本文へスキップ

新しい視点で水辺の保全を考え、活動する水辺環境調査会

新しい視点で水辺の保全を考え、活動する水辺環境調査会

水辺環境調査会のホームページへようこそ。

 水辺環境調査会は、メダカやカエルなど水辺の生き物と環境を調べ、多様な生き物が棲む場所を保全し、孫やその子供たちに遺すことを目指しているグループで、次世代に引き継ぐべき水辺遺産目録を創ることを当面の課題としています。

>

お知らせtopics

水辺環境調査会の歩みを紹介


 2018年6月1日シニア自然大学校研究部の共通講座において、林代表からこれまでの活動が紹介されました。講演概要はこちらをご参照ください。
 詳細は追って掲載致します。
 

大阪府におけるカダヤシ・メダカの生息調査へのお誘い


 詳細は別添資料をご参照ください。

第四次大阪府メダカ調査:生息と遺伝子型調査報告書ができました


 2010年から2012年にかけて皆さんの協力で調査した結果が纏まりました。
 報告書は こちら をご参照ください。
 


新着情報news

2018年6月1日
シニア自然大学校研究部の6月度共通講座において、林代表が「市民調査から見た大阪の水辺の生き物と環境―メダカに導かれた水辺環境調査会”ふた昔”の歩み―」と題しこれまでの活動を紹介しました。
2018年2月16日
シニア自然大学校では、基幹事情地域環境保全活動の一環として、大阪市立自然史博物館のプロジェクトA”カダヤシ・メダカ最終調査”に協力・支援することになりました。  ついては、来る2月27日(火)第1回説明会を本校事務所会議室にて開催します。
2017年12月5日
大阪教育大学天王寺キャンパスで開かれた「平成29年度環境保全活動発表会」にて”大阪府に於けるメダカの生息と遺伝子型分布の実態に関する検討”結果が報告されました。
2017年6月22日
JXTGエネルギ−堺製油所が地元の住民に配布している広報誌(フェニックス)6月号ににシニア自然大学校水辺環境調査会がカエルの編集協力として載りました。
2017年5月11日
大阪府下のメダカ棲息と遺伝子分布調査報告書について毎日新聞で紹介されました。
2017年5月2日
大阪府下のメダカ棲息と遺伝子分布調査報告書ができました。報告会を7月15日に開催します。
2017年4月22日
大阪府下のメダカ棲息と遺伝子分布調査報告書について讀賣新聞で紹介されました。
2016年2月20日
シニア自然大学校年次報告書「自然と環境」第5号に第三次大阪府カエル生息調査報告書の抄録が収録されました。
2015年3月21日
第三次大阪府カエル生息調査報告書を掲載しました。
2014年9月9日
2000年9月NHK大阪 ラジオ深夜便で受けたインタビュー概要を保存しました。
2013年8月4日 
日本めだか年鑑 2013年版に水辺環境調査会の活動報告が掲載されました。当会部分を抜粋してこちらに。
2013年4月29日
大阪府下のメダカ棲息と遺伝子分布調査の中間報告を掲載しました。
2009年8月8日
メダカ調査会の活動が第11回全国めだかシンポジューウムで表彰されました。
2013年4月1日
サイトをリニューアルしました。

水辺環境調査会

〒540-0032
大阪市中央区谷町三丁目1番18号
NS21ビル8階
認定 NPO法人 シニア自然大学校気付

TEL 06-6937-8077
FAX 06-6937-8078


NPO法人 シニア自然大学

リ ン ク



    






English Page