2−1 旧型国電(飯田線)
 
1983年8月6日〜7日 さようならゲタ電号
  ※2005.8.16に写真追加リニューアルしました 
  8月6日 晴
 
小田急百貨店
鉄道展(この写真のみ8月5日)
臨時の急行アルプス(9631レEF64-38+12系客車)で夜を明かし辰野に5:24に着く。今回は同じ学校のF君とI君と一緒だ。昨日は新宿の小田急百貨店でやっていた「鉄道展」を見に行きそのままこの旅に突入している。駒ヶ根で買った伊那路弁当600円で朝メシにする、値段の割に美味しいオカズ満載だった。七久保〜伊那本郷間でさようならゲタ電号を撮影する。12:40撤収、線路内を歩いて駅へ向かう。線路内を歩いていると、突然後ろから汽笛が!!慌てて線路から離れると、下りの貨物列車が走って行った。あやうくED62にひかれて死ぬとこだった。下りが行ったあとなんで、今度は上りだろうと油断していたのがいけなかった。以後気を付けよう。
 
伊那路弁当600円
七久保
岡谷行 119系
七久保〜伊那本郷
8:50 上り貨物列車 ED62-7
 
9:08 下り鈍行 119系x3
 
10:28 下り貨物列車 ED62-7
 
データ無し下り急行 165系
 
  11:40 下り貨物列車 ED62-8
 
  12:32 下り さようならゲタ電号 クモハ53008
 
12:43 上り貨物列車 ED62-1
七久保
到着する165系鈍行
辰野を通り上諏訪へ向かう。途中、暑さで線路が伸びたとかで、点検のため運転を見合わせていた。スワコYHに16:05着、夕メシは外のレストランでエビフライ定食900円を食べた、すっごく美味かった。YHのミーティングに出て22:00に寝た。
 
  8月7日 晴
 
伊那松島
ED62とクハ47069
6:00にスワコYHを出発、歩いて駅へ。上諏訪から鈍行で伊那松島へ、7:21着。今日はここから中部天竜まで「さようならゲタ電号」に乗る。発車まで一時間あるので車庫へ行き旧国を撮る。8:24伊那松島発車(クモハ53008)、鉄道ファンを満載して中部天竜まで五時間弱の旅だ。伊那市・七久保・時又・小和田等で119系や165系と列車交換する、その都度ホームに出て写真を撮る。窓を全開にして渓谷の涼しい風と、ツリカケ音を楽しむ。
 
クハ47069が先頭のさようならゲタ電号
 
クモハ53008とED62-4
伊那市
8:50 乗務員さんとクモハ53008
七久保
9:53 下り119系と交換
 
さようならゲタ電弁当(伊那路弁当)500円
時又
11:02 下り119系と交換
天竜峡
撮影大会
 
中間車の運転台
 
満員のクモハ53008車内
平岡
下り貨物列車ED62-12と交換
  平岡
  クハ47069
小和田
12:42 下り165系と交換
 
七久保を出て駅弁の車内販売があった。買った弁当は、昨日の伊那路弁当の包装紙にさようならゲタ電のスタンプが押してあり100円安い500円だった。この弁当で朝昼メシにする。あっと言う間に中部天竜着13:21。飯田線旧型国電の歴史に幕が降りた。入換作業を撮って、14:36発で帰路につく。満員なので銀バコに座る。豊橋・浜松・沼津で鈍行に乗り継ぎ、小田原から小田急に乗る。地元の駅で立ち食いソバを食って、家に帰ったのは21:30だった。
 
 
さようならゲタ電号の編成   ←中部天竜  伊那松島→
 
 
 
水窪のS字橋を渡れば終点中部天竜は間近だ
中部天竜
留置線へ入換
 
留置してある旧国と並んだクハ47069
中部天竜
クモユニ147-4
 

旧型国電(飯田線)TOP