Windowsな人のKnoppix


このページはWindowsしか使ったことの無い人がKnoppixを使おうとしたときに、
うまく起動しない、もうちょっと何とかならないかという人のためのページです。
もしあなたがLinuxについてある程度のノウハウを持っている場合はこのページは
ほとんど役に立ちません。
Linux
についてある程度のノウハウを持っているという方は
http://buxus.s31.xrea.com:8080/pukiwiki/pukiwiki.php?FrontPage
を参照してください。(ここからほぼ全ての情報に辿り着けます。)

そもそもKnoppixとかLinuxとか良くわからん。という人は。予備知識を読んでください。

1.起動に適したPC
  
よく巷で「LinuxWindowsに比べて軽い」といわれますが、それはLinuxをある程度
  
理解している人にとっての話です。
  Windows
しか使ったことの無い人がLinuxを快適に使おうと思ったらWindows並に重い
  
と思って使ったほうがいいと思います。
  
上記を踏まえたPCのスペックですが
    
理想のスペック メモリ:512MB以上 CPU1000Mhz以上
    
推奨スペック メモリ:256MB以上 CPU500Mhz以上
    
最低スペック メモリ:128MB以上 CPU300Mhz以上
  
となります。CPUをクリアできない人は殆どいないのですが、メモリで苦労する人は多いようです。
  ※
このスペックは著者の主観です。一般的にはもっと低いスペックでも問題ないと言われています。

  PC
の性能以外で障害となるものには
    USB
キーボード
    USB CD-ROM
からの起動
    
マイナーなビデオカード
    
最新過ぎるビデオカード
  
などがあります。
  USB
キーボードに関しては「運がよければ使える」程度だと思ってください。
  USB CD-ROM
からの起動に関しては3.を参照してください。
  
マイナー・最新なビデオカードについては5.を参照してください。


2.入手方法
  
Knoppix入門書の付属CD
      
書名 KNOPPIXLinuxを使いこなそう ISBN 4-88648-709-2 本体価格 2,000
      
書名 KNOPPIXではじめよう!かんたん体験Linux ISBN 4-88337-360-6 本体価格 1,860
      
書名 KNOPPIXではじめるLinux入門 ISBN 4-7980-0590-8 本体価格 2,000
    
入門書に付属しているCDは最新版ではないのでその辺を理解したうえで使用してください。
    ※
本屋さんで立ち読みしてみた
  
Linux関連雑誌の付属CD/DVD
    DVD
版があったりしてWebでは手に入らないものが手に入ったりします。
  
Webでダウンロード(りこめんど)
    
一番最新の版が入手しやすいところです。


3.ダウンロード、CD-Rへの焼きこみ
    
下記の2つのサイトが一般的です(一般的と言うよりはドイツ本家版に近い)
      AIST
 http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/
      YA-KnoppixJP
  http://sourceforge.jp/projects/ya-knoppix-jp/
    
もっとも日本で使用されているのはAISTのものと思われます。
    
現状でUSB-CDからのブートを行いたい場合はYA-KnoppixJPのみ起動可能です。
    
著者の主観ですがHDにインストールするつもりでいる人にはYA-KnoppixJPを勧めます。
  
    
ダウンロードしたISOイメージをCD-Rに焼く方法がわからない人は
    http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/9821/#6
    
を見て下さい。


4.起動
    CD
からの起動をBIOSで有効にしておく必要があります。
    
一般的なPCは初期状態で有効になっていると思います。


5.起動できずに困った時は

    
(1) CDを入れて起動したのにWindowsが起動してしまう。
        
BIOSを正しく設定しましょう。
        
CDが正しく焼けているか確認しましょう。
          
WindowsCDを開いたときに、KNOPPIXというフォルダが見えるのが正しい状態です)

    
(2) 起動中に何らかのエラーが出て起動中に止まってしまう。
        
CD作成時にうまく焼けていない可能性があります。
          
ブートオプションに”knoppix testcd”と入れて起動してみましょう。(ブートオプションの入れ方)
          ”Everything looks OK”
と表示されれば正常です。

        
AISTのページに動作実績のあるPCが載っています。あなたのPCが載っていないかとりあえず見てみましょう。
            http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/hardware/index.html

        
・下記のオプションを手当たり次第に試してみると起動する可能性があります。
           ”knoppix xmodule=fbdev”
           ”knoppix xmodule=fbdev screen=1024x768”
           ”knoppix xmodule=fbdev screen=800x600 xvrefresh=60”
           ”knoppix xmodule=fbdev screen=1024x768 xvrefresh=60”
           ”knoppix xmodule=vesa”
           ”knoppix xmodule=vesa screen=1024x768”
           ”knoppix xmodule=vesa screen=800x600 xvrefresh=60”
           ”knoppix xmodule=vesa screen=1024x768 xvrefresh=60”
           ”knoppix vga=normal xmodule=vesa screen=800x600 xvrefresh=60”
           ”knoppix vga=normal xmodule=fbdev screen=800x600 xvrefresh=60”
           ”knoppix vga=normal xmodule=vesa screen=1024x768 xvrefresh=60”
           ”knoppix vga=normal xmodule=fbdev screen=1024x768 xvrefresh=60”
           ”knoppix noscsi nopcmcia nousb noagp”

         
VAIOノートやダイナブックの場合は下記のオプションで起動する可能性があるようです。
           ”knoppix ide2=0x180,0x386”
 (VAIO
           ”knoppix ide2=0x1a0”
 (Dynabook

    
(3) You can try to create a so-called swapfile on an existing DOS-PARTITION(if available)in the next step.というメッセージが出てしまう。
          
メモリを買ってきてくださいと言いたいところですが、不可能な方は
          
 http://www.freeml.com/message/knoppix@freeml.com/0002717
          
を参照してください。

    
(4) いろいろ試したけどダメです。
          http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/comm/index.html
          
からMLに参加して聞いてみましょう。
          
その時は最低限下記の3点は書きましょう。
            
DLしたISOイメージのファイル名
            
PCの型番
            
・詳しい状況


6.より高速に起動するには
    
(1) FATパーティションに起動イメージを置く
          
簡単な説明
          
詳細は”knoppix FAT32 ブート”とgoogleで検索してみましょう。
          
根性がある人は”knoppix grub”google検索してみるのも吉。
          
NTFSしかありません!」という人はQTpartedのススメを参照してください。

    
(2) VMwareを使用する。
          ISO
イメージを直接マウントすればかなり早いです。(多分最速)
          AIST
のサイトにはVMware用の仮想HDイメージがおいてありますが、
          
最新版ではないのでオススメできません。
          
そのうちcoLinuxが実用的になるとVMwareよりもリーズナブルかも

    
(3) HDにインストールする。
          
詳細は”knoppix HD インストール”でgoogle検索してみましょう。

 ※著者の環境で起動速度を比較してみました。(knoppix_20031103-20031119.iso

起動方法

起動時間(秒)

CDから起動

200

fromhdオプションでの起動

138

Knoppix-installerでインストールしたものから起動

145

VMwareISOイメージから起動

125

      厳密に計測しているわけではありませんが、fromhdオプションでの起動は安価で効果的です。


7.低スペックなマシンでも快適に使用するためには
    
正直Windowsな人は著者の推奨スペック以上で使っていただきたいと思いますが、
    ”knoppix desktop=icewm”
    ”knoppix desktop=xfce”
    
で起動すると多少幸せです。

    
メモリが128MB以下のPCではスワップファイルを作成することでキャッシュが
    
有効に働くようになり性能の改善が望めます。

    
継続的ホームディレクトリを作成することでもRAMディスクの使用量が減少し、
    
パフォーマンスが改善するかもしれません。(著者の環境では10MB程度空きメモリが増加します)



8.とりあえず起動したんですが、何をどうすればいいのかわかりません。

  アプリケーションの対応表を作ってみました



9.その他
    
(1) 別のWindows機とファイルを共有したい。
        98/Me/XP
Konquerorのアドレスに”smb://PC/共有名/”Windows機が見えます。
        NT4/2000
Konquerorのアドレスに”smb://ユーザ名@PC/共有名/”Windows機が見えます。
        ”knoppix SMB
共有”でgoogleで検索してみましょう。
        
ココは必見http://www.st.rim.or.jp/~kamataki/knoppix/
        
    
(2) 毎回ブートオプションを入れるのが面倒です。
      
起動FDを作って(CDの中のmkfloppy.batを実行)FDの中にあるsyslinux.cfgの2行目の最後に
      
ブートオプションを書いておく。そのFDを使って起動するか、FDを元にCDを作り直して起動する。
      (
詳しい説明)

    
(3) デスクトップの設定や、作ったファイルを保存したい
      ”knoppix
設定の保存”、”knoppix 継続的ホームディレクトリ 作成”でgoogle検索してみましょう。

    
(4) USB接続のFDに作ったファイルを保存したい。
      
コンソールから”sudo mount -t msdos -o umask=000 /dev/sdx /mnt/sdx ”で書き込み可能になるようです。
      FD
を取り出す時はコンソールから”sudo umount /mnt/sdx”としてから取り出しましょう。
      sdx
の部分は御自分の環境に合わせて読み替えてください。

    
(5) Knoppixでサルベージしたい。
      
その1 sambaでのサルベージ
      
その2 スタンドアロンでのサルベージ


付録
  A.
物理メモリの容量と起動後の空きメモリ
      knoppix_mem.zip
をダウンロードして、拡張子をSXCに変更してOOoで開いてください。
      HTML




このページを作った理由

更新履歴


苦情や要望はココにメール


カウンター