心の相談室  今、伝えたいこと          トップ    


その@
 
 世の中、いろいろな悩み事、苦しい事が偏在して、生きていこうとする気力さえも奪っていく。
 しかし 目の前に起こることは、あなたを育て、覚りへと向かう人生のスパイスである。

 口に入れるスパイスは、すごく辛い。口に入れるか否かは、自由である。

 しかし残念ながら、人生のスパイスは、受け入れる他、他に方法はない。
 それを避けられたら、どんなに良いことであろう。
 それを受け入れ、自分で消化することで、辛くてつらいスパイスが、人生を歩む調味料となる。

 ではナゼあなたにその人生のスパイスが与えられるのだろうか?
 それは、あなたがそれを受け入れ乗り越えられる浄化力を備えているから、

 刺激が強い人生のスパイスが用意される。
 刺激が強い分、あなたは選ばれた人である。
 しかし一人ではなかなかそれを浄化へ動いていくには立ちあたる力がいる。
 なかなか出来ないモノである。

 
 立ち上がろうとする、あなたの事、私に話してください、聞かせてください。待っています。

 悟ったシッタルタは、こう農夫からこう尋ねられました。


 「私は、田畑を耕し食物を作る?悟ったというあなたは何が出来る?」
 「ハイ、私は人の話を聞くことが出来る。そしてモノを考えることが出来る。」

 この話をしる私は、あなたの立ち上がろうとする話を聞くことが出来、共にあなたの事について考えることが出来ます。                               
                                                  2008/03/27



そのA

最近気になっていることがあります。
それは何か判断するとき、または考えるときに2つの道しか選択していないのではいうことです。
どういうことかというと、つまり自分にとって・・・

 損するか、得するか
 勝つか、負けるか
 優れているか、劣っているか
 敵なのか、味方なのか
 
 さらには生きるか、死ぬか・・・。

このようにものごとを考えてしまってはいませんか?
そういう私も知らず知らずにこういう考えになっていることがあります。

このように何か考えるときにこの両極端の考えをごく自然に、また知らず知らずにしてしまっていることがあります。
またこれを他の人にも求めてしまっているのです。

皆さん心当たりありませんか?

しかし物事ってこんなに両極端ですか?

 負けることって終わりですか?
 失敗することは不幸ですか?
 勉強の苦手な子の将来は暗いですか?

決してそうではありませんよね。

失敗したからわかること、負けたから気づくことっていっぱいありますよ。             (2008/5/8)



そのB

悩みって何だろう?

悩みの原因は何かというと「不満」であり、「怒り」であると思う。

この怒りの「エネルギー」ってすごく強くて、粘り強い。しかもずーーっと続く。

ただこの粘り強い怒りのエネルギーは一回で爆発することはない。

いろんな不満や怒りがいくつも、いくつも長い時間の中で積み重なって、積み重なって、ある時、何かのきっかけで怒りのエネルギーは爆発する。
 
じゃあこの怒りのエネルギーはどこにいくの?

ある人は暴力に
ある人は引きこもってしまう
ある人は暴走族に
ある人は宗教に進む
また今流行っているスピリチュアルにいく人もいる。

だから一つの悩みを解決しようとすると幾重にも重なった怒り、不満を少しずつ解いていってあげなくちゃいけない。

もし何か悩みがあってどうしたらいいかわからなくなったときは私はこう言います。

「今、何に不満で、怒っているのかを一つ一つ紙に書いていってみてください。それが解決の近道になっていきます。」

それでも息詰まってしまったときは相談室に電話してきてください。
                                                         (2008/7/11)


そのC

占いは占い

占いで言われたことがあなたの未来ではありません。

オーラはオーラ

オーラで見えたと言われたことがすべてではありません。


言われたことをそのまま受け入れてしまって、それがあなた自身だと思っていませんか?

大切なのは占いで出た答えをあなた自身がどう活かしていくかということです。

辛いことは起こってしまいます
自分の思い通りにならないことばっかりです

しかしそのことを、その答えを他人に求めて「運命」や「宿命」という言葉に逃げてしまうのは間違いです。
「運命」や「宿命」で自分を納得させてしまうのはいけません。

大切なことは
失敗をしたらどこで失敗してしまっていたのか・・・。
悲しいのは失ったものの大切さを知ることが出来たから・・・。

他人のせいにしてしまうと見えなくなってしまうものがあります。
                                                           (2009/1/7)




そのD

お金って

お金は好きですか?
私は好きです!!


だってお金って生活を便利にするための大切な道具だと思います。

皆さんは欲しくないですか?


私たちはお金に対してあまりにも無知です。
むしろお金に対して悪いイメージを持っています。
「お金を欲しがっちゃいけない。」
「お金は人を不幸にする。」


確かにお金は人を不幸にすることもあります。
しかし幸せにもしてくれます。


アメリカの家庭ではお金の教育をすると聞いています。
お金を使って幸せになる方法を知っているということ。

それはお金に感謝すること。
正しい使い方をすること。


マイナスのイメージは子どもにも伝わります。
ただただお金が欲しい、欲しいと思っているとお金に不自由になり、お金で不幸になります。


家庭内問題でお金のトラブルは必ず出てきます。
身内でのお金の貸し借りで永遠に仲違いなんてよくある話・・・。

お金についてご家庭で話してみてはいかがですか?
クレジットカードの使い方とか消費者金融についてとか。           (2009/3/7)




そのE


私たちはいろんな情報に囲まれています。

情報だけではありません。
いろんな声にも囲まれています。

それはもちろん心配してくれている人もいます。
からかって言う人もいます。
気に入らなくて言ってくる人もいます。


そんなときあなたはどうなりますか?

カッーと頭にきてしまう。
ショックのあまり悲しくなってしまう。
黙り込んでしまう。

気にしない・・・
気にしない・・・
・・・
・・・

わかってるけど出来ない・・・。

そんなこと言われると人と自分を比べて、欠点ばかり目についてしまってつくづく自分が嫌になることってありませんか?


そんなときは一度心の中にその言葉を置いてみてください。

冷静になって今の自分を見て、また人から言われたことをじっくり見てみてください。

なるほど!と思えることもある。
なんてことはないと思えることもある。
私にヤキモチ焼いてんだと思えることもある。

それが終わったらいらないものは捨てちゃいましょう!
笑って捨てましょう

あなたにしか出来ないことがあります。
あなたには向いてないこともあります。    (2009/8/25)



そのF

2012年という映画があります。

また2012年に人類が滅亡の危機にあるという方がおります。

こうした話は2000年にもありました。

そのときも「アルマゲドン」や「インディペンデンスデイ」という映画がありました。

あの時に問題のある宗教団体はこぞって世紀末を不安で煽って会員を増やしていきました。

さてさてあれから10年が経ちました。

2012年に人類が滅亡する???

きっと問題のある宗教団体は皆さんの不安を煽ってきます。

人類は滅亡する・・・。
助かる術はこの会に入会すること。ですって・・・。

皆さん、不安を煽ってくる教団には十分お気をつけ下さい。(2010/1/6)


そのG

仏様の教えに「足るを知る」という言葉があります。

それは過剰に欲張らずに足りていることを知りなさいということです。

最近、パワースポットやヒーリングという言葉がテレビや雑誌を賑わせております。

その中で「運気があがる」ということがどうやら鍵であるようですね。


さてさて・・・何の根拠で運気があがるのでしょう?
四柱推命・・・
五行・・・
陰陽道・・・

人それぞれに言うことはまちまちだし、そもそも「運気をあげて」どうしたいのでしょう?

その中で「運気」を自分の欲望を満足させるための道具にしてしまっているような気がします。


自分の欲を満足させるために運気・神・仏の力を利用する・・・。


おかしいですよね。今こそ足を知ることが大事なんですね。(2010/3/3)



そのH

とある禅僧の話。禅僧のところに出家者がきた。

出家者「私はすべてを捨てて出家した。もう捨てるべきものは何もない。これ以上何を捨てましょう?」

禅僧「ではそれを捨てなさい。」

出家者「だから捨てるものが無いのですよ。これ以上何を捨てましょう。」

禅僧「捨てられないのなら一生背負っていきなさい。」

そこで出家者はハッと気づきます。


わかりましたか?出家者は何も持ってないことを立派だと思っている。努力をして立派な境地になったと自惚れていて、禅僧に褒められたいと思っている。そのすべてを捨てたという「こだわり」を捨てなさいというのである。


背負っていけというのは自分が自惚れやすい性格だと自分自身で認め、心得ておきなさいという禅僧の答えです。

理想を求めることはすばらしいことです。しかしその「こだわり」によって見えなくなってしまうことがあることをにも気づかなければなりません。(2010/5/1)


そのI

人の脳はその特徴として常に思考しているものです。
どんなわずかな時間でもその一瞬一瞬に何か物事を考えています。
しかもものすごいスピードで。

寝る前にそっと目を閉じて感じてみてください。脳はいろんなことを考えています。あれやこれや・・・休む間もないくらいに。

また悩みのある人の脳はものすごい早さで不安なことを考えます。
なぜかというと脳は刺激のあることが大好きだからです。
つまり楽しいことより不幸なことのほうが刺激が強いのです。脳にとっては不幸なことを考えている方が生き生きしています。

だから悩みがあると悪い方へ悪い方へと考えが巡っていくことになります。

ぜひ心と脳の動きを感じてみてください。  (2010/7/31)