蓄犬業者(ブリーダ)の実態



この犬達(全てメス)は一生(子供が生める間)この狭いケージで過ごす。

よく啼く犬は声帯を切り取られる。

トイレもケージの中で新聞紙の上に。

病気になってもろくに治療もしてもらえない、もちろん、お散歩などありえない。

不人気犬種や子供を生めなくなった犬は、、、、処分。  (実験動物、家畜の餌、焼却処分、山の中に放棄)


これが、あなたと暮らしている愛犬の母親の姿です。


もしあなたが女性で来る日も来る日も交尾させられ、子供を生ますだけ生まされ、生めなくなれば処分

されたとしたらどんな気持ちになるのでしょうか?

こういった事を平気で出来る人間、それが蓄犬業者(ブリーダ)なのです。

犬の知能は2-3歳児程度といわれております。

いわば、明らかに人間より、知恵が遅れているとも言えます。

それをいいことに、この弱みに付け込んで、上記のような事を、平気で金儲けや趣味嗜好のために行う

人間、それが蓄犬業者(ブリーダ)なのです。


さて、この様な不幸な犬を減らすにはどうすればよいのでしょうか?

それは誰でも簡単に出来ることなのです。 生体販売者(蓄犬業者、蓄犬販売業者)からは動物はもちろんペットフード、

その他の用品を一切買わないことなのです。 そしてこの事を、あなたのお友達や知り合いの方に、

教えてあげることなのです。



いわゆる優良ブリーダが作り出した犬




ブリーダーの経験談(某掲示板より)

でも、ひどいところでは、一生外に出されることもなく、うんこまみれの犬舎の中に閉じ込められて
ヒートのたびに交配させられ、フードをけちられ、ぼろぼろになって死んでいく犬たちもいます。
スレ違いになりますが、そんな子達をなくすには、消費者がペットショップで安易に買わないことです。
犬はブリーダーで、親犬も兄弟犬も見せてもらって買うものです。

そして、ブラックな部分ということで言えば、犬業界は半分くらいがヤクザです。
ブラックな部分は山ほどあります。
私が聞いた中で今までで一番ひいたのは、繁殖者のおっさんが、
獣医でもないのに帝王切開したという話ですね。

子犬は生まれたかも知れないけど、母犬は確実に死んでますし、
恐らく麻酔もなしでしょう。

よくある話で言えば、注射系ですかね。
ワクチンは獣医に連れて行って打ってもらうものですが、
大抵のブリーダー、およびペットショップは、
繁殖者やショップスタッフが打っています。
針やワクチンは獣医から。

それから具合が悪い場合なんかにリンゲルを入れたりしますが、
それも獣医ではない素人がやっています。

ヤクザ業界の話といえば、日本のショーを勝ちあがっているのは大抵ヤクザの犬ですね。
果てしなく残酷ですね。
初めて種オス、台メスという言葉を聴いたときは驚きました。

ちなみに帝王切開も残酷ですが、私が日々残酷だなあと思っていた話を。
初めての交配のメス犬はうまくいかないことが多いので、
ステンレスのスティックがあるのです。 長さ20センチくらいの細い棒が。

初めての子に口輪をして、タオルで上半身を押さえつけて
ワセリンを塗ったスティックでグサリ。それを何度か繰り返し、
ある程度ゆるくしてからオスとかけるんです。つんざくような悲鳴をあげます。
私は初めて見た時、泣いてしまいました。決して泣き虫ではない私なのですが。

初めてではないオスメス同士でも、交配の時に放っといて
うまくいくようなことはあまりないので、二〜三人がかりです。

一人がメスを抑えて、支えておきます。そして、オスを抱えたもう一人が、
メスのしっぽを左右どちらかに引っ張ってお尻を振らせます。
そうするとオスが興奮するので。その上に、オスを乗せる。
そして、チンチンをつかんで入れるのです。
これだけでも目を覆いたくなるような光景ですが、
これが、一回でうまくいかないときはさらに悲惨です。
メスは動けないまま不自然な姿勢でお尻をぐいぐい引っ張られ、
オスはオスで挿入を失敗すると、一旦元の大きさに戻るまではできないので、
早く戻るように皮を引っ張られたり、指ではじかれたり、1メートルくらい放り投げられたり。

本当にかわいそうでした。 それが耐えられなくて、
オーナーと大喧嘩になり、お給料を払ってもらえなくなって辞めたのですが。

犬は何も純血種を飼うことはない。つくづくそう思いました。



皆さん、畜犬業者や畜犬販売業者の甘い言葉や、かわいい宣伝に騙されないで!

劣悪な人間性をもった輩に、わざわざ儲けさせる道理はどこにもありません!

畜犬業者、畜犬販売業者からは一切の物品を購入しないようにしましょう!



保護犬の写真館

生体販売の反対について。

蓄犬業者(ブリーダ)の実態

良いブリーダー??? (良いブリーダーっているの?)




リンクフリー、リンク大歓迎です。