ユーザー車検 近畿陸運局 大阪陸運支局和泉自動車検査登録事務所

金額

用紙一式 65 円     (継続検査申請書  自動車重量税納付書  自動車検査票  定期点検整備記録簿)
自動車検査登録代金 1,400 円
重量税 5,000 円
自賠責保険料 19,620 円
合計 26,085 円


受検期間

車検期限が切れる一ヶ月前から

受検方法

・自動ガイダンスによる電話で前日までに予約   原則 日本全国どこの陸運局でも受検できます

 大阪 050-5540-2158     なにわ 050-5540-2159     和泉 050-5540-2160

・インターネットによる予約
http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/


他 必要書類等

・軽自動車税納税証明書
 過去一番最近のもの 毎年5月に市役所等管轄の市町村役場から送られてくるものの継続検査用と書かれた領収書の部分
 無ければ市役所で無料で証明書発行してくれます

・自動車検査証 (通称 車検証)

・今現在入っている自賠責保険証

・印鑑

・筆記用具 (鉛筆 消しゴム ボールペン)


定期点検整備記録簿

・購入書類一式の中に定期点検整備記録簿というものがあります
 項目に沿って点検し必要があれば交換整備修理します
 ブレーキ等該当しない項目もありますので適当にチェックするのは厳禁です
 必ずしも全てを埋める必要はないでしょうけど一通りサービスマニュアル片手にチェックしてください
 この際にでも検査の最大の難関ともいえるヘッドライトの光軸の調整の仕方だけ覚えといた方がよいでしょう
 それとスピードメーターを前輪か後輪で拾っているのか確認しときましょう

 検査 ヘッドライトの二灯式の方も機械が対応してますので覆い等必要ありません



Bikeどっとこむ管理人コメント

・用紙一式は車検当日までに購入して記入しておく方が良いと思います

・自賠責保険は陸運局敷地内で加入できます

・重量税や検査料等お金を払うものは全て売店で印紙で購入します

・同時に住所変更をするという方は管轄が変わらない方でしたら用紙代35円だけですし
 すぐ終わりますので検査前に済ませときましょう その場合は住民票もお忘れなく

・和泉陸運局は二輪検査ラインは午後のみとなってます



検査

・事務所内 検査部門と登録部門に分かれていて検査部門の奥にユーザー車検という窓口がありますので
 必要書類をまとめて渡し 書類チェックしてもらったら検査ラインに行きます

※二輪ラインは専用ラインで一本

・ライン自体は基本的に自動化されています ライン手前で バイク止め
 操作パネルでヘッドライトは一灯式か二灯式か スピードメーターセンサーは前輪か後輪かの選択ボタンを選び
 ラインに入ります
 ライン入ってからは前上方の電光板の指示に従います



・前輪のブレーキテスト 後輪のブレーキテスト それとスピードメーターテスト
 スピードセンサーが前輪後輪によってスピードテストは前後しますが
 前輪→後輪の流れで検査します
 スピード計測は時速40kmになったら足でボタンを踏むというスタイル

・上記項目を終えると横から光軸チェックマシーンが現れます
 ヘッドライトをハイビームにして検査です
 光量に不安がある方は若干スロットル回してやったら良いでしょう

・光軸が終わるとシャシダイから出てバイクを停め 自動車検査票を機械に入れて検査結果を読み込ませます

・排ガス検査 マフラーに棒状のものを突っ込み 初年度登録時の規制をクリアーしているか否かの検査
 排気音の検査は無かったように記憶してますが不明

・そして検査官による外観等のチェックです 書類を渡しフレームNoや保安部品の動作等のチェックです

・結果を記入してもらい合格なら検査部門に書類一式を渡し新しい車検証とステッカーを発行してもらい終了です

・不合格ならそのポイントを整備修理等し問題箇所のみ再検査です
 当日内なら別途予約料金は発生しないということです



Bikeどっとこむ管理人コメント

・サービスマニュアル 一通りの工具は持参しておいた方が良いでしょう

・メットがジャマになるので対策考えておいた方が良いでしょう
※私はツーリングネットでタンデムシートに潜らせておきました

・書類も出したり引っ込めたりなんでバラバラにならないようにバインダーを用意しておいた方が良いです