奇術バカ一代。跡地

著者近影
===奇術バカ一代。跡地 へ ようこそ。===

 

 跡地にしました。
 
 
 00年代も終わり、そろそろ、過去の精算をせねばということで、長きにわたり公開していた過去恥部テキストの数々を無くすことにしました。

 20代前半、色々な人に刃を向け、怒りを買い、失笑を貰ったりなんだりしておりました。今、30代前半もそろそろ終わりかけておりますが、あの頃の失笑をしていた皆さんの気持ちがよくわかります。

 いやーなんつうかねー。20代前半って、世間知らずゆえの行動をとりがちなんだなと。それが良いと言えば良いんだけど。

・・・今の自分の気持ちが当時、怒っていたり、2ちゃんで氏ねとか言っていた人の気持ちなんでしょうな。↑で言っているのは、昔の自分も当然当てはまります。

 40代になったらなったで、今の自分の行動を反省するんだろうけども。

 人生、そんなことの繰り返しなのかもしれません。

 
 そんなことはさておき、アーカイブスにして4,5年。↑の反省や懺悔などを込めた恥さらし公開もそろそろ良いかな。。ということで、跡地にしました

             -----------

 「たなかまさのぶ」は10代後半、奇術界隈で受けた仕打ちが生んだキャラでした。奇術は好きでしたが、あの頃(93-97)、奇術界隈で色々と嫌な思いを寂しい思いを何度か経験してます。せっかく、バイトして貯めたお金を出しても大した恩恵が受けられず、どれもこれも高く。FISM横浜に行けたのは奇跡だったなと。(それを考えると今の環境はスゴイ。ビデオは当時の1/4〜1/5程度の金額だったり、youtube等で検索すれば、いつでもマジックを見ることができるし)

 「受けた仕打ちについてはどこかで言いたい。。。」

 そうして、立ち上げた、川崎頑固一徹汰那迦堂であり、奇術バカ一代。でした。受けた仕打ちについては、各記事の一部になっていたと思います。

 その延長で毒舌キャラになったということで。

 言った事や記事、当時の行動など、今振り返れば恥ずかしい事ばかりですが、その代わりに知人友人もそれなりに得ることが出来、また、直接話が出来るなんて想像できなかった奇術有名人の方々と話をする機会が持てたりなど、後悔もあれば、嬉しいことも結構多く。サイト運営の結果としては最終的にはプラスだったかなと感じてます。

             -----------

 奇術バカ一代。一連の各記事について、電子書籍の形態で「よりぬき奇術バカ一代。1998〜2010」というものにまとめました。110円です。奇術バカ一代。以前のテキストや印刷物から、テジトロニカ。終了以降の文章の中からピックアップして編集しています。以前、ウェブで公開していたものを中心に大部分は無料で読むことも出来ます。
※売上の全ては東日本大震災の義援金となります。

ブクログのパブー

「よりぬき奇術バカ一代。」

http://p.booklog.jp/book/25190

それでは、また、どこかでお会い致しましょう。


2011年5月7日

元たなかまさのぶ


 コミケに出展することになりました。3日目 日曜日 東2ホール“Q”ブロック−45b 「日本奇術製作所」メインはBee君との合同誌です。詳細についてはコチラのブログを御参照ください。http://magicalworks.blogspot.com/2011/08/q.html 今のところ、手売り以外方法が無いので、ご興味ある方は有明のビックサイトまで!


2011年8月4日

元たなかまさのぶ