谷中和志司法書士事務所 浜松版U

 静岡県浜松市西舞阪西市新居町〜湖西市・豊橋市

旧・谷中和志司法書士事務所 浜松版U/静岡県浜松市西区


新しいサイトです。

谷中和志司法書士事務所 浜松版U

デザインは同じですが、出来栄えが違います。

文章はすべて新しく書き直しています。


【浜松市西区舞阪〜湖西市新居町】 

【蒲郡市用ページ】



浜松版U【湖西用】(ynk06/1-A2)
「浜松市西区舞阪町で撮影しました」 画像7
浜松市西区舞阪町にて」H25夏


相続放棄・期間伸長・遺言書検認・特別代理人・成年後見

蒲郡市用

遺言書検認

遺言書検認とは

「遺言書を家庭裁判所に提出し、家庭裁判所が遺言書を開封・確認する手続です。」

 遺言書の保管者や遺言書の発見者は、遺言書が自筆証書遺言書の場合には、これを家庭裁判所に提出して検認を受ける必要があります。封印されている遺言書は必ず家庭裁判所で開封してもらう必要があります。そして、家庭裁判所はその遺言書を開封・確認することにより、その遺言書の有効・無効を判断します。


特別代理人

特別代理人とは

「子の代理人となる親権者である父母と子の利益とが相反する場合等における子の代理人です。」

 未成年子の子はまだ判断能力が不十分のため、多くの場合において親権者である父母の同意や代理を必要とします。しかし、子と父母の利益が相反する場合において父母が子を代理すると父母が利益を得る半面、子が不利益を被るおそれがあるため、このような場合には、家庭裁判所に対して特別代理人の選任を申し立てる必要があります。子と父母の利益が相反する場合のよくある例としては、父または母の一方が亡くなった場合における遺産分割協議がこれに当たります。


成年後見

成年後見とは

「認知症等により判断能力が不十分な人を援助するために、そのための代理人(成年後見人)を選任する手続です。」

 成年後見には二種類あります。法定後見と任意後見です。一般的に「成年後見」と言えば法定後見がこれに当たります。さらに、法定後見には後見される人の精神状態に応じて三種類あります。後見と保佐と補助です。成年後見人は家庭裁判所により選任されるのため、成年後見人が必要になった場合には、家庭裁判所に対して成年後見人の選任の申立てを行う必要があります。


相続放棄

相続放棄とは

「相続財産を相続せず放棄することにより、一切の相続財産を相続しない手続です。」

 相続が発生した場合には、相続人は相続財産に対して「承認」「放棄」「限定承認」の手続を行うことになります。このうちの「放棄」が相続放棄です。相続放棄は相続があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に対して申述の手続を行う必要があります。


期間伸長


期間伸長とは

「相続放棄の期間を延長する手続です。」

 相続放棄は相続があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に対して申述の手続を行う必要がありますが、諸事情により必ずしも3ヶ月以内に申述できない場合もあります。このような場合には家庭裁判所に対して申立てを行うことにより、期間の伸ばす必要があります。


蒲郡市を管轄とする官庁は以下のとおりです。
 蒲郡市の不動産登記
  蒲郡市内の不動産について登記申請する際の管轄法務局

  名古屋法務局豊川出張所

   (愛知県豊川市金屋西町3−3)

 蒲郡市の商業登記
  蒲郡市内の会社について登記申請する際の管轄法務局

  名古屋法務局岡崎支局

   (愛知県岡崎市羽根町字北乾地50−1)

 蒲郡市の裁判業務
  住所地が蒲郡市の場合の簡易裁判所の管轄

  豊橋簡易裁判所

   (愛知県豊橋市大国町110)




谷中和志司法書士事務所

谷中和志司法書士事務所は静岡県浜松市西区舞阪町の司法書士事務所です。
静岡県浜松市西区舞阪町舞阪141番地/053−592−3113

蒲郡市用


豊橋市・豊川市・田原市・蒲郡市・新城市

湖西市の向こうは豊橋市・東三河(豊川・田原・蒲郡・新城)




湖西市・蒲郡市

 「湖西市」用司法書士事務所ホームページ
「浜松市西区舞阪町で撮影しました」 画像2
浜松市西区舞阪町にて」H25夏

 谷中和志司法書士事務所
 司法書士 谷中和志(やなか かずし)
 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪141番地
 静岡県司法書士会所属
HP/浜松版U藤枝版豊橋版焼津版浜松板舞阪版
浜松版U【湖西用】(ynk06/1-A2)


ページ先頭へ  浜松版U・トップ 蒲郡市のページ