作り方の一例

 

     ホーム

 

 

 

 

 

4歳ぐらいのお子さんから

ご年配の方

からだにハンデのある方まで

 

だれが、どんなふうに、いつ作っても

美しく咲きます

 

ルールがないのがルールです

 

これが正しい

これが美しい

などにとらわれず

自由に

楽しく

手のおもむくままに

 

-----------------------

 

1.束になっている紙をばらす

(ギャザーを壊さないように)

 

  

 

 

-----------------------

 

2.先端をこよって花びらを作る

(白い方をこよってもきれい)

 

 

 

-----------------------

 

3.紙コップを逆さに持つ

1枚目、紙コップの中間に糊をつける(紙につけても)

1枚目と同じ高さに合計3枚の花びらをつけたいので

均一にバランスよく、紙コップが見えないようつぼみのように寄り添わせる

 

 

 

-----------------------

 

 

<花弁風にするアレンジ>

黄色い蓮紙を3と同じ位置に3枚貼り

キャンディーのようにぎゅっと回しリボンにする

 

 

 

この場合は2段目を貼った後に手で花びらを少し広げ

中につくったリボンを見せてあげる蓮っぽくなる

 

 

-----------------------

 

 

4.1段目に3枚貼ったら 2段目に進む

 

2段目は1〜2センチ下に糊をつけ

6枚が360度均等に付くように貼り進める

(1段目を3枚にしたなら、2段目は6枚がわかりやすい)

 

同じように

3段目、4段目、5段目と貼り進める

何段目で終わるかはバランスを見ながら決める

 

 

 

-----------------------

 

仕上げ

5.花びらを天地逆転させてつけると葉のようになる

目安として6〜8枚貼ると安定する

葉の色にこだわらず、何色を使ってもよい

花と同じ色で仕上げても華やか

最後の段はホチキスで止めると便利です

 

 

咲いたハスは、どこか作り手のあなたに

似ているかも知れません

 

アレンジ

・ランプを入れる(100円ショップに色々なものがあります)

・紙コップに紐を備えつけ吊るす(風鈴やサンキャッチャーをつけても)

 

色別の作品例を<ギャラリー>ページにてご覧いただけます

 

 


Copyrightc 2008-2016 Koppuri