GLASS ART & GALLERY
Art-501

Glass engraving - ガラス彫刻 グラス、額、ペーパーウエイトなど
ダイヤモンド・ポイント彫刻  ライン-線刻 & スティップル-点刻
ドリル彫刻             
サテン・エフェクト彫刻
   
Stained glass - ステンドグラス ランプ、箱
Picture - 絵 画 イラスト、ポートレートなど


2013年 国内グループ展:◎3月5日(火)〜10日(日) 目黒区美術館・区民ギャラリー『Glass Appeal 2013展』          
             ◎3月7日(木)〜17日(日) アートガーデンかわさき『川崎ガラス工芸作家・教室(仮称)展』参加       
               ◎5月29日(木)〜6月9日(日) 福島市 おおつき画廊『淺原千代治とその仲間達展』                  
◎『秋彩展』ー 東京都有形文化財・小机邸にて、作家6人の作品展 ー                             
      10月11日(金)〜16日(水)午前11時〜午後5時30分(最終日:4時)                            
        布と綿の人形:岩井咲都乃 ガラス彫刻 他:桔田明実 金繕い 他:木村朋 トンボ玉:佐瀬智恵子 織:前田邦子 陶:八木下裕 
    東京都あきる野市三内490 電話042-596-0068/4158             
            電車:JR五日市線「武蔵五日市」駅下車10分 車:圏央道日の出インターより約10分       
      ◯ 会期中『小机邸喫茶室』は営業(通常は週4日)しております。美味しいお茶と手作りのお菓子もご堪能下さい。
        また、14日(月)午前11時〜午後4時、庭にてお茶会を開催いたします。(一服:500円 雨天の場合は室内) 

2013年 海外グループ展:本年度は未定                                

ポイント彫刻(ダイヤモンド・ポイント彫刻  Diamond-Point engraving)                     
ポイント彫刻とは、ガラスより硬い、金属やダイヤモンドなど取付けた、ペン状の道具を使い
手彫りでガラス表面に傷をつけ、模様を彫る技術の総称です。  
また、線彫り用の針などを電動具に装着して彫ったものは、ドリル彫刻と呼ばれます。

ライン(線彫り) 古くローマ時代からある技法で、線を彫り重ねて描き出します。  Line engraving 作品-☆
線刻、線彫り、ライン彫り、ギヤマン彫り(江戸時代)、スクラッチング
手彫りガラス、グラスリッツェン(ドイツ語で引っ掻くの意味)、グラス彫刻...などと、呼ばれています。
現代では、宝石研磨や歯科医の使用する、ダイヤモンド粒を電着させたものと同様の
良質な針先が発売され、手軽に制作出来るようになりました。
日本では一般にも広まっており、多くの優れたグループが生まれています。

スティップル(点彫り) 18世紀のオランダで生まれた技法。  Stipple engraving 作品-☆
先端を尖らせた金属、またはダイヤモンドの欠片の尖った部分で
強弱をつけながら微細な点を打ち重ね、絵画的に彫ります。
細かな作業なので根気と時間が必要です。
そのため、ガラス工芸の中で最も繊細緻密な技法とされています。
点刻、点彫り、スティップル、スティップリングと呼ばれます。
現代では、鉛筆の芯状のタングステン・カーバイドの先端を
常に鋭角になるように研ぎながら、
または、先端角度110度の単結晶のダイヤモンドを付けたペンを使用します。

ドリル彫刻 ペン型の電動具(ドリル、ルーター、リューター、小型グラインダー)に
ダイヤモンド粒を電着された針先を付けて彫ります。  Drill engraving 作品-☆
当然、手彫りの何倍も、深く早く彫れますが、繊細さを彫り出すのには熟練が必要になります。
日本でも優れた作家が増えているようです。

サテン・エフェクト彫刻  Satin Effect engraving 作品-☆
 新しい技法です。

ステンドグラス  Stained glass 作品-☆
西洋の教会の窓などで、広く知られていますが
私の作品は、銅テープを使用するティファニー式の制作法で制作したものです。

絵画  Picture, Drawing, Illustration 作品-☆ 
数人のイラストレーターが描く絵画です。線画、イラスト、ポートレートなど。
私の作品は未掲載です。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

桔田 明実 Ami Kitsuda
イラストレーター・ガラス作家

現在は、主にスティップルとドリル、サテン・エフェクトを中心に制作しています。
スティップル・エングレーヴィングを詳しく知るため、2度オランダに渡り
スティップル作品の素晴らしさに魅了されました。
油絵を小寺明子先生に5年間、ステンドグラスは藤川直久先生に5年間指事。
掲載のガラス彫刻の技術は、すべて独学しました。
掲載のガラス作品は私の作品の一部です。
作品は販売しておりますが、一部は非売です。
価格など、ご質問の方はメールでお知らせ下さい。

ガラス彫刻作家として現在ご活躍の方、勉強中の方、これから始める方、ガラスに興味をお持ちの方
全てのガラス彫刻を愛する方々によって、素晴らしい作品が生まれ、さらに進化し
未来に残されて行く『名品』が生まれ続ける事を、心から願っています。

東京ガラス工芸研究所 TOKYO GLASS ART INSTITUTE 講師 ダイヤモンド・ポイント担当 http://www.tgai.jp/index.html
英国 THE GUILD OF GLASS ENGRAVERS Associate Fellow (準特別会員) http://www.gge.org.uk
JAPAN GLASS ART SOCIETY 会員 http://www.geocities.jp/kitsuda501/jgas.html
著書:『スティップリング(点彫刻) ダイヤモンド・ポイント彫刻』翻訳 : 城 美智子 美術出版社 刊


現在まで、油絵やイラストのグループ展 多数
及び、ガラスのグループ展 多数、ガラス個展2回


東京ガラス工芸研究所の一般者向けの講座は、研究所移転のため終了。 
現在、あきる野市のアトリエにて継続しています。 が、日時が不定のため、ご希望の方はメールにてご質問下さい。
 ダイヤモンド・ポイント彫刻(主にステップル)の教室です。

このページ TOP... ★     NEXT... ★

©Ami Kitsuda