物列車を撮りながら、大垣へと向かった。高槻ではクモヤ90の職員輸送電車を見た。彦根では乗り継ぎに1時間以上あったので近江鉄道の車庫を見学させてもらった。渋い旧型電気機関車が沢山パンタを降ろして休んでいた。車庫の片隅にクモニ13001を発見した。茶色が色あせてパンタは無く部品取り用に残してあるらしい。13:51米原着、見学させて欲しいと機関区に電話したら10時と13時以外はダメとの事で諦めた。時間が余ったので近江長岡 柏原 関ヶ原 垂井と途中下車して大垣には18:02に着いた。今日はマトモなメシを食べていないので、若園という食堂でチキンライス特大600円をたのんだ。美味かった、腹もいっぱいになった。駅に戻り344Mに乗り込む、20:49大垣発(クハ165‐112)この一番後ろ1号車には3人しか乗っていなかった。21:30名古屋停車、そんなに混まなかった、各ボックスがうまった程度だ。富士駅まで4時間仮眠をとる。
ゴハチ拾い撮り編 につづく
 
     旧型電機の宝庫 彦根駅構内
 
      ED4001
 
ED141
 
1101
 
ED312
 
ED314
 
ED143とチューリップ電車
 
他にも沢山いた
 
  クモニ13001
 彦根駅
 急行比叡 165系
   サボ   簡易運転台
ゴハチ拾い撮り編 につづく