山下公園心理療法室

神奈川県横浜市中区山下町82-3 ベルハウス元町(旧シタラビル)402
TEL:045-212-3212
FAX:045-212-3212
稲垣えみ子さんという人。元朝日新聞社記者の彼女、四国の支社時代に旅路
を終えたお遍路さんとすれ違い、なぜか涙があふれ出る。物に執着するので
はなく、捨てていく旅路。きっと打たれるものがあったのでしょう。その後
3・11を契機に電気を使わない生活に入り、さらに退職。電気代は月に百
〜二百円だとか。さすがにこの生き方はムリでも、こういう人生に良さを感
じる人がもっと増えてほしいなと思います。皆さん、物や体裁に惹かれ過ぎ
私ナオも学校卒業時には体裁のようなものは捨てています。物や体裁は死ん
であの世にもっていけません。そうなら、増やしても意味がないでしょう。

09年秋、米国で開かれたワイス博士主宰プロトレーニングコースに参加して
きました(参加者中、日本人は、米国在住の方が2人いらっしゃいましたが
日本から参加したのは私だけ!でした)、催眠に関してはたぶんもうベテラ
ンといっていい私ですが、技術的に新しく学べ
ことが多少なりともあり、
今後のセラピーに活かしていけそうです。今後ともよろしくお願い致します
          
神奈川県横浜の市民の憩いの場山下公園そばに当療法室を構えて以来、多くのクライエントさんに出会ってきました。
誰もが良くなる、とは言い切れないけれど、催眠や認知療法を通して改善したクライエントさんたちも少なからず。でも、ひょっとすると「何とか療法」で良くなったというより、もっと他の何かだったのかもしれません。たぶん、セラピストの役割はストーブ。太陽っていうと大げさなのでストーブ。心が暖まると、混乱や詰まりがスーっと取れて、流れがスムーズになって、そして何かが変わり始める(自己治癒)、のではないかなぁと思っています。

※当室では医療行為は一切行っていません。投薬等医療を必要とする精神疾患の方は、必ず医師の診断・指示を受けるようにお願いいたします。

This is HOME PAGE