黒姫高原・野尻湖にある癒しの森の宿

「ロッジしらかば」はオーナーが

森林メディカルトレーナーであり

薬草指導員・自然観察指導員です

 

 森林療法とは

 信濃町独自の療法とは

 森林メディカルトレーナー 

 医師のいる森で

 癒しの森の宿とは

  信州・信濃町

 黒姫薬草の森

 パンフレット

 失われた時間をとりもどす町   ・黒姫童話館の「MOMO」

 癒しの森の宿しらかば

 春夏秋のしらかば

 アフアン「心の森プロジェクト」

 

 

 

「信州信濃町・癒しの森の宿」とは?・・料金など

おもてなしの心とお聞きする心を大切にいたします。

お食事は出来るだけ無農薬に近い地元の朝取り食材を使い、郷土料理や薬膳や

山菜・きのこ・珍しい食材を豊富に使います。また、ハーブティや薬草茶なども。

御部屋はご希望に添った形で相部屋はいたしません。また小鳥の音でお目覚め

いただけるような静かな御部屋です。

お風呂場・ロビーなどアロマオイルを使った香りの演出が施されています。

森林メディカルトレーナーと森を存分に楽しんでいただけるよう、チェックインは

13時、チェックアウトは11時となっております。

最寄り駅までの送迎、癒しのコースまでの送迎もサービスとなっております。

 

            黒姫の森          宿に住み着きすっかりお友達の「やまがら」

 

森林療法について・・

信州・信濃町「癒しの森」ーー医師のいる森でーー

 

ブナの小径

 

 現代社会に生きストレスをためながら頑張っている方々に

 @自然の中で自分を見つめ直す

 A自然の中で適切な生活のリズムを取り戻す

 B自然の中に自分の癒しの場所を見つける

 という3点を目標に作られているのが「癒しの森」プログラムです

 自然、特に森の中には1/fのゆらぎがあり、その自然光の下で耳を澄まし、

  自分の足で歩く。そこには現代社会で働く人々が置き去りにしてしまってい

 る 自然の癒し効果が見つかるはずです。

 文明の発達した欧米においては、森林を中心とした保養事業はもちろん、

  医療・福祉的な利用もされています。特にドイツにおけるクア(保養)システムでは、

  職場の健康保険会社を通じて自分に適した保養地を選び、その保養地で3週間程度の

  保養休暇がとられています。

 日本ではまだ長期的な保養休暇を取る社会制度は構築されてはおりませんが、

幸い信州には世界に誇ることの出来る自然や森があります。

 そこで、本プログラムでは森での癒しを中心に、自分にとっていつでも行ける

 「自分の癒しの森」があるということ、そして産業医と現地での医療機関のバックア

 ップを受けながら、信濃町の森に行きさえすれば再び元気・活力を取り戻して

 職場 や社会に戻っていける、と言うような実感を持っていただけることをね

 らいとして様々な療法ご御用意しております。

 「森林環境が人の心と身体を癒す効果」その初めて医学的な調査研究が

 された町「それが信濃町です」