エジプトの植物

2009年4月8日  西 村 洋 子

1. 六条大麦(Six-rowed Barley / Hordeum vulgare)とエンマー小麦(Emmer wheat / Triticum turgidum or Triticum diccocum)  http://www.gallica.co.uk/butser2/crops.htm

  大麦(左の写真)は古代エジプト語でイト(it)。

  小麦(右の写真)は古代エジプト語でベデト(bdt)。後にベティ(bty)と発音されるようになる。

2. 亜麻(Flax / Linum usitatissimum)  http://www.marilenazuddas.it/pagine/le-erbe.asp?offset=54

  古代エジプト語でメヒー(mHy)。亜麻布はセシェル(sSr)。茎の靱皮(じんぴ)から取られた亜麻の繊維を紡いで亜麻糸が作られ、さらに亜麻糸を編んで作った布が亜麻布である。亜麻の種子から絞り出されたものが亜麻仁油。

3. 青スイレン(Blue lotus / Nymphaea coerulea)と白スイレン(White lotus / Nymphaea lotus)

http://herbexporters.com/products.asp#Nymphaea%20Caerulea ; http://www.metafro.be/prelude/view_plant?pi=09120

  古代エジプト語でセシェン(sSn)。上エジプトの象徴。現在のエジプトの国花。

4. パピルス(Papyrus / Cyperus papyrus)  http://egyptian-paper.com/index.php?main_page=about_us

  古代エジプト語でメヒート(mHyt)。下エジプト(デルタ)の象徴。パピルスの巻物はシェフェドゥー(Sfdw)。

5. ショクヨウカヤツリまたはキハマスゲ(Nutsedge / Cyperus esculentus)  http://www.i4at.org/army/appb.htm

  古代エジプト語は不明です。塊茎はウアフ(waH)と呼ばれ、食用にされる。

6. アシまたはヨシ(Reed / Phragmites australis)  http://www.flowersinisrael.com/Phragmitesaustralis_page.htm

  古代エジプト語でイシー(isy)。

7. ヒマまたはトウゴマ(Castor-oil plant / Ricinus communis)  http://www.istrianet.org/istria/flora/herbs-roots-vegies/ricinus-communis.htm

  古代エジプト語でデゲム(dgm)。種子から搾り取られたものがひまし油。

8. レンズマメまたはヒラマメ(lentil / Lens culinaris)  http://nics.naro.affrc.go.jp/hatasaku/mihonen/files/CROP46.html ; http://www.atlas-roslin.pl/gatunki/Lens_culinaris.htm

  古代エジプト語でアルシェン(arSn)。

9. イグサ(Rush / Juncus L.)  http://luirig.altervista.org/schedeit/fo/juncus_rigidus.htm ; http://luirig.altervista.org/schedeit/fo/juncus_acutus.htm

  古代エジプト語でイアル(iAr)。上の写真がJuncus rigidus(Sea rush)、下の写真がJuncus acutus(Sharp rush)。

★エジプトのその他の植物(茶色は樹木を表します)

先王朝〜

 春菊(Chrysanthemum / Chrysanthemum coronarium)  http://www.flowersinisrael.com/Chrysanthemumcoronarium_page.htm

 エンドウマメ(Pea / Pisum sativum)  古代エジプト語でテフーワ(tHwA)。トゥトアンフアメン王墓から発見されたエンドウマメはPisum sativum subsp. elatiusという野生種で、サヤが紫色をしている。  http://www.flowersinisrael.com/Pisumsativum_page.htm

 野生種スイカ(Water melon / Citrullus lanatus)  種しか食べられない。  http://en.wikipedia.org/wiki/Citron_melon

 にんにく(Garlic / Allium sativum)  発見例は少ない。  http://www.botanikus.de/Botanik3/Ordnung/Knoblauch/knoblauch.html   

古王国〜

 ソラマメ(Broad bean / Vicia faba)  古代エジプト語でペル(pr)。  http://www.absoluteastronomy.com/topics/Vicia_faba

 玉葱(Onion / Allium cepa)  古代エジプト語でへジュー(HDw)。  http://www.botanikus.de/Heilpflanzen/Zwiebel/zwiebel.html 

 レタス(Lettuce / Lactuca sativa)  古代エジプト語でアブー(abw)。発見例は少ない。  http://www.metafro.be/prelude/view_plant?pi=07760

中王国〜

 オリーブ(Olive / Olea europea)  古代エジプト語でジェト(Dt)。パレスティナから伝わる。しかし、オリーブ油の使用はローマ時代になってからである。現在のイスラエルの国花。  http://www.uni-graz.at/~katzer/engl/Olea_eur.html

第二中間期〜

 ザクロ(Pomegranate / Punica granatum)  古代エジプト語でインヘメン(inhmn)。ザクロ酒はシェデフ(SdH)。パレスティナから伝わる。現在のリビアの国花。  http://www.flowersinisrael.com/Punicagranatum_page.htm

 紅花(Safflower / Carthamus tinctorius)  古代エジプト語でケチュ(kT)。小アジアまたはパレスティナから伝わる。  http://www.botanic.jp/plants-ha/beniba.htm

新王国〜

 シュッコンヤグルマギク(Oriental cornflower / Centaurea depressa)  小アジアまたはパレスティナから伝わる。  http://www.tela-botanica.org/page:bleuet

 ヒナゲシ(Red Poppy / Papaver rhoeas)  小アジアまたはパレスティナから伝わる。発見例は少ない。  http://www.maltawildplants.com/PAPV/Papaver_rhoeas.php

 ヘンナ(Henna bush / Lawsonia inermis)  インド洋沿岸部から伝わる。ラムセス2世のミイラの髪の毛がヘンナで染められていたと考えられている。  http://www.metafro.be/prelude/view_plant?pi=08000

 セロリ(Celery / Apium graveolens)  ミイラの花輪や薬として利用される。食用にされるのはギリシア・ローマ時代以降。  http://www.uni-graz.at/~katzer/engl/Apiu_gra.html

 ヒヨコマメ(Chick pea / Cicer arietinum)  パレスティナから伝わる。発見例は少ない。  http://mathildasanthropologyblog.wordpress.com/2008/05/29/the-turkish-domestication-of-the-chickpea/

ギリシア・ローマ時代〜

 蓮(Indian lotus / Nelumbo nucifera)  http://www.toptropicals.com/cgi-bin/garden_catalog/cat.cgi?number=5&find=Nelumbonaceae&imagesonly=1

 桃(Peach / Prunus persica)  http://www.metafro.be/prelude/view_plant?pi=10445

 西洋梨(Pear / Pyrus communis)  http://luirig.altervista.org/schede/ae/pyrus_communis.htm

エジプトの植物については、下記のURLと参考文献もご覧下さい。

http://www.touregypt.net/featurestories/flowers.htm

http://westerndesertflora.geolab.cz/electronic_herbarium.php

Donald B. Redford ed., The Oxford Encyclopedia of Ancient Egypt, Oxford U. P., 2001, vol. 1, pp. 535-544(flora ; flowers), 564-565(fruits) and vol. 3, pp. 477-478(vegetables).

阪本寧男著『ムギの民族植物誌−フィールド調査から』(学会出版センター、1996年)。

[Back to Essays]