この小部屋では、私の思ったこと、行ったことを日記風に書き綴っていこうと考えています。
2018. 2 月記録 厳しい寒波が押し寄せています。本当に寒いです。

2018. 3 月記録 最近暖かい日もあります。やはり3月ですね。

2018. 4 月記録 4月初旬のバカ陽気も少し治まってきました。これで春らしい気候が戻るのでしょうか。

 4. 24 停電 1時間以上に亘る停電がありました。記憶の限りでは、こんなに長い停電は20年以上なかったと思います。
いや、困りました。生活は電気に頼り切っていますので、何もできません。
懐中電灯があったのと、携帯から中国電力に連絡できただけです。TVもダメですので、暇つぶしもできませんでした。
停電回復後中国電力のHPを見ると、カラスの巣が接触したためだそうです。

 4. 24 フィルムスキャンが 終わったと思っていたら、新しく30本ほどのネガフィルムが見つかりました。新しく購入したフィルムスキャナーは使い易いのですが、それでも3日程掛かりそうです。

週末には釣りに行く予定がありますので、焦らずにスキャンすることにします。
お願いだから、もう新しいネガフィルムは見つからないでね。

 4. 22 昨日は 大学の同窓会で大阪の方に出掛けていました。中之島のあるビルで行われました。帰り道、地下道で道に迷いました。地下に潜ると良く迷います。
そして、大阪駅、新大阪駅でエスカレーター、エレベーターを出来るだけ利用したのですが、足が少しおかしくなりました。
そして今日、筋肉痛が怖かったのですが、筋肉痛は起こっていません。良かったです。
冬の間は閉じこもり気味だったので、出来るだけ散歩することにしました。実際に散歩しますと足が重いです。予定の半分の距離で戻ってきました。明日以降、徐々に距離を伸ばしていく予定です。

 4. 19 Boost PC Pro 2018 パソコンを使っていると、「Windowsの内部が壊れています。Boost PC Pro 2018 - Windowsのエラー修復方法」と言う画面が現れました。
PC修復ツールのdownLoadのボタンを押そうとしました。所が良く見るとどこの会社(発行元)か書いてありません。「これは」と思って、Explorerを別に立ち上げ、「Boost PC Pro 2018」で検索を掛けると、すぐに見つかりました。

「Boost PC Pro 2018って何?どんなソフト?」
「Boost PC Pro 2018は、一見するとセキュリティソフトに見せかけた、ウィルスに近いといってもよい迷惑ソフトです。」
「このソフトそのものは、ウィルスではないようです。」
「しかしながら、詐欺サイトにつないで詐欺被害に遭わせようとする挙動をします。」
「ソフトの指示に従って手順をすすめると、有料のイカサマソフトを購入させようとしてくるようです。」

との事です。しかも、「Windowsのエラー修復方法」の画面を消そうとすると、これが消えません。「X」を押しても、すぐに前の画面が現れます。しつこいです。私もしつこく「X」を押し続けて、やっと画面が消えました。
別のExplorerを立ち上げて、調べることが大切ですね。

 4. 18 フィルムスキャナー 使っていたフィルムスキャナーのバックライトの様子がおかしいので、何回か分解して修理を試みていました。そして、分解の途中で断線してしまいました。
まだ、スキャンの終わっていないネガフィルムが沢山あります。そこで、程度の良いフィルムスキャナーを探していました。オークションでアウトレット品(未使用新品)の出品があり、1週間以内の初期不良に対応するとの事でしたので、落札して置きました。

時間を見付けて、スキャンを続ける事になりそうです。

 4. 15-16 ハウステンボスと軍艦島 のツアーに行って来ました。天気を心配していたのです、日曜日の九州地方は曇り風がやや強い、月曜日は晴れ弱風でした。普通の行程の土日だったら、天気に悩まされる所でした。
岡山発7:23のこだまで博多へ向かいます。岡山で渡された指定席券通りに座っていると、新倉敷から乗って来たツアー客が、私たちが座っている席に座るようにと会社の人から連絡があったとの事です。しかも、その人は別の席の座席指定券を持っています。さすがに変だと思ったらしく、持っていた指定席に座ったようです。それにしても、ツアー会社(タビックスジャパン)はどうなっているのでしょうか。今後信用できませんね。旅行を申し込むときは、十分調べないといけない会社のようです。
それでも、博多でバスに乗り換えハウステンボスに13:30頃に着きました。

昼と夜の食事用に1500円分の食事券を渡されています(2食で1,500円は少ないです)。食事店が集まっているのは、1番奥の所です。シンボルタワーや運河を渡る船を見ながら奥を目指しますが、遠かったです。

食事にありつけたのは14:00ごろでした。お腹は空きすぎていました。食事は、海鮮広場の海軍カレーにしました。夕食は海鮮丼を考えていました。海軍カレーは美味しくなかったです。ご飯が美味しくないし、何よりも使い捨ての皿で、先割れの使捨てのスプーンでした。
食後、園内を走っている無料バスに乗って途中まで戻ります。この日までチューリップ祭りだそうです。チューリップの所で観賞です。

色々催し物があったようですが、調べていなかったのでパス。野外ショーの観賞中寝込んでしまいました。昨夜十分に眠っていなかったのです。ある所でテーブルにうつ伏せになって眠っていると職員の方に「気分が悪いのですか」と声を掛けられました。ここら当たりは、よく指導されているようです。
18時頃、海鮮市場に戻り食事です。海鮮丼の予定だったのですが、昼食から時間が経っていないので、重そうでパス。五島うどんと讃岐うどんの食べ比べ(半玉ずつ)を選びました。七味唐辛子を掛け過ぎて味がよく判りません。出汁が同じような気がします。女房が訊ねると出汁は同じで、アゴ出汁だそうです。讃岐うどんは、イリコ出汁が普通なのですがね。
入り口の方に帰ろうとすると、無料バスは運行していません。パレードがあるので中止だそうです。仕方がないので、歩いて帰ります。女房が船便があるとしばらく経って言い出します。聞いたのは船着き場の近くだったそうです。その時だと船便にしたのですが、既にかなり進んでいます。 ハウステンボスの中は運河を張り巡らせていますので、船便もありでした。エントランス付近でのパレードの準備状況です。

翌日、軍艦島上陸クルーズです。順序が逆になりますが、軍艦島の全景です。

右端は、病院・学校跡です。

上陸後の写真は沢山あるのですが、人が写りすぎています。上陸後の写真です。左端はアパートの跡です。

海上からのアパート跡です。

軍艦島は長崎港から10qほど離れています。海が荒れると上陸できないそうです。この日は凪でしたので、上陸できました。 昨日、一昨日は上陸できなかったそうです。上陸率はそれほど良くないそうです。
帰港後、バスで大浦天主堂・グラバー園の観光です。大浦天主堂までの登り坂が苦しかったです。見学する余裕はありませんでした。

グラバー園は庭園中心でした。季節の花が植えられています。ここも坂が長かったのですが、エスカレータ・動く歩道が整備されていました。

中華街に13時過ぎ着き、昼食です。

ツアーで用意して呉れていた昼食(オプション)は、皿うどんを中心としたものでした。皿うどんは固いのでパスし、自分で昼食を探します。 岡山で「長崎ちゃんめん」と言う物を良く食べるのですが、本場の「長崎ちゃんぽん」とどう違うのか気になっていました。そこで 「長崎ちゃんぽん」を食べられる店に入ります。味は、岡山と比べて少しあっさりしているようですが、あまり変わりませんでした。そして、店は、「ちゃんぽん」専門店でなく他の物も注文できる店のなのですが、私たちの食事中に「皿うどん」を注文している客はいませんでした。「ちゃんぽん」を注文している客は多かったです。
博多までバスで戻り、駅で駅弁を買って新幹線に乗ります。やはり「こだま」です。岡山だけではツアーを催行できるだけの人が集まらないので、各駅に止まって、ツアー客を集めるのです。
そして、無事に岡山まで帰ってきました。

 4. 12 IPO銘柄 相変わらず新規公開株(IPO)に申し込んでいます。そしてなかなか当たりません。IPOは大体儲かるのですが、無理をして公開している株もあります。私は、IPO株価予想を2ヶ所(WEB上)でチェックして申し込んでいます。
それでも今年は1つ当たりました。日総工産です。上場初日に売ったのですが、公開価格の20%増で売れました。あまり儲かりませんでしたが、それでも山陰に3回行ける程度は儲かりました。私はそれほど儲からないIPOしか当たりません。
惜しかったのは、女房の名で申し込んでいたRPAホールディングです。補欠当選でしたが、繰り上げ当選にはなりませんでした。もし当選していたら、初値は公開価格の4倍でしたので、山陰に50回程度行けるほど儲かっていた計算になります。かすっただけでも大したものです。
株は、一番儲けていた時の4割程度の儲けになりました。株は配当と株主優待が目的ですので、これくらいの儲けでも良いのですが、やはり一番儲けていた時の5割程度は儲けたいです。

こん週末(来週初めに)の日・月に軍艦島のツアーに行きます。天気は日曜日は怪しいですが、月曜日は天気が持ちそうです。
ついでに、山陽の花の寺を巡るツアーの6回目が、来年の3/31にあります。WEBで申込み状況を調べると、残席10席でした。来年の3月ですので、ゆっくり構えていたのですが、慌てて申し込みました。これで残席は8席になりました。

 4. 7 山陽花の寺(1)ツアー 山陽の花の寺を巡るツアーがあります。そのツアーに出掛けて来ました。 46名満席で盛況です。募集時は寒かったのですが、その後の暖かさ(暑さ)で花の季節が前に進んで仕舞いました。4月は桜がメインなのですが、残っていればいいがなーと思っていました。
天気は昨夜の雨で最悪の事態は避けられたもの、小さい雨雲があります。
第1回目は広島の寺中心のツアーです。最初の寺は棲真寺(せいしんじ)です。まず目についたのが八重桜(多分)です。

山ツツジも見ごろでした。

そして、根性スミレです。

まだまだ花はありましたが、これくらいにしておきます。振り返ると棲真寺が花が1番多かったです。
次は仏通寺です。花は終わっていました。野仏群を写して置きました。このあたりから、バスを降りると小雨です。強力な雨男か雨女が乗っているようです。

ここで、尾道に戻り昼食です。場所の明示は避けますが、あるホテルです。メインは煮アナゴ重箱です。最初蒸したアナゴかと思っていたのですが、煮アナゴだったようです。冷えていて美味しくなかったです。ウナギの代わりに焼きアナゴを使った「うな重」のようなものを想像していました。焼きアナゴだと香ばしい香りもするでしょうし、暖かくて美味しかったと思います。ホテルの食堂のパンフレットを見ると、色から焼きアナゴのようです。団体客だったので、時間調節の為に煮アナゴにしたのでしょうか。それに小さいアナゴが多かったです。少し不満です。
次の寺は、尾道の西国寺です。やはりバスを降りると小雨が降り出します。寺まで150mの表示があったのですが、山門まで優に300mはありました。150mは参道の入り口までの距離だったのでしょうか。それと階段又階段です。これだから尾道の寺は嫌いです。階段の途中で足がおかしくなりました。明日は筋肉痛必至です。
花は終わっていました。尾道の寺は南斜面に建っていて、日当たりが良いので花が早いようです。ほぼ終わってる枝垂れ桜です。

次は、千光寺です。バスの駐車場は岡の上にあります。寺まで下がって、寺に着いてから、上がって来なければなりません。足が心配だったのでパスです。花は終わっていますしね。

最後の寺は「明王院」です。本堂と五重塔が国宝だそうです。

花は終わっています。

花の開花時期だけは予報と外れるのが常ですね。次のツアーに期待しましょう。

 4. 1 ポジ スキャン終了 ポジフィルムのスキャンが終了しました。次はネガフィルムのスキャンです。
ネガフィルムを持ち出すと

多いです。白黒ネガも沢山あります。白黒ネガは自分で現像したものがほとんどですし、気に入ったものは大きくプリントしているはずですので、パスする事にしました。そうしないと時間が掛かって仕方がありません。
何時の間にか4月に入りました。4月にはすることが沢山あります。忘れないように書いて置きます。12月に採って来た竹の火入れをして置かないといけません。暖かくなると、虫に食われてしまいます。
硬質発泡の遠投ウキを作り直そうと思っています。ミミズ箱はミミズを入れても良いように土を替えて置かないといけません。
箪笥(本棚)の耐震補強が途中で止まっています。まだまだありそうです。

 3. 31 中国半紙 女房が中国半紙が欲しいと言います。岡山の書道用品店では品切れだそうです。
InterNet通販を調べます。
1.Amazon:5,900円(送料込み)
2.楽天1:5,940円(送料込み)
  楽天2:5,724円(送料込み)
3.Yahoo Shop: 楽天と同じ。
4.Yahooオークション 送料が高くて話にならない。
5.ある所:4,104円(送料込み)

5.のある所はVISA払いが可能だそうです。安すぎるし、HPは香港にあります。詐欺の疑いが濃いのでパスします。
結局、2.楽天2に28日の昼前に発注しました。楽天のポイントが1,000点ほど溜まっていたので、勿論ポイントを使いました。今回の買い物でポイントが300点ほど溜まります。
発注してから気が付いたのですが、店の所在地は札幌でした。
西濃運輸で札幌を28日の深夜発送です。29日深夜に東京中継です。30日昼前に岡山到着です。
これだと、夕方の配達になると思って自宅待機していました。しかし、配達はありませんでした。
30日深夜に配達回送だそうです。そして、31日午前中にクロネコが運んで来ました。西濃運輸は岡山に配達所がありませんので、 クロネコに委託しているそうです。

宅急便より、1日程度遅れましたが、送料が安い(540円)ので我慢しましょう。販売店は札幌からの発送だから、1日程度遅れますと連絡がありましたが、西濃運輸だから他社と比べて1日程度遅れますと連絡してくれたら、30日の夕方待機をしなかったのですが。

 3. 30 ニューロッド 昨日歯医者の後に、釣具店に行きました。ある竿を探しているのです。
最近ではウナギ釣りに竿を3本使っています。その内の1本は、昔のグラスロッドで先を詰めています。そして、ただ1つのグラスロッドです(手作りのチヌ竿等は除く)。その竿に暇をやろうと以前から考えていました。
残りの2本の竿は長さが3.3mですので、同じ3.3mのカーボンの竿を探していたのです。カーボン竿と言っても高純度のカーボンでなくて、安物のカーボン竿で十分です。
所が、最近では3.3mの竿ってあまり作られていないのです。やっと見付けました。チョイ投げの竿です。

5月に入ると、ミミズ探しをしないといけませんね。

P.S. 遠投チヌ釣り用のウキの写真をウキの写真の部屋にアップしておきました。

 3. 29 歯が!! 私の前歯の1個はグラグラしていました。5年ほど前に隣の歯と接着剤でくっ付ける治療をしました。2年ほど前に接着剤が取れ掛けましたので、再度接着しました。
1っ昨日、接着剤が浮いてきたような気がしました。そしてアイスを食べていると、歯がぐらっと来たような気がしました。そして、歯を触っていると、歯が取れてしまいました。
以前のように接着して貰えるものと思って、歯医者に行きました。「もうこの歯は使えません。入れ歯を作りましょう」との事です。歯形を取り、来週末に入れ歯が出来るそうです。それまで、今までの歯を使った仮の入れ歯を大切に壊さないように使って下さいとの事です。
最近は、年に1回は歯医者に行くようになりました。そして、3、4回ほど歯医者に行くと、歯が1本無くなるようです。年ですね。

 3. 26 謎 自宅の前には側溝があります。側溝はコンクリートの蓋とグレーチングで覆われています。大きなものは側溝の中に入らないようになっています。
所が、グレーチング越しに木材が見えます。

私は腰を痛めていますし、状況を見てもらい市役所の方に現状認識して頂き、木材を取り除いて頂きました。

木材を側溝に入れるには、グレーチングを外してそこから木材を入れなければなりません。
女房は、グレーチングを外すなら、10mほど離れた材木捨て場に捨てるといいます。又、別の人は3mほど離れた川に捨てる方を選ぶといいます。共に、納得できる意見です。
すると、誰が、グレーチングを外して木材を捨てたのでしょうか? 謎です。

 3. 25 花見 岡山では少し早いかも知れませんが、花見です。
会場に向かう途中のモクレンです。

そして、会場の桜です。何とか間に合った感じです。

 3. 23 又スライドが見つかりました 300枚ほどです。フイルムは反っていてピントは合わないし、塵、カビで傷んでいます。救えるものだけ救うと言った感じです。
スライドが終わるとネガに取り掛かります。スライドは1度に3枚ずつスキャンしたのですが、ネガは1度に6枚ずつスキャンできますので、はかどることを期待しています。それにそれほど反っていないでしょうから。

 3. 21 フィルムスキャン 続々とスライドが現れています。

しかも、保存状態が悪くてスライドフレームの糊が緩んでいて、フイルムが平面の状態ではありません。まともにピントが合いません。アンシャープマスクを掛けるのですが、非常に面倒です。
今見つかっているスライドが終われば、物置探検をする予定ですが、もっと沢山出てきたらどうしようかと思っています。

 3. 12 昔のフィルム スライドプロジェクターは1年ほど前に壊れているのに気付き捨てました。昔のポジフィルム(スライド)が出て来ました。何が写っているのか調べると、家族の写真などです。捨てるのは忍びないので、フィルムスキャナーをオークションで手に入れました。
今日から、時間を見付けてスキャンしようと思っています。ポジフィルムが終われば、ネガフィルムもスキャンしようと思っています。

単なるスキャンではなく、取り込んだ後、残すものの選択、明るさ調節、ピント調整もしますので結構時間が掛かります。
今まで、これらのポジフィルムやネガフィルムは何年も手も触れてなかったのですが、スキャンしてパソコンに取り込んで置きますと、 もしかするとちょっとは手を触れるかも知れません。

 3. 11 妙林寺リベンジ 今日は児島瑚花回廊の河津桜祭りです。あそこの河津桜は少し遅いので、まだ早いと思います。先日行った時は少し早かった、妙林寺にリベンジに出掛けました。
参道では、長いレンズを付けたカメラを持った人が沢山います。変な雰囲気です。 桜は

そして、桜にはメジロが桜の蜜を吸いに来ていました。先ほどのカメラマン達はメジロを狙っている人達でした。

P.S. 今日は東日本大震災があった日です、合掌。TVでは震災各地の様子を伝えています。まだまだと言った感じですね。

 3. 9 「高額医療費の支給申請について」というハガキが届きました。
昨年の3月に「狭窄症」の手術を受けました。その時の保険適用の医療費は高額医療費の自己負担限度額の44,400円で済んでいます。それで終わっていると思っていました。
所が70歳を過ぎると、その月の他の医療費も合算して自己負担限度額の44,400円で済むそうです。要するに、他の医療費はタダになると言う事です。しかも、家族で合算できるそうです。但し、70歳未満ですと1診療科について、21,000円以上の医療費が合算対象になるそうです。
手紙が届きましたが、いくつか気になることがありましたので福祉事務所に相談に行きました。
1.確定申告を済ませ、医療費控除の関係で、3Kほど還付金を受け取っています。医療費控除の訂正が必要かと聞くと、所得税と高額医療費の控除は別の制度なので、「訂正は必要ない」との事でした。助かりました。
2.コルセットについては、医療補助費の対象で、福祉事務所に領収書を提出して8割の還付金を受け取っているいるので、領収書は無いと伝えると、探せば出てくるでしょうの事でした。さらに、半年程後に領収書の不要のハガキが届くそうなので、それを利用した方が良いとの事でした。
福祉事務所の話は参考になりました。半年程待って手続きをすることにします。

 3. 8 ウキ完成 ウキ作りの記事はまとめて「ウキ作りの部屋」にアップします。アップ後、1ヶ月ほどで「ウキ作りの記事」は削除します。

4.4 塗り続き 

次はキラキラ塗りです。キラキラ塗りはカシュー「黒」を塗り、直後に「マイラ―」を振り掛けます。カシュー「本透明」を塗り、砥がずに「本透明」を塗った後、砥ぎだします。
作業中にケミホタル取り付け用のビニールチューブを壊したので、絹糸で補修したものと乾燥中の写真です。回転乾燥台の両方にウキを刺して乾燥していますが、一方だけに刺し、反対側を回転乾燥台で支える方が良さそうです。反対側を支えないと、回転しない事があります。エポキシ塗料の乾燥を参考にして下さい。

続いて、蛍光塗料用の白の下塗り、蛍光塗料、コーティング用クリアー樹脂を塗ります。

4.4 塗り続き エポキシ塗料 

エポキシ塗料を使うのは初めてです。特徴を書いて置きます。
1.どちらかと言うと「厚めの塗料」である。乾燥後は硬質の塗料である。
2.A液とB液を同量混ぜ合わせる。A液の方が粘りがあるので、計量容器でB液を測り、後でA液を測ると良い。
  容器の洗浄は専用液があるがシンナーで大丈夫のようである。
3.乾燥に24時間掛かる。乾燥が遅いので、24時間の間、低速のシンクロモータなどで回転させる必要がある。
  今回は新しく、シンクロモータを使った回転台を作ったが、今までの回転乾燥台も工夫すれば使える事が分かった。
4.最初、専用薄め液で薄めずに塗って見たが、粘って塗り難かった(すぐに専用薄め液を買いに行きました)。
  A液:B液:薄め液=1:1:1で薄めた時は、薄め過ぎだと感じた。
  薄めるのは、A液:B液:薄め液=2:2:1程度までだと思う。 5.乾燥中、あるウキの軸が緩みそのウキだけ回転が止まっていて、塗料のつららが出来ていました。
  塗料を均しましたが、ダメでした。乾燥後、水ぺーパーで塗料を剥ぎ取りました。再塗装しました。
  さらに一部の塗料が下のウキに垂れていました。水ぺーパーで塗料を剥ぎ取る途中でウキを壊してしまいました。

エポキシ塗料の乾燥中です。今までの回転乾燥台でも乾燥させています。

上記5の失敗したウキです。パイプに軸を刺して回転させて砥ぎだしていた所、一ヶ所に力が掛かりパイプが捩じれたものです。 参考の為にカットして内部を調べています。

完成したウキです。キラキラ部分です。白線はカシュ―漆の白の濁っている部分を使ってしまったからです。カシュ―漆の白は注意しないといけないのです(白を薄めるのには、テレピン油とシンナーを半々に混ぜたものを使います)。白線が太くなったのは、先の傷んだ面想筆を使ったからです。調べると使っていない面想筆が10本以上ありました。傷んだ筆は捨てました。白線は錘負荷によって本数を変えたら良かったです。例:1本=8号負荷、2本=10号負荷、3本=12号負荷等。

簡単な回転ウキ受け(右側の部分)を作って置きました。今回作ったウキなら、これを使った方が楽です。5本まで作れます(今回は10本作りましたが、疲れました。1度に作るには5本程度が適当です)。

 3. 4 お出掛け 今日は暖かいとの予報が出ています。最近、寒かったのとウキ作りで引き篭もりがちでした。思い切ってお出掛けです。
そろそろ、河津桜が見られるのではと思って、妙林寺に出掛けました。岡山では最近児島瑚花回廊が売り出していますが、妙林寺はもっと古くから参道沿いに河津桜が植えられていました。
まず枝垂れ梅です。

河津桜は

少し早かったようです。後、1週間もすればもっと楽しめると思います。
まだ時間は早いので、次に行く所を考えます。備前片上の雛祭りに行こうかと思ったのですが、電車が出た直後のようです。今日が最終日だったので少し残念です。来年に行けたら良いですね。
久しぶりに、後楽園に行くことにしました。目的は梅です。そして、梅林は満開でした。10数匹のメジロが蜜を吸っていました。

久しぶりのお出掛けでした。

P.S. ウキは完成しています。その内、記事をアップします。

 2. 28 タビックス 今日で2月も終わりです。最近は少し暖かい日があります。
さて、一昨日のことです。申し込んでいたタビックスの旅費を振り込もうとすると、郵便局の振り込み用紙しか送られて来ていません。そして、「申し訳ありませんが振込手数料はお客さんの負担でお願いします」と書いてあります。
このままだと、私の負担金額は「パンフレット記載の旅費プラス+振込手数料」しか選択肢がありません。私はゆうちょダイレクトから(振込手数料無料で)振り込みたいと考えていました(月5回まで無料です)。
後で気付いたのですが、パンフレットに記載が無く、振り込む時点になって、振込手数料が必要だと言うのは許される事でしょうか。国民生活センターに持ち込むと面白いかも。
そこで、タビックス岡山支店に電話をしました。電話の対応が悪いです。まず、早口か何かで名前を問い直さないといけませんでした。 セールスか何かの迷惑電話と同じパターンでした。
次、旅行代金の振り込みに「手数料無料」の方法は無いのかについては、無いの答えです。「申し訳ありませんが」と書けば何でも許されると思っているのかと苛めても答えられるはずはありません。
次、WEB対応が遅れている事について: タビックスではWEBから旅行を申し込む事が出来ません。さらに、申込み状況や催行可能かどうかもWEBで確かめる事が出来ません。この事について問い質すと、「私も遅れている」と言います。遅れていると思うのなら、何かの行動を起こしたか聞くと、「思っている」だけだそうです。
さらに、パンフレットに申込み状況を色分けして記載していると言います。そんなの見ていません。それに10日以上前の状況で言葉は悪いですが「腐りかけた状況」です。
埒があかないので、「そちらに押しかける」と言うと、「どうぞ」といった感じです。普通は引きますがね。
支社に押しかけ、支店長に以下の文章を書かせました。わざと不鮮明に撮っています。

それにしても、支店ではお茶も出さなかったです。旅行代金は、記載されている口座番号に振り込むと宣言して帰宅しました。
あの支店長の感じでは、タビックスには良くならないですね。
その時は、別の旅行会社にすれば良いだけです。

 2. 25 ウキケース ウキ作りは続いています。手抜きですが、ウキを入れるケースも作っています。
まず、釣具店から透明のプラスチック製竿ケースを頂いてきます。一応釣り具を買った後、頼んでタダで頂きました。

ラベルが貼っていますので、それを剥がします。それを主にハサミを使って加工します。この作業で100均の台所ハサミは切れなくなりました。予備の台所ハサミは既に用意しています。

ケースに入れてウキを差し上げる予定ですので、少し余分に作っています。プラスチック製竿ケースはもう少し頂いていますので、必要なら追加工作は可能です。

 2. 20 観客1名 映画「不都合な真実2 放置された地球」を見に行きました。ドキュメンタリー作品としては異例のヒットを記録した2006年製作の環境ドキュメンタリー「不都合な真実」の第2弾。前作で地球環境問題の啓発に貢献したとしてノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領とともに、地球温暖化へ警鐘を鳴らした前作から10年の時を経た地球の「現実」を映し出していくものです。
上映時間ぎりぎりに入ったのですが、驚いた事に観客は1名でした。これには驚きました。

 2. 18 危なかった パソコンの起動中、うっかりして再度起動ボタンを押してしまいました。
再度起動ボタンを押したことに気付き、再々度起動ボタンを押しました。しばらくして、Windows起動に失敗しましたとのメッセージが出ました。
さらに、修復中とのメッセージです。
以前、このメッセージが出てから、続いて修復に失敗しましたとのメッセージが出て、パソコンが壊れた事があります。

修復中のメッセージが出てから、パソコンは黙ったままです。ディスプレイの修復の中止を選択しましたが、中止は出来ないとのメッセージが出ます。
しばらくして、再度、修復の中止を選択しましたが、やはり中止は出来ないとのメッセージです。
やがて、ハードディスクへのアクセスを示すランプが点滅します。30分程経過後、パソコンを再起動中とのメッセージが出ます。
そして、Windowsが起動できました。「中止は出来ない」とのメッセージの時に、強制的に電源を落として、Windows7のDVDから修復しようかとも考えたのですが、我慢していて良かったです。危なかったです。そして、起動ボタンの2度押しも危なかったです。

 2. 15 ウキ削り 

ウキ作りは続いています。

4.塗り

4.1 下塗り 

下塗りにはカシュー漆の「透き」を使います。
手抜きして、回転させながら塗ったままにしていると、斑が取れませんでした。

次回からは、回転させながら塗り、さらに縦に均しておきます。

乾燥後、研ぎだします。

4.2 (電子)ケミホタル50の取り付け 

夜間の釣りの時は、(電子)ケミホタル50を使います。取り付け方法は、ケミホタルに付属のビニールチューブを埋め込むだけです。これが難しい。
下塗りは3回の予定です。2回目の下塗りが終わった時点で、ビニールチューブを埋め込みます。 まず、ケミホタル37(又は38)に付属のビニールチューブにケミホタル37(又は38)を刺しこみ接着剤で固定します。

適当な長さに切り、ケミホタル50付属のビニールチューブの下部に差し込みます。埋め込む部分の補強です。

ウキの方の部分にビニールチューブを入れる穴を開けます。電ドルで小さめの穴を開け、その後彫刻刀で整えます。削り出したウキは少し肩がなだらかです(私の癖です)。もう少し、肩が張っている方が良かったかも知れません。

ビニールチューブを刺しこみ、接着剤で固定します。

4.3 ハトメの取り付け 

山陰で自作のウキを見せて貰った時、ハトメは必ず入れなさいとアドバイス頂きました。ハトメは通販で購入しています。 ハトメ2x4又はハトメ2x5を使います。上下にハトメを入れ、接着剤で固定します。接着剤はScotchのスーパー多用途接着剤が良さそうです。

反省点:ハトメは最後に付けるのが良い。ウキを回転させる時(軸を刺し込む)にハトメの部分だけに力が掛かり、ハトメが取れることが何回かあった。この時や、この後の作業で軸のパイプがあった方が良い場合があった。又、軸のパイプは長めに出して置いた方が良い。

 2. 13 ワックス掛け  数年前に古いワックスを剥がしました。大変な作業で辛かったです。ワックスを剥がした直後は、年に4回ワックス掛けをしていたのですが、やがて年3回になり、年2回になりました。
何とか、2月、8月の、年2回のワックス掛けを維持したいと考えています。で、今日はそのワックス掛けの日です。
2月と8月に決めたのは、一番暇な月だからです。次は、8月です。

 2. 10 自炊  釣り雑誌の自炊です。

本棚が少しだけ広くなりました。

 2. 9 溝掃除  この日は数日来の冷え込みも和らぐとの予報です。1年に1回の溝掃除を予定していました。1時間と少しですが、溝掃除が終わると腰と腕が痛いです。

 2. 7 株価  2月に入った途端、日経平均株価が暴落しています。昨日までの3日間で約2,000円ほど下げています。今日は昨日の値下がり分1,100円の半分ほど戻したと思っていたら、結局30円ほど高で、ほとんど戻していません。
今回の暴落で、私の含み益は半分になりました。昨年の5,6,7月に掛けて、含み益のある株と含み損のある株を組み合わせて処分し、ほぼプラス・マイマス0に調整しました。
その後、清算したお金を使って、見込みが有りそうな株や、配当の多い株に少しだけ投資して置きました。今回の暴落で、正月以降の儲けが吹っ飛んだ感じです。一時は、含み益のある株ばかりになり(含み損のある株は無し)、ちょっと調整する時に困る状態でした。
含み益が半分になりましたが、これ以上下がらなければ良いと言った感じです。
お願いだから、これ以上下がらないで。

 2. 6 ボケ  ウキを削り出しています。浮力のテストは風呂で行っていました。
竿ケースを使って浮力テストが出来ないかと適当な物を探していました。そして見付けました。

ヘラウキの浮力テストに使っていたもので、20年以上前のものです。中にヘラウキに使う「ススキの穂」を入れていました。 すっかり忘れていました。ボケていますね。

 2. 4 ウキ削り 

3.削り

3.1 試し削り 

発泡スチロールの丸棒は長さ21pまで咥える事が出来るようになりました。咥えて回転させると

センターが出ていなくて、ブレています。説明書にはセンター穴は目安で、センターを保証するものでは無いと記載されています。
このブレを取るには、もっと太い発泡スチロール(φ25o)を使ってブレを全て削り取らないといけません。
今回は、軽くブレを取って削り出しました。硬質の発砲スチロールは固くて、削るのに苦労します。軟質の発砲スチロールを使っている人もいるそうですが、頷けます。

後、風呂場で10号の錘を付けて浮力を調べた所、水面から2pほどしか出ません。10号の錘には合いません。もう少し削れば8号の錘に合うと思います。

3.2 削り 

φ20oの硬質の発砲スチロールのブレを取ろうと頑張ってみました。すると、中に通しているパイプが割れてしまいました。旋盤を使って削り出すのは無理のようです。旋盤のテーパー付きの受け金具は無駄になりました。何かに使えるでしょう。
後で記述する方法でφ20mmの発砲スチロールを削り出して見ました。上がφ25mmの発砲スチロールから削り出したもの、下がφ20mmの発砲スチロールから削り出したものです。φ20mmの発砲スチロールは8号の錘に耐えられませんでした。

φ25oの発泡スチロール丸棒を使うことに決めました。長さは20pにします(後で21pにした方が良い事が分かりました)。

発泡スチロールと透明パイプとの接着剤は、ポリプロピレンが接着できるコニシ-プラッチック用-ボンドGRクリアーとエポキシ2液混合タイプがあります。接着力自体はGRクリアーの方が適していそうですが、揮発性ですので発泡スチロールの中央部分は接着できていません。エポキシ系は中央部分も接着できています。エポキシ系を使うことにします。

次に、φ3mmのステンレス棒で中央の穴を広げます。

穴あき硬質発泡スチロールに添付のパイプを通します。削る時は、さらにφ2mmのステンレス棒を通します。

硬質発泡スチロールは本当に固いので、表面の特に固い部分をカッターで削って置きます。

削るのは、ウキ製作用のモーターを使います。手もとは手で支えます。

削る刃物はOLFAの細工用のカッターを使います。硬質発泡スチロールは本当に固いので、カッターの刃を3〜4枚使います。予備の刃は十分用意して置きます。

カッターで形を整えた後、さらにペーパー(主に水ペーパー)で形を整えます。
大体、1本削るのに1時間ほど掛かりました。微調整は残っていますが、10本削り終えました。

微調整後、塗りの工程に入ります。