国民補導聯盟

通信販売のお知らせ

当サークルで発行した同人誌の通販を行っています。頒布価格は以下の通りです(送料別、2冊以上ご希望の場合は2冊目以降を100円引きいたします)。

ご希望の方は下記メールアドレスに本と冊数の連絡をお願いします。折り返し、振込先等の各種手続きのご案内をいたします。

kokuminhodo@gmail.com

※スパム対策の為、@は全角になっていますので、半角に修正をお願いします

お品書き

新刊 補導聯盟通信 2016年冬号(600円)

既刊  補導聯盟通信 2016年夏号(600円)
伝説の桑絹村長選 村長選に202人も立候補者が出た村(500円)
 ※過去作品の再販版になります
補導聯盟通信 2015年冬号(600円)
補導聯盟通信 2013年夏号(600円)
補導聯盟通信 2012年夏号(600円)
 
下記完売しました。再販希望が多い場合、増刷します。
補導聯盟通信 2015年夏号 (完売)
補導聯盟通信 2014年冬号 (完売)
補導聯盟通信 2014年夏号 (完売)

【新刊】補導聯盟通信2016年冬号の内容

死人が立候補した選挙 1963年東京都知事選 事件が相次いだ歴史的選挙(Actin)
公明党はなぜ選挙に強いのか?
〜現役学会員へのインタビューから 見えてきたその巧みな選挙戦構造〜(不明庵拙斎)
神学部とは何か? 〜入学試験編〜 (関根元)
『志願の理由』(異界洋香奈)

メイン記事の「死人が立候補した選挙 1963年東京都知事選 事件が相次いだ歴史的選挙」は1963年の東京都知事選において、前代未聞の候補者が戸籍上死亡していた事件のほか、革新候補への派手な選挙妨害や現職候補のポスター証紙の偽造事件、さらには組織的な選挙違反が発覚した事を取り上げ、この選挙がいかに歴史的にとんでもない選挙であるか、そしてこの選挙で稀代の悪質な泡沫候補「肥後亨」がどのように動いたのかということを取り上げています。

また、「公明党はなぜ選挙に強いのか? 〜現役学会員へのインタビューから 見えてきたその巧みな選挙戦構造〜」は現役の創価学会員にインタビューし、公明党の選挙戦について分析した記事です。

この他、大学の神学部の内部事情に関する記事や自衛隊関係の読み物を掲載しています。

▼表紙とサンプル

表紙 sample1 sample2 sample3


リンク

Experiments of Actin (Actin氏)

西雑司が谷遠足同好会日誌 (異界洋香奈氏)

当ページについて

このページはリンクフリーです
連絡先 kokuminhodo@gmail.com
(スパム対策につき@を小文字に変えてください)