今なお活躍する国鉄型車両(キハ40)
2017年10月6日〜7日 八戸線のキハ40最後の秋

10月6日 曇一時晴

 2010年10月に八戸へ来た時は、DD16 303は庫に入ったままで撮影できなかった。それから早7年、運転パターンを読み、DD16 303運転の確信をもって出撃。夜21時に家を出て高速を北へ。途中仮眠を取りつつ700km、八戸に着いたのは朝6時半だった。
 八戸貨物駅で今日のカマを確認すべく待っていると待望のDD16 303がコキを牽いて入換て来た!2009年1月以来の再会だ。心配していた「鉄道の日」のHM取付無しも確認。長苗代駅付近から撮影をスタートした。DD16の合間に、置き換え直前のキハ40も撮影した。
八戸臨海鉄道のDD16 その1

八戸〜長苗代  八戸貨物駅付近  DD16とすれ違う
7:03 424D キハ40-551×3

長苗代駅
7:30 1427D キハ40-589×3

7:40 426D キハ40-538×3

八戸〜長苗代
10:47 434D キハ40-556×2

12:24 437D キハ40-561+キハ40-563+キハ40-524

12:51 438D キハ40-593×2

 14レ撮影後、八戸の街中のびっくりドンキーで昼メシをとり再び田んぼに戻る。午後の1往復で終了し、万が一DD16ウヤ時の保険で予約しておいた小坂のブルートレインあけぼのへ向かった。

10月7日 雨のち曇
小坂の「ブルートレインあけぼの」から
 夜から降り出した雨は止まず、テンションが上がらないまま8時前に小坂の「ブルートレインあけぼの」を出発し八戸へ向かう。9:20に八戸貨物駅に到着し、カマ確認待ちしているとすぐにDD16 303が入換て来た。今日も「鉄道の日」のHM取付無しで安心し(個人的にマークはいらないので)長苗代駅付近から撮影をスタートした。今日も合間にキハ40撮影と思ったが、雨に負けて、
八戸臨海鉄道のDD16 その2

長苗代駅
13:19 439D キハ40-592+キハ40-590

 16レ(13時台の)撮影後、車内でカンヅメ状態の子供たちのガス抜きのため、八戸市街にある八戸ポータルミュージアム内の「こどもはっち」で1時間ほど遊ばせて、長苗代駅付近の田んぼに戻る。やっとが雨が上がった中、17レが通過、つづいて八戸線の443Dも通過。八戸の撮影はこれにて終了。明日の快速「磐越東線全線開通100周年号」に備えて、一気に東北道を南下し郡山へ向かった。SA休憩を挟んで、郡山の旅館には20時半に到着した。
快速「磐越東線全線開通100周年号」(ブログ)へつづく

八戸〜長苗代
15:16 443D キハ40-593×2
快速「磐越東線全線開通100周年号」(ブログ)へつづく