ホーム   >   ニュージーランドについて   >   日々不安   >   ニュージーランドの治安

当ページの設置日 : 平成17年02月16日(水)

ニュージーランドの治安 / 日々不安
ニュージーランドは、危険な国です。
一般的には、ニュージーランドは、比較的安全な国と言われています。  しかし、その考えは、忘れた方が無難です。  安全かどうかと言うのは、犯罪発生率、犯人検挙率、犯罪種類などのデータを列挙しなければ具体的説得力に欠けます。  残念ながら、今私はそれを持ち合わせておりませんので、ここでは、フィーリングでお話します。
【平成20年01月02日(水)追記】
犯罪率や検挙率に関する数値はこちらを参照下さい →  「外務省 ニュージーランドと日本の犯罪総数比較」
私は、今まで色んな国へ行きました。  東南アジア、アメリカ、カナダ、西ヨーロッパの殆どの国、南アフリカ、ジンバブウェ、豪州、ニュージーランドを訪れた事があります。  数日訪れただけでは、確かな事は分かりません。  今まで住んだ事のある国は、日本、シンガポール、ニュージーランドの3ヶ国です。  この3ヶ国の中では、ニュージーランドは、一番危険だと言う印象を持っています。  しかし、アフリカやアメリカ(アメリカは、広いので場所に寄って大きく違うと思いますが)などに比較するとニュージーランドは、安全だと感じています。
2004年9月29日に私は、車上荒しに遭いました。  その辺の詳細に関しては、このHPの姉妹編の気まぐれ草紙2004年9月30日の 「塞翁が馬」に書きましたので若し、興味がありましたら、お読み下さい。  ニュージーランドでは、殺人などの凶悪犯罪は、それ程、多いと言う感じがしません。  しかし、こそ泥や車上荒しなどは、それこそ日常茶飯事です。  強姦(Rape = レイプ)も多いです。  強姦殺人で殺された日本人女性も居ます。
一軒家を所有している人や車を持っている人は、殆どが泥棒の被害に遭っています。  狙われるのは、主に比較的貧しい家や車です。  金持ちの家や立派な車は、安全対策がかなり強固に装備されています。  中流以上の家では、殆どが安全警報装置(Security Alarm)を設置していますし、高級車も同様です。  ですから泥棒は、金持ちを狙いたくても狙えません。  それ故に、致し方なく、下層階級を狙う事になります。  その被害者の一人が私です。
恥ずかしいですが、私の車は、安全装置を付けていませんでした。  私が車上荒しに遭った場所は、Custums Streetと言うCity(町の中心街の事)の交通量の多い場所で、午前11時過ぎ、ほんの10分程の間にやられました。  実に馬鹿でしたが、車の後部座席にアタッシュケースを置いたまま急いで車から降りました。  道路上のメーターパーキングで駐車していました。  普段は、アタッシュケースを必ずトランクに入れて、車から離れていましたが、その時は・・・。  事故に遭う時と言うのは、こう言うものです。  しかし、たまたま後部座席にアタッシュケースを置いたまま車を出たそのほんの短い間、それも交通量の多い昼近くに車上荒しに遭うと言うことは、隙があれば、必ずやれらると思われる程、高い確率だと思います。
又、家に泥棒が入ると言う事も日常茶飯事です。  私の知り合いでも泥棒に入られている人が沢山居ます。  車上荒しも家に入る泥棒も逮捕される事は、殆どありません。  泥棒の被害に遭った話は、良く聞きますが、泥棒が捕まったと言う話は、聞いたことがありません。
強姦も多いです。  最近は、レイプと言う言葉を使うので何となく柔らかい印象を受けますが、日本語で言うと強姦です。  強姦の場合は、殺される可能性が高くなります。  1998年9月に日本人の若い女性、Kayo MatsuzawaさんがオークランドのCityのビルの中から死体となって発見されました。  強姦殺人でしたが、犯人は未だに捕まっていません。  麻薬などは、若い人などが平気で良くやっているようですが実態は分かりません。
日本でも最近は、犯罪が増えているようです。  最近の日本は、危ないと言う声も良く聞きます。  しかし、日本では、自分の身近なところで被害に遭ったと言う声は、余り聞かないのではないでしょうか?  オークランドでは、身近なところで泥棒や強姦の被害に遭ったと言う話を日常的に耳にします。  データではなくフィーリングで話すと説得力に欠けますが、具体例は、データよりも実感があります。  日本から来た観光客の様子などを見るとその無防備さに驚く事が良くあります。  やはり安全な国から来た人達だと思います。  財布を手に持って札が人から見えるようにして、平気でその状態で居ます。  そう言う姿を見ると私は、冷や冷やします。  頼むから、財布を直ぐ閉まってくれ〜! と言いたいのですが、黙って見ています。  そこで私が見知らぬ日本人の観光客に警告したら、仇となりこちらが不審者として疑われます。
危ない危ないと危険を大げさに煽るのは良くありません。  それと同様に、安全だ安全だと実態以上に安全を強調するのも良くありません。  適切なのは、実情を認識しその実情に合った対策と意識を持つ事です。  私が感じるところでは、日本では、ニュージーランドを実態以上に安全と捉えているように思われます。  それ故に、冒頭の赤い字でちょっと脅かしました。  でも日本人の場合は、無防備な人が多いのでちょっと強めに警告して丁度良いと思います。  あなたのニュージーランド滞在が安全で楽しくなる事を切に願っています。  私もこれからは、充分に注意します。
以下具体的な安全対策を思いつくまま列挙します :
  • 車には、警報装置を取り付ける。
  • 車には、金目のものを置いておかない。 特に座席に鞄などを置いて車を離れる事は禁物!
  • 車には、車自体の保険と同時に品物の盗難保険も掛ける。
  • 家には、警報装置を取り付ける。
  • 家には、家自体の保険と同時に家財道具の盗難保険も掛ける。
  • 夜、盛り場の飲み屋のトイレに女性が一人で行かない。
  • 財布やお金を人前でさらす時間を出来るだけ短く抑える。
  • 夜、女性の一人歩きはしない。
  • 手提げバッグや身の回り品から目を離さない。
余りにも当たり前すぎる内容になってしまいましたが、あなたのニュージーランド滞在が安全で有意義である事を願っています。
【2005年10月14日追記】
ここに日本国外務省海外安全ホームページの一部を抜粋して紹介致します。  ニュージーランドの強姦事件の発生率は、日本の28倍と言う数字などを見るとやや引くかも知れませんが現実ですのでしっかりと把握してください。  あなたを怖がらせる事が目的ではありません。  しっかりと現実を見据えて安全で楽しいニュージーランド渡航を果たすのがこのページの目的です。  客観的事実を冷静に捉えそれに対処する心構えを持ってニュージーランドへいらしてください。  そうすれば楽しく安全なニュージーランド滞在が実現します。
● 犯罪発生状況、防犯対策
  1. ニュージーランドは一般的に安全な国というイメージがあり、ついつい警戒心も緩みがちですが、「安全」に関して言えば、殺人、強盗、強姦、誘拐、詐欺、窃盗、薬物等といった犯罪や山岳、海難、交通にかかる事故に遭遇する旅行者の例が複数報告されています。 また、窃盗事件は日常的に発生しており、多くの日本人も被害に遭っています。特に旅券や財布等の貴重品の入ったバッグが盗難被害に遭う日本人が多数報告されていますので注意して下さい。  なお、ニュージーランドは、多種多様の人種で構成されている国であることを念頭に置いて行動することも必要です。
  2. 最近の犯罪事例(外国人旅行者(日本人を含む)が被害者になった事例)
    1. オークランド、ウエリントン、クライストチャーチ、タウランガ、ワンガヌイ、ハミルトン、タウポ等で強盗事件やひったくり事件が発生しています。
    2. オークランド、ウエリントンでは身代金目的の誘拐事件が発生しています。
    3. 全国的に性犯罪が多発し、警察統計では、強姦事件の発生件数は日本の約28倍に上ります。 2004年中の事例を見ると、ロトルア(公園付近や湖畔遊歩道付近で複数発生)での事件をはじめ、オークランド(マウント・イーデンやグレイライン)、ワンガレイ、ギスボーン、ウエリントン(市内及び郊外)、オタキビーチ、クライストチャーチ(公園付近)、ダニーデン(植物園)、ワンガレイ等で強姦事件が発生しています。 ウエリントン市内では、夕刻、公衆便所を利用しようとした女子学生が強姦の被害に遭い、またオークランドでは、タクシーの乗客が運転手に強姦される事件が発生しています。 その他にもオークランドやウエリントン、クライストチャーチ、ロトルア等の都市部では、若い女性が、飲食店等で知り合った男性から飲食物を勧められ口にした後、昏睡状態に陥り(薬物混入)、強姦された上でカードや現金等を盗み取られるという被害も発生しています。 警察では、特にバー等で見知らぬ人間から酒を勧められるときは注意が必要であると警告しています。
    4. ウェリントンでは、語学留学中の日本人女性が、専門学校で知り合いになった外国人男性に、自分は航空券の会員割引を利用できるので格安のチケットをインターネットで購入できる等と持ちかけられ、クレジット番号を入力する際、相手方に暗証番号を盗み取られ、知らない間に多額の商品購入に使用された事件が発生しています。
    5. ウエリントン、ロトルアでは、駐車中の車の窓ガラスが割られ、またはドアをこじ開けられてカーステレオ、コンピューター、その他貴重品等が盗まれる車上狙いも発生しています。
    6. オークランドやクライストチャーチ等の観光地では、ツアー旅行者の盗難被害が多数発生しています。 「観光バスから降りて観光している間に車内に置いたバッグが盗まれた(観光客の一行に紛れてバスの中に侵入し、金目の物を盗んで逃げる手口)」「レストランで食事中に椅子にかけておいたバッグが盗まれた」「ダンスをしている間にテーブルに残しておいたバッグが盗まれた」「空港やホテルで喫煙やトイレのためちょっと荷物から目を離した隙に盗難被害に遭った」といった窃盗犯罪です。
    7. 家族や友人と旅行するモーターキャンプ(車で移動するキャンピングバン)での窃盗事件が発生しています。駐車中に現金、カード、CDプレーヤー等が盗難被害に遭っています。
    8. 旅行中に旅券を紛失又は盗難被害に遭われる方が増えています。 紛失又は盗まれた旅券は、様々なルートで世界各地に送られ重大犯罪に使用される恐れがあります。 また、滞在許可の申請等で、関係機関に旅券を提出する際に、宅配業者や郵便を利用し旅券を紛失したケースや留学先の学校に預け、その所在が解らなくなるケースも発生しています。 旅券は自分の責任においてしっかり管理して下さい。
    9. 1998年には、オークランドにおいて、ワーキング・ホリデー制度を利用して旅行していた日本人女性が殺害され、遺体で発見されました。2004年9月には、クライストチャーチの日本人留学生が、変死体で発見される事件も発生しています。 この他にも、語学留学やワーキング・ホリデー中、アルバイト先やホームステイ先で暴行の被害や猥褻被害に遭った事案が報告されています。
    10. クライストチャーチ、ダニーデン等南島では日本人旅行者の交通死傷事故が複数発生しています。
    11. 国内全般に薬物犯罪が急増しており、特に「P」と呼ばれる薬物(純粋メタンフェタミン)の使用が問題になっています。 過量服用による死亡事案、救急病棟に運び込まれる患者等が増加し、また薬物に絡む殺人、暴行、強盗、傷害、窃盗事件等凶悪犯罪も増えています。 オークランドやウェリントン、クライストチャーチ等のナイトクラブでも麻薬の勧誘事案が報告されています。
    12. ニュージーランド最大の都市オークランドは、観光都市である反面、低所得者住民が多いため治安は国内で最も悪いと言えます。 特にオークランド市内のケー・ロード、フォートストリート等の繁華街は、地元の住民ですら注意すると言われるほど治安が悪いため、特に夜間の立入り、日中でも一人歩きは避けた方が良いでしょう。
  3. 防犯対策  上記の例からも分かるとおり、ニュージーランドは日本と同様に安全なところであるとの油断は禁物です。 一般的に日本人旅行者は「他の地域からの旅行者よりも現金を多く持ち歩いている」「犯罪被害が発生しても警察へ通報しない」等のイメージがあります。これからニュージーランドに旅行を計画される方、若しくは現在滞在中の方は、次のような心構えと防犯対策を講じて、安全で楽しい旅行を行って下さい。
    1. ワーキング・ホリデーで一時的に仕事に就きながら国内を巡る場合、また通常の旅行(短期間)の場合も、旅行日程はあらかじめ家族に報告し、また定期的に家族等に連絡するなど、常に自分の所在を明らかにしておくよう心がけて下さい。 特に3ヶ月以上の長期滞在の場合は、必ず日本大使館か最寄りの総領事館、駐在官事務所に在留届を提出して下さい。
    2. 旅券や現金、カード等の貴重品は必ず身に着けて行動して下さい。 また、必要以上の現金は持ち歩かないようにして下さい。 外出中のホテルの部屋で、鍵の掛かるアタッシュケース等に入れておいたとしても安全とは言えません。 ホテルに残しておく場合でも、セーフティーボックス(金庫)を利用することをお勧めします。
    3. ホテル等に滞在している際に来訪者があった場合は、身分や用件等をよく確認し、極力見知らぬ人は自室に入れないようにして下さい。 また、外出、就寝の際は、必ずホテルの部屋の入口ドア、窓、ベランダ等の施錠を確認して下さい。
    4. バックパッカーズ(バックパッカー向けの宿泊施設)は、旅行者に人気がありますが、貴重品等の盗難被害が多数発生しています。 バックパッカーズは宿泊費が安い分、安全面についてはやや問題があります。 モーテル、B&B、ホームステイ等のしっかりした宿泊施設に投宿することをお勧めします。 なお、バックパッカーズを利用される場合は、所持品の管理には特に注意を払ってく下さい。
    5. 車を離れる時や観光バスから降りる際は、車内に手荷物を放置しないで下さい。 特に貴重品(パスポート、現金、カード、カメラ、ビデオ等)は必ず身に着けて行動して下さい。 また、路上での長時間の駐車は避け、ほんの数分というような短時間であっても、車のドア、窓、トランクに鍵を掛け、できるだけ監視員のいる明るいところを利用するよう心がけて下さい。 現地警察も、観光地を訪れ、車を駐車する際は、貴重品を車内に残さないように注意してほしいと呼びかけています。
    6. 手荷物等の所持品は、たえず自分の管理下に置き、目を離さないで下さい。 特に空港やホテルのロビー、レストランでの食事中、観光に夢中になっている時等は注意が必要です。
    7. 滞在中、麻薬の使用や購入を持ちかけられた場合は、絶対に話に乗らないで下さい。 そのような店や場所からは、速やかに離れるように努めて下さい。
    8. 現在までのところ、ニュージーランドでは日本人に対するテロの脅威は低いと思われますが、海外情勢は常に変化します。 海外に渡航される場合は、外務省、渡航先大使館や領事館、政府観光局、新聞、テレビ、インターネット等で最新の情報を入手して下さい。
    9. 夜間の外出、女性の一人歩き、また一見して危険な雰囲気の場所への立入りなどは極力避けて下さい。 深夜に一人でタクシーを利用したり、人通りの少ない公園や公衆便所等に立ち寄ることは避けた方が良いと思われます。
    10. 現地で知り合った人(ニュージーランド以外の人も含む)に誘われても安易について行かない、また飲食物を勧められても安易に口にしないようにして下さい。 旅先で現地の人たちと知り合いになることは旅の醍醐味ではありますが、無防備な接近は危険を伴います。 飲食物に睡眠薬を入れられて強盗や強姦被害に遭う例もあります。 警察は、性犯罪には酒が最もよく絡んでいることを女性はもっと認識すべきだと呼びかけています。
    11. 親しくなっても、金銭の貸し借りは慎重に行って下さい。 また、クレジットカードの暗証番号も不用意に相手に教えたり、知られないように注意して下さい。
    12. ニュージーランドに長期滞在するために住居を賃借する場合は、事前によく情報収集をして、周囲の環境を十分検討した上で、安全な地区を選ぶことが大切です。
    13. 多くの家庭が休暇で留守にしがちなクリスマスや年末年始等は、毎年、窃盗目的の住居侵入事件が増加するので注意が必要です。 戸締まり、室内灯、屋外灯、警報装置等を有効に活用するとともに、親しい友人や隣人に郵便受けを見てもらう等の工夫や、万が一の場合に備えて、貴重品や現金の保管場所を分散する等を検討して下さい。
    14. 犯罪被害に遭った場合は、速やかに現地の警察に届け出て下さい(末尾の緊急連絡先参照)。
    15. 旅行する前に、もしもの時に備えて、緊急連絡先(大使館、総領事館、駐在官事務所、警察、救急車、救急病院、宿泊ホテル)及び旅券番号等のリストを作って携行しましょう。
● 緊急時の連絡先
◎緊急通報センター(警察・救急車・消防共通):TEL 111
◎在ニュージーランド日本国大使館 :TEL (04)473-1540
◎在クライストチャーチ駐在官事務所:TEL (03)366-5680
◎在オークランド日本国総領事館   :TEL (09)303-4106
日本国外務省海外安全情報(ニュージーランド用)の最新版は
「海外安全情報 ニュージーランド」 を参照下さい。