機−5(5) 電気機関車
 
1985年8月15日 横川留置のEF60
  (日記なし 現代の「俺」記入)
  8月15日 晴
 8月12日に二俣川試験場で中免の交付を受け、13日に単車が納車されその足で、群馬のおばあちゃん家に初ツーリングに出た。
 15日朝、おばあちゃん家を出発し、EF63を見ようと横川へ。EF60の廃車待ちがゴロゴロしていて驚いた。
   
 
横川
EF60
 
EF60-21と71、右奥には「あさま」だろうか国鉄色特急が
 
EF60-510とEF60-514
 
EF60-502の切抜きナンバーとメーカープレート
横川機関区
EF63
軽井沢(詳細不明)
たぶん、ナロー(草軽)の客車を使った倉庫
 
 その後、旧碓氷峠を走り、軽井沢へ。軽井沢の奥の方を、あても無く走っていると、ナローの客車を使った倉庫を発見した。草軽のだろうか?旧軽銀座をぶらぶら見物して、信濃追分へ。信越本線を行く特急あさまを撮ってから野辺山へ。ツーリングのゴールデンコースなのですれ違う単車とピースサインを交換し合う。野辺山も軽井沢に劣らず混雑していた。有名撮影地でキハ57を撮影後、R141・20を走って家へ帰り、無事に初ツーリングを終えた。

※20年以上前こんなに大量に廃車になったEF60の仲間の、高崎車両センターのEF60-19が、2007年6月に全検出場し、同時にやすらぎ色から国鉄色に塗り替えられました。まだまだ活躍してくれるようで嬉しい事です。
 そんなニュースを知って、急いでこのページを作りました。
撮影地不明
特急あさま 189系
信濃追分
駅舎
小海線(場所不明)
 
野辺山
駅舎
清里〜野辺山
キハ57
関連ページ:EF60さよなら号