サムイ島の観光ガイド


 サムイ島の観光ポイントと現地ツアーを知ろう
サムイ島の観光ガイド

サムイ島の観光とツアー


●サムイ島の過ごしかた
サムイ島は常夏のビーチリゾート。
サムイ島には「観光」という言葉は似合いません。
サムイ島を訪れる旅行者は、ビーチリゾートの木陰や砂浜でゆったりして、
日常の疲れを癒し、心身ともにリフレッシュすることを滞在目的にしている
場合が多いので、朝夕の散歩は別としても、日中の暑い日差しの中で歩き
回るタイプの「観光」は適していないと、私は思います。

ビーチリゾートを満喫するためには、滞在中の計画をあまり立てないこと。
「今日の予定は?」と聴かれたら、「イタリアンを食べる」と答える程度、
1日1つの予定を立てれば、丁度よいと思います。
滞在中は心身に忙しさを感じさせないこと、怠惰な王様生活を送ること。
サムイ島では、何もしない贅沢を味わってください。
それが、滞在型リゾートホテルで実感できる、最高の贅沢なのですから。

それでも、初めてサムイ島に来られた場合、「サムイ島には何があるのか」
興味津々な方も多いと思いますので、リゾートホテルの食っちゃ寝の極楽
生活に飽きたら、サムイ島の島内の観光ポイントを巡るのもよいでしょう。


サムイ島は、ドライブすると海景色が気持ちいい、とても美しい島です。

●サムイ島の観光

サムイ島にはいくつかの有名な観光ポイントがありますが、それらに共通
しているのは、「自然と美しい海景色」です。
サムイ島の観光の見どころは、美しい海景色。
サムイ島観光では、海景色を満喫しましょう。
サムイ島の観光ポイントを巡る所要時間は、昼食時間を含め5〜6時間。

レンタカーを借りて、ゆったりとドライブを楽しんでもよいでしょう。
レンタカー料金 1日800〜2000バーツ程度(車種による)
※街中の旅行代理店やホテルのツアーデスクで借りられます。
※サムイ島の地図(フリーマップ)は空港やホテルで入手してください。
※サムイ空港からなら、Hertz Car Rental https://www.hertz.com/

運転が嫌いな方は、運転手付ミニバスをチャーターしてもよいでしょう。
チャーター料金 600〜700バーツ/時間が目安。
※街中のタクシー手配が可能な旅行代理店で申し込めます。
※ホテルのゲストリレーションで相談してもよいでしょう。
 (行きたい場所とチャーター時間を言って、料金を確認のこと)

4人以上なら、現地旅行代理店の日本語ガイド付サムイ島観光ツアー
もおすすめできますね。(少人数だと割高です)
SOMAオリジナルツアー島内観光 車1台7000バーツ(6名様まで)
 http://soma-samui.com/jp/?p=5410

●サムイ島 おすすめの観光ポイント

サムイ島の観光地図
上のサムイ島の観光地図を見てください。
地図の@〜Hが、サムイ島のおすすめの観光ポイントです。
サムイ島観光の所要時間は、食事込みで5〜6時間。
遅い朝食をとって、のんびり休んでから、午後1時ごろ出発すれば、
Hのサンセットビーチで、美しい夕日が見られることでしょう。
夕刻までにホテルに戻りたい場合は、Hを割愛してもよいでしょうね。

Iのタイガーズーは、アトラクションパーク。
http://www.samuiaquariumandtigerzoo.com/
サムイ島のホテルから往復送迎付のツアーがあります。
http://www.samuiaquariumandtigerzoo.com/price-package.html
※街中の旅行代理店やホテルのツアーデスクで申し込めます。
また、サムイ島は世界から蝶の研究家が蝶の観察採集に訪れる島。
珍種・固有種、珍しい蝶が多い島で、バタフライガーデンがあります。
(Centara Villas Samui の施設になります)

@ビッグブッダ 高台からの海景色が素晴らしい
サムイ島観光・ビッグブッダ1 サムイ島観光・ビッグブッダ2
サムイ島の空港のすぐ北の海岸の出島にある、サムイ島のシンボルともいえる金ぴかの高さ12mもある大きなブッダ像。この穏やかな笑みを浮かべた顔のブッダ像は一見の価値あり。
参拝時には服装に注意したい。寺院内なので水着やノースリーブは厳禁。
また、参拝時に上る階段下で靴やサンダルを脱ぎ、裸足にならなければならない。階段を上るとブッダ像の周りを囲むようにして鐘が吊るされている。
鐘を撞きながらブッダ像の周りを歩くとゴリヤクがあるそうだ。
鐘を撞きながら眺められる海景色が素晴らしい。
また、この境内の外にはおみやげ屋さんが軒を連ね、品物が充実している。価格もサムイ島の繁華街などよりは安いので、服や小物などのおみやげ品をここで買う旅行者が多い。

Aワット・バンラ (Wat Plai Laem) タイの寺院を見たい方に限定
サムイ島観光・Wat Plai Laem2 サムイ島観光・Wat Plai Laem1
ビッグブッダからチョンモンビーチに向かって300m程度行くと左手に見える
寺院。湖上に浮かぶように見える寺院の本堂が美しい。
元々、サムイ島の人々に人気がある寺院で、新年・中国正月・ソングラーン
(タイ正月)やブッダ・デーには多くの人々がタンブンに訪れる。
祝日ごとに行われるお祭りと屋台も盛況だ。
寺巡りをしてタンブンすることに喜びを感じるタイ人は別として、バンコクなどでタイのお寺を観光したことがある方は、割愛してよい観光ポイントでしょう。

B〜Eは、サムイ島東海岸の峠の観光ポイント
サムイ島の東海岸で海景色がもっとも美しい、サムイ島の観光地です。
当サイトの「サムイ島の写真館」の中で、サムイ島の観光の情報として、
チャウエンノイビーチ→ RAD KOH →コーラル・ベイ、
ビバリーヒルズ(VIKASA)→タルーア・シーフード→エレファントロック、
ザ・クリフの岩山→クリスタルビーチ
の順にサムイ島峠の観光地を紹介。
サムイ島観光、サムイ島の東海岸の峠の観光で、海景色を満喫しましょう!

Bビューポイント(RAD-KOH) サムイ島で一番有名なビューポイント
サムイ島観光・radkoh1 サムイ島観光・radkoh2
サムイ島で一番有名な高台から海が眺められるビューポイント。
美しい遊歩道が、眼下の海まで続いているサムイ島の海浜公園。
ここから眺められる海の色が素晴らしい。磯釣りのポイントとしても有名。

Cビバリーヒルズ(VIKASA) お茶休憩ができるビューポイント
サムイ島観光・beverly1 サムイ島観光・beverly2
お茶休憩ができるレストラン付のビューポイント。
ビバリーヒルズ・レストランからの海景色はサムイ島一と言う人もいます。
2014年、「ビバリーヒルズ」から「VIKASA」に、観光地の名称変更です。

Dタルーア・サムイ・シーフード サムイ島一のシーフードレストラン
サムイ島観光・seafood1 サムイ島観光・seafood2
サムイ島の海景色を眺めた後には、サムイ島一のシーフードレストランで、
生簀料理を舌鼓。午後出発の場合は、遅い昼食になりますね。
おすすめの地魚はハタ(grouper)、シャコ(mantis prawn)も美味ですよ。

Eクリスタルビーチ サムイ島でいちばん透明な海
サムイ島観光・crystalbay1 サムイ島観光・crystalbay2
サムイ島の中でも、ため息が出るほど透明で、美しい海です。
浅瀬でプカプカ浮いて熱帯魚と戯れて遊べる、子どもが喜ぶビーチ。
此処では、海を眺めるだけではなく、海に足を浸けてみてくださいね。

Fヒンダ・ヒンヤイ 岬のように突き出た所にある岩場
サムイ島観光・hinda1 サムイ島観光・hinda2
ビッグブッダとならんで古くから知られているサムイ島の観光名所。
此処を訪れると子宝に恵まれるというので、タイ人観光客も多い。
ヒンダ(おじいさん岩)は男性の性器の形、もちろんヒンヤイ(おばあさん岩)は女性の性器の形をしている。
この岩には逸話があり、旅行者向け案内板にそのストーリーが書かれているので、探してみよう。
すぐ脇の入り江は、サムイ島で有名なシュノーケル・ポイント。
6月から10月までの海のベスト・シーズンに訪れるのであれば、この入り江のビーチで1日くつろぐのもオススメだ。
ヒンダ・ヒンヤイの入口は、みやげ屋が軒を連ねていて、江の島のよう。

Gナンムアンの滝 サムイ島で一番多くの旅行者が訪れる滝
サムイ島観光・waterfall1 サムイ島観光・waterfall2
サムイ島で一番多くの旅行者が訪れる滝。
エレファント・トレッキングなどのアトラクションが集まった地域にある。
滝の上を見上げるとヤシノキが茂っている、原生林の景観が面白い。
滝壺がプールのようになっていて、泳いでいる人をよく見かける。
ナンムアンの滝の駐車場の脇では、象に餌をやって楽しめる。
タイの雨季入り頃に、火焔樹が見事に咲くサムイ島の観光地ですね。
滝は日本の観光地にもたくさんありますが、南の島の滝もいいですよ。

Hサンセットビーチ(タリン・ンガム) 絵に描いたような夕日
サムイ島観光・sunset1 サムイ島観光・sunset2
サンセットビーチは、絵に描いたような美しい夕日が見られる場所。
ビーチ自体も白砂が美しく、浮いていて魚が見えるほど、透明度が高い。
此処はホテルのプライベートビーチなので、ホテルのビーチレストランで、
海際の席でカクテルでも飲みながら、夕日を眺めるとよいでしょう。
サムイ島観光の終わりのよい演出になりますが、夕日が沈んだ後の帰路が、
夜になってしまうことが難点。
ザ・サンセットビーチ・リゾートに泊まれば、この夕日が毎日眺められる、
此処のホテルに滞在することも、おすすめですね。

@〜H=サムイ島のおすすめの観光ポイントを巡る午後の観光プランは、
以上のような感じになります。

朝出発のサムイ島観光プランは、以下のブログ記事を参考にしてください。


●サムイ島のツアー(サムイ島のオプショナルツアー)

(1)サムイ島のエレファント・トレッキングツアー
エレファント・トレッキングはサムイ島1番人気のアトラクションツアー。
山の中腹にあるトレッキング場で、山道を川に沿って、象に乗って歩く。
エレファント・トレッキングツアーで、サムイ島の自然散策が楽しめます。
1番人気があるトレッキングコースは、Namuang Waterfall 2 です。
サムイ島観光・trekking2 サムイ島観光・trekking1
ナンムアン・サファリ・パークのエレファント・トレッキングコースは、
ナンムアンの滝の上流を、川に沿って上るコース(30分)が好評。
NAMUANG SAFARI PARK http://namuangsafarisamui.com/
ナンムアン・サファリ・パークのエレファント・トレッキングツアーは、
30分コース 700バーツ/人、
ホテルからの往復送迎付(2016年9月現在)
(Package Tour → Relax Packages のツアーから選べます)
※街中の旅行代理店やホテルのツアーデスクで申し込めます。
※Namuang Waterfall 2、ナンムアン・サファリ・パークと指定。
 (象に乗りたいと思ったら、午前か午後か指定、当日予約可)
※象に乗るときは、ヒールのある靴は禁止です。

(2)サムイ島発 ナンユアン島シュノーケリングツアー
大型高速船で行く「ナンユアン島シュノーケリングツアー」は、
ロンプラヤ社(Lomprayah)主催のツアーをおすすめします。
Lomprayah http://www.lomprayah.com/tour/3
ツアースケジュールは、上記のサイトに詳細があります。
(Trip Itinerary)
サムイ島観光・lomprayah1 サムイ島観光・lomprayah2
ロンプラヤ社は揺れが少ないハイスピード・カタマランを運行。
ナンユアン島のビーチ滞在、ナンユアン島のレストランでランチ、
質が高いシュノーケリングツアーを主催しています。

ツアーの基本は、
午前と午後でシュノーケリングのポイントを変えるので、
ナンユアン島のビーチとタオ島北部のビーチの2か所で
シュノーケリングができるツアーですが、
(サムイ島からナンユアン島までは時間が掛かるために)
それぞれのポイントの滞在時間が短すぎます。

珊瑚礁が美しい海は、ナンユアン島のビーチが格段上、
ナンユアン島滞在だけにすることを、おすすめします。
当日、サムイ島のロンプラヤ社の港の受付窓口で、
「Nangyuan Only」と言えば、すぐにわかってもらえます。
サムイ島ツアー体験記 ↓ 

ロンプラヤ社のタオ島・ナンユアン島シュノーケリングツアー、
人気が高いツアーなので、いろいろな代理店で申し込めます。
ツアー代金が安いのはサムイ島の街中の旅行代理店で、
通常シーズンで、2300〜2500バーツ(ホテル送迎費込)
(2016年9月現在)
ホテルのツアーデスクなどでもこのツアーが申し込めますが、
手数料の加算はホテルごとに違い、街中の旅行代理店よりも
通常は若干割高です。

現地の日本人経営の旅行代理店やダイビングショップなどでは、
日本語でツアーが申し込めて便利です。
街中の旅行代理店よりツアー代金が高くても、
プライベート送迎があったり、ナンユアン島までスタッフが同行したりと、
付加価値があります。
詳細は、それぞれのお店へお尋ねください。

日本語でこのツアーが予約できる、サムイ島現地にあるお店
Tour Guide SOMA
http://soma-samui.com/jp/?p=5449

ロンプラヤ社のナンユアン島シュノーケリングツアーはインクルーシブの
ツアー、ナンユアン島入島料やレストランの昼食などが含まれています。
島で必要なのはパラソル+寝椅子のレンタル料金と飲物代くらい。
ツアー代金以外には、1人1000バーツ程度持っていれば十分です。
大金を持参し、ビーチに放置することは止めましょう。

以前、このツアーを日本予約で売っている日本の旅行代理店のサイトを
見て、ツアー代金が高額で、驚きました。サムイ島現地予約の倍額です。
この旅行ガイドを見ている皆さんは、現地にあるお店で予約しましょうね。

(3)サムイ島発 タン島シュノーケリングツアー
ナンユアン島は遠いなと思う方、長時間の船が苦手な方に・・
サムイ島の南海岸の沖合いに、タン島と呼ばれるコーラル島があります。
サムイ島の南海岸の海辺からロングテールボートで15分で着く島です。
コーラル島は珊瑚礁に囲まれた島で、魚影が濃い、熱帯魚の宝庫です。
海が穏やかな、サムイ島の海のベストシーズン(6月〜10月中旬)ならば、
海の透明度が良好で、快適に、シュノーケリングが楽しめるでしょう。
サムイ島観光・タン島1 サムイ島観光・タン島2
タン島シュノーケリングツアーはサムイ島から時間が掛からないツアー。
ツアー料金が手ごろなので、サムイ島に居る私たちも時どき利用します。
ナンユアン島のツアーに比べてプライベート感が高くて、落ち着けます。
海のベストシーズンにおすすめのサムイ島のオプショナルツアーです。

タン島シュノーケリングツアーは、朝8時〜9時に、ホテルを出発します。
タン島でボートから楽々、シュノーケリング2回、たっぷり楽しめます。
間の休憩時間には、リゾート島(マドサム島)のビーチでのんびりします。
シュノーケリング後にレストランで昼食をとり、ホテル送迎となります。
TK TOUR のタン島シュノーケリングツアーはインクルーシブのツアー。
ツアー代金1300バーツ(2016年9月現在)
ホテルのツアーデスク、街中の旅行代理店で、前日に申し込めます。
往復送迎、船上の飲物、軽食、レストランでの昼食が含まれています。
別料金になるのはビールなどのアルコール飲料だけなので、小銭以外
携帯する必要はありません。
TK TOUR http://www.tktoursamui.com/snorkelling-trip.php





サムイ島移住情報・タイ、サムイ島旅行ガイド index サイトマップ

旅行ガイド・トップページ
移住情報・トップページ
管理人のプロフィール
サムイ島の季節
サムイ島の生活
サムイ島の写真館
サムイ島へのアクセス
サムイ島の移住事情
サムイ島情報館
通貨と両替について
サムイ島の住宅情報
Weekly Samui (ブログ)
サムイ島の交通手段
サムイ島ランドニュース
タイ、サムイ島の写真
サムイ島のホテル事情
サムイ島「私の貸別荘」
サムイ島現地情報リンク集
サムイ島ホテルの選びかた
タイ情報リンク集
サムイ島のホリデーハウス
サムイ島の観光ガイド
相互リンク集
タイ、ブログ 全集

人気順 サムイ島のビーチ

チャウエンビーチ  ラマイビーチ

チョンモンビーチとサンセットビーチ  ボプットビーチ

サムイ島の散歩地図