平成21年05月16日(土) 07:56pm(日本時間)
■ 千島桜 ■
おばんです、皆さん。  随分と長い間ご無沙汰していましたが、皆さんは、お元気だった事と思います。  今夜は、久しぶりに更新します。  それと言うのも是非皆さんにお見せしたい写真があるからです。
数日前私の同級生が私を誘い出してくれました。  我が町のCityから5〜6kmほどの距離だと思いますが、原野を公園風に手入れした場所があります。  そこには、千島桜が咲いていました。  5月と言うのにもう桜が咲くのです。  世が世なら、桜は、6月と相場が決まっていたはずです。  ところが最近は、5月に桜が咲くのです。  勿論、内地と比較してはいけません。  ここは、内地とは完全に気候の異なる北海道の道東です。
この直ぐ下の写真が千島桜です。  千島桜は、とても背が低いです。  大人でも、せいぜい2m程度です。
千島桜
下の写真は、千島桜が咲いている公園です(原生公園と言うべきかも知れません)。  草の緑が余り鮮やかに非ず。  とても寂しく厳しい感じがする原野です。  人の心も自然と静かに沈黙に向かいそうです。
千島桜が咲く原野の公園
下の写真は、千島桜の接近画像です。  この写真だけ、クリックすると拡大画像が別窓で開きます。  拡大画像を見れば、千島桜の細かい部分も見れると思います。
千島桜の接近画像
下の写真は、通称「蛇の枕」と呼ばれる花です。  何故、蛇の枕なのか・・?  その名前の由来は、知りません。  一般的には、水芭蕉と呼ばれると思います。  湿地帯に昔から良く咲いていました。  今も昔と変わらず、湿地帯に咲いていてホットしました。  何と言っても昔と変わらない事が何よりも安心します。
蛇の枕 水芭蕉
これから、どれだけ頻繁に更新出来るか分かりませんが、徐々に復調していくに従い以前のように毎日のように執筆したいと願っています。  今宵があなたに取りまして素敵な土曜の夜になる事を願っています。

[ニュージーランドドリームホーム]

ここをクリックすると又、トップページが表示されます。 何故こんな意味の無いようなリンクをここに設定したかと言うと、 何かの検索で、たまたまこの気まぐれ草紙の中に紛れ込んだら出口が無くなってしまうからです。 滅多にそんなことは無いはずですが、安全の為に非常口として出口を作って有ります。 でもこのトップページの中のインラインフレームでこのコラムを読む分には、なんらお変しい事は、 有りませんがいきなり外からこのインラインフレームの中に紛れ込んだら、四次元の世界に紛れ込んだような、 混乱に陥るでしょうね?
あは (●^o^●)

[気まぐれ草紙古文書館]

ここをクリックすると「気まぐれ草紙」の過去の記事をまとめてある別のページへ行きます。 多くの読者からのご要望にお応えして作成しました(若干約1名の方からの希望です)。 楽しい記事が溢れていますよ〜(?)。 過激で辟易する記事もあるかものはし・・・?