小出裕章さん 飯能講演会 2012.3.24
3.11 原発事故後の日本で、私たちはどう生きていくのか。

Check

 

小出裕章さん飯能講演会は無事に終了いたしました。

 当日は、1000人近くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

 また、賛同人、賛同団体になってくださった多くの方々、チケットをお預かりしてくださった店舗の皆様、

お手伝い頂いたボランティアの皆様ありがとうございました。

 そして遠く飯能までおいでいただき胸に迫る講演をしてくださった、小出裕章さん、本当にありがとうございました。

 

講演会の模様がインターネットで配信されています。又、4月28日、29日には、飯能テレビによる特別番組も放映されました。

 

●講演会の模様のDVDについて

大変長らくお待たせいたしておりました、講演会の模様のDVDが完成いたしました。1枚300円です。

 

手渡しご希望の方(飯能、日高周辺に限ります)は、お電話でお申込み下さい。

お申込み先 042-977-1890(早瀬)

 

送付ご希望の方は、メール便で送付いたします。(送料80円ご負担下さい。)

・お名前

・送付先住所

・電話番号 

を沿えて、324koide@gmail.comまでお申込みください。折り返し、ご入金先をメールいたします。

※ご入金確認後の発送となります。

 

 

●2012年3月24日(土) 小出裕章さん飯能講演会の模様
IWJ(Independent Web Journal)による録画です。(ありがとうございました!)

http://www.ustream.tv/recorded/21318928

http://www.ustream.tv/recorded/21321147


 ●飯能テレビによる、特別番組(終了)
3・11原発事故後の日本で私たちはどう生きていくのか「小出裕章さん 飯能講演会」(仮
日時:4月28日(土)/29日(日)11時〜12時30分/17時〜18時30分

 

 

★当日、市民会館にご来場いただきました一部の方々に、富士大石寺顕彰会の新聞が配布されたとの事ですが、小出裕章さん及び、飯能講演会実行委員はどの宗教団体とも、一切関係はございません。

★当日会場内に、お忘れ物がございました。

・黒いマフラー ・ライター ・めがね

実行委員会でお預かりしております。お心当たりのある方は、 324koide@gmail.comまでご連絡おまちいたしております。

 

 

 

2011・3・11原発事故からまもなく一年が経とうとしています。

未だに放射性物質が拡散し続け、各地での汚染が問題となり、 特に子どもへの影響が心配されます。

いったい、福島第一原発で何がおこったのでしょうか? 

今どんな状況で、今後どうなっていくのでしょうか?

  そもそも、原発とはどのようなもので、放射能汚染はどこまで拡がり、

原発を止めたら電気はどうなっていくのでしょうか・・・。

次々にわきあがる疑問や不安・・・。

私達は本当のことがしりたいのです。

そして今こそ、その事実を知るところから始め、これから先どのように暮らし、

どんな社会を作り上げ、次の世代に手渡していけばよいのか、

真剣に向き合い、考えていきませんか。

 

●日時  2012年3月24日(土)  開場 12:00 講演 13:00〜16:00

●料金 一般 500円(前売り) 700円(当日) ・高校生以下 300円 ※ 保育有り(要予約) 
チケットは完売いたしました。

キャンセル待ちも多くの方にお申込みいただきましたので、締め切りました。ご了承ください。

●場所 飯能市市民会館 大ホール  
            住所:埼玉県飯能市飯能226-2

    

会場までのアクセス

会場:飯能市市民会館 住所:埼玉県飯能市飯能226-2

電車をご利用の場合

西武池袋線:「飯能駅」下車 徒歩20分

バスをご利用の場合 国際興業バス「天覧山下」下車 徒歩3分

飯能駅より:飯能駅北口 学 01・飯11/飯01〜07 

東飯能駅より:東飯能駅 西口 飯01〜07 

車をご利用の場合

圏央道より:「狭山日高インター」より 約20分

 

講師/小出裕章さん

小出裕章(こいでひろあき)。1949年東京生まれ、京都大学原子炉実験所助教。

1968年 東北大学工学部原子核工学科入学、同大学院工学研究か収支課程終了(原子核工学)。

専門は放射線計測、原子力安全。
原子力の平和利用に夢を抱いて大学に入学。しかし原子力を学ぶ事でその危険性、「原発は差別の象徴だ」ということに気づき伊方原発裁判、人形峠のウラン残土問題、JCO臨界事故などで放射線被害を受ける住民の側にたって活動。原子力についての危険性を40年間訴え続けている。福島事故後の国会でも参考人として発言し、大きな反響を呼ぶ。
著書にベストセラーになった『原発のウソ』(扶桑社新書)、『原発はいらない』(幻冬舎)

他に『隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ』(創史社)
『放射能汚染の現実を超えて』(河出書房新社)など多数。

子どもたちだけは守ってほしい  
原発・放射能 子どもが危ない (文春新書)  

小出 裕章・黒部 信一 P34より

 「私は、自分の身が危ないから原子力に反対しているわけではありません。また、放射能で環境が破壊されるといっても、電気をたくさん使って贅沢したおかげで自分が生きる環境を失うというなら、不愉快なことですが我慢できます。むしろ我慢すべきです。
 しかし、何の責任もないのににもかかわらず、死ぬのは子どもたちであり、それは私にとっては許しがたいことです。
 子どもたちだけは守らなくてはならないのです。」

 

チケットの取り扱いでご協力いただいたお店です。ありがとうございました。敬称は略させていただきました。

飯能市  ASA飯能中央・プレイガイド    Caf'e Misugi  HP  きまま工房・木楽里  HP   銀河堂
サイクルハウスMIKAMI
  HP  志久屋  HP 飯能古物商会  宮脇書店 夢月   めいわどう  もくしゃ  

有機の里 飯能店 HP  ロビングッドフェロー  HP 

日高市  加藤牧場  HP  金子パラ園  ガレリア デ カフェリモン  珈琲ジュリアン  HP
障害福祉サービス事業所 かわせみ  そば茶房遊蕎  HP 

入間市  イルパライソ  HP  コーヒーの桃円  HP 子そだて応援団さんぽみち HP TREE 

ベーカリーパンフルート 

狭山市  木遊人(きゅうすと) 

所沢市  自治労連所沢市職員労働組合事務所  フォレストフェリー小林洋菓子店  HP

マウンテンカフェ  HP 

青梅市  夏への扉  HP 

秩父市 ラパンノワールくろうさぎ  HP

奥多摩  丹三郎 

東松山市  まちカフェ  HP  比企文化社 

 

【主催者】 小出裕章さん講演会実行委員会 

【後援】 飯能市/飯能市教育委員会/日高市/日高市教育委員会/

     入間市/入間市教育委員会/株式会社文化新聞社/飯能日高テレビ