機−2(6) EF58(東海道)
 
1986年3月29日 ゴハチ重連ミステリー号
 
山北〜駿河小山間
9:27上り 普通115系
今日はゴハチの61と89の重連によるミステリー号が運転だ。バイクなので御殿場線で一本撮って、その後追っかけでもう一本くらい撮ろうと考えている。8時前バイクで出発。昨夜は大雨だったが晴れて良かった。R246を西へ向かう、土曜日なのですいている。トンネルを抜けると真っ白な富士山が見えた。九州石油で給油した。8:35(27.9キロ)山北〜谷峨間の鉄橋着、ここで梅の花を絡めて撮る。鉄道ファンが10人くらいいた、関西方面から来たグループだ、局報のコピーを持っていたので見せてもらう。ここは10:15過ぎに通過で、裾野と沼津で停車時間がとってあるので上手くいけば2回追っかけが出来そうだ。10:19ゴハチ重連ミステリー号通過、10:21出発R246を西へ、駿河小山で追い抜く。御殿場の手前でR246をはずれ、富士山がバックにある有名撮影ポイントへ。そこの手前の踏切でゴハチ重連ミステリー号が走り去るのが見えたので、悔しいが何喰わぬ顔で通行人を装い更に追っかける。ここで撮ると言っていたO野とO場の姿は見当たらなかった。
10:19下り ゴハチ重連ミステリー号
          EF58-61・EF58-89+12系品座
 
梅の花咲く渓谷を行くゴハチ
 
10:10上り 連絡急行あさぎり SE3000形
裾野付近
11:15下り ゴハチ重連ミステリー号
     原付近
     11:55下り ゴハチ重連ミステリー号
R246からR1のバイパスに入ってカッ飛ばす。11:53(88.4キロ)原の桃里東踏切着、バイクのサイドスタンドを出しグローブを外していると踏切が鳴りだしたのでヘルメットを草の上に放り投げ、タンクバックからカメラを出し構えた。11:55ゴハチ重連ミステリー号通過、グッドタイミングだった。御殿場線内は、のんびり走っていたゴハチだが、本線をおもいっきり走る姿は、サマになってて格好良い。計3回も撮れたので追っかけはここで終わりにして、家から持ってきたかっぱえびせんとオロナミンCを食べながら鈍行や荷物列車を撮った。12:45出発、R1の旧道を走る、右手に松原が広がりきれいだ、案外すいているので飛ばす。沼津・三島と抜け箱根へ。箱根新道と西湘バイパスを経由して家には14:59(169キロ)に着いた。
 
  12:15下り EF62-34荷物列車
 
  12:08下り 普通111系 デカライト
 
  12:33下り EF62-28単機回送