忠臣シヌヘ物語The Story of Sinuhe ()

テクストはRoland Koch, Die Erzählung des Sinuhe, Bruxelles, 1990を使用。

シヌヘ物語の写本には次のようなものがあります。

1. Berlin Papyrus 3022 (Sin. B)  第12王朝の写本で、冒頭部を欠いており、全文のうち311行が残されています。

2. Berlin Papyrus 10499 (Sin. R)  中王国終わり頃の写本で、冒頭部から203行が残されています。

3. Ashmolean Ostracon  第19王朝のオストラコン(石材の破片を書写材料にしたもの)で、全文のうち130行が残されています。

オストラカにはこの他にカイロ博物館やベルリン・エジプト博物館所蔵のものが知られています。

Sin. R 1-8 Sin. R 8-22 Sin. R 22-B 13 Sin. B 13-34

Sin. B 34-44 Sin. B 44-56 Sin. B 56-75 

Sin. B 75-97 Sin. B 97-115 Sin. B 115-134 

Sin. B 134-147 Sin. B 147-162 Sin. B 162-183 

Sin. B 183-204 Sin. B 204-218 Sin. B 219-234

Sin. B 234-247 Sin. B 248-258 Sin. B 258-270

Sin. B 270-283 Sin. B 283-311


宰相プタハヘテプの教訓 / 三人の王たちの誕生にまつわる物語

ホルエムヘブ王の勅令 / セティ1世葬祭神殿保護勅令

エジプト・ヒッタイト平和条約 / アメン神の使者ウェンアメンの物語

ちょっとだけ碑文解読 (1) (2) (3)

1