紫陽花の会

★★★ 紫陽花の会とは福岡が生んだ邦楽演奏家、渡辺シズ先生のファンクラブです。 ★★★
年に一度、紫陽花の会主催で”夢みごろ”コンサートが開催されています。


 福岡寿会

  自 宅  福岡市南区平和2-9-20 
                пF092-521-0133
                
  薬院教室 福岡市中央区薬院3-8-9
                 пF092-521-7375

  天神教室 福岡市中央区天神4-5-10
          チサンマンション第2天神308号
                 пF092-721-1172


  NPO・福岡邦楽芸術文化振興会


渡辺シズ
         九州鈴慕会         
 寿会だより (blog)

 渡辺シズ先生のプロフィール

 四歳より生田流筝・三絃を宮城喜代子、宮城数江、小橋幹子、今野須美江、上木康江、藤井由香の各氏に師事。

 宮城社大師範、宮城会評議委員、宮城会九州支部長、森の会会員、筝の会会員、福岡寿会主宰

1969年   東京芸術大学邦楽科卒業。皇華楽堂において御前演奏。宮城会コンクール入賞。
  NHK 邦楽オーディション合格。グループ”遠音”を結成。東京において3回のリサイタルを
  開催。
1972年   福岡でのリサイタルを機に、福岡において演奏・教授活動を始める。「竹のひびき・糸の調べ」  を隔年  ごとに主催。
1986年   渡辺鈴士氏と共に藤井凡大氏に作曲委託した『静鈴恋慕」を福岡・東京はじめ各地で初演。
1988年   九州芸術工科大学非常勤講師。
1991年〜   筑紫舞の調べ方をつとめる。
1991年   釜山市立国楽管弦楽団と協奏曲を共演。
1994年   ソウル定志600年記念・日韓交流シンポジュームに日本代表アーティストとして招かれる。
1994年〜   紫陽花の会主催の<夢みごろ〜渡辺シズ琴コンサート>始まる。
1996年   釜山市立国楽管弦楽団と協奏曲を共演
1996年   アジア競技大会協賛演奏会に釜山市より招待される。


「夢みごろ」のあゆみ

  年 月 日      場  所   曲  目
1994.9.3〜4 セレナーデ 小曲(風鈴、線香花火) 八段の調べ、秋風の曲、 五十鈴川、 さまよい、 鳥のように
秋色 春の海
1995.12.4 あいれふ みだれ、 尾上の松、 明鏡、 譚詩集、数え歌変奏曲、 他
1997.1.5 弥生 千鳥の曲、三つの遊び、 雪物語、 神仙調舞曲、 水の変態、 他
1997.11.15 孝子窯 讃歌、 秋の言の葉、 他
1999.4.10 まどかぴあ さくらの主題による変奏曲、 瀬音、六段の調、こんかい、 雪三態、 他
2000.9.9 まどかぴあ 水の変態、 残月、 三つの断章、 琉球民謡による組曲、 他
2001.10.7 ホテル日航福岡 上弦の曲、三つの断章
2002.11.1 ホテル日航福岡 みだれ、黒髪、上弦の曲、聖夜、海辺の秋、 十七絃独奏による主題と変容「風」
2004.1.17 あいれふ 難波獅子、九州鈴慕(尺八)、和楽器と管弦楽協奏のための一楽章
八重衣、風花、 千鳥の曲
2005.4.3 住吉神社 能楽殿 詩曲一番、ながらの春、花語らず、奥州薩慈、寛濶一休


★ BGM= 「春の海」  作曲:宮城道雄  箏: 渡辺シズ  尺八: 渡辺鈴士
                     
                    「夢みごろ」ライブ コンサートより