北見混声合唱団    

第64回定期演奏会 


自己紹介
北見混声合唱団とその指導者を紹介いたします。

2017年度予定
日々の練習や演奏会の日程です。

定期演奏会の
プログラム
過去の定期演奏会のプログラムや演奏曲目です。

ギャラリー
普段の練習風景などを写真でご覧いただけます。

合唱団の歩み
北見混声合唱団の設立以降の活動を簡単にご紹介します。

掲示板

音楽関係リンク

素材関係リンク
更 新履歴


北見混声 合唱団のホームページへようこそ!


  10月1日(日)の「北海道合 唱 コンクール」から2週間。

10月15日(日)に北見芸術 文化ホールで「第58回北見合唱祭」が開催されまし た。

管内の小学校、中学校、高等学 校そして一般の27団体が集って、年1回のお祭りです!!


コンクール以降、始めての演 奏、発表のチャンスが巡って来ました。

20番目に登場した私達、北見 混声合唱団は、緊張感漂う中ステージに上がりました。

合唱団紹介で「北海道合唱コン クールで銅賞を受賞されました」とアナウンスされました。

会場から盛大な拍手が沸き上が り、団員の緊張感は増すばかり!

強烈なプレッシャーに集中力は 高まり、すべての目は指揮者の山田先生に集中しました。

江上孝則さん作曲の「アヴェ・ マリア」、ゆったりとした静寂の中、マリアを賛美する歌を

ハーモニーを重視して精一杯に 歌い切りました。

そしてコンクールで歌った曲で はありませんが、鈴木憲夫さん作曲の

組曲「地球ばんざい」から2曲 目の「きこえてくる」を歌いました。

コンクールでは、1曲目の「ど うしてだろうと」と4曲目の「いきもののくに」を歌いました。

この、「きこえてくる」は、私 たちにとって大変厄介な曲です。失敗をするとぐちゃぐちゃになります。

とてもリスキーなので、コン クールの自由曲として検討しましたが、断念しました。

早いテンポの中でピアニッシモ からフォルテシモまで一気に歌い上げる、とてもスケールが大きな曲です。

怒涛のように「生まれ来る生き 物たちの喜びの声!」を最後のフォルテシモに載せました!

直後、会場は一瞬静寂となり、 次の瞬間「オー」と、どよめきが起こりました。

そしてやや間を置いて盛大な温 かい拍手を頂きました。

歌い切ったという安堵感とこの 歌の持っている素晴らしさに感動しステージを下りました。

 歌い始める前のことです。演 奏 団体の入れ替わり、約1分間程度の間に

歌い終わって客席に入り座ろう としていた約50名の高校生。私達が歌い始めてしまったために

約10名の人達が座りきれず、 立ったまま最後まで聴いていただいたのが印象的でした。

立ったまま、身動きもせず聴い ていただき申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

そして、聴いていただいた満員 のすべてのお客様に心から感謝いたします。

本当に、ありがとうございまし た!

この感動を胸に、次のステップ に向けて精一杯、練習にまい進したいと思います。


さて、合唱祭も終り、いよいよ 「第65回北見混声合唱団定期演奏会」が近づきました。

11月5日(日)14:00〜   北見芸術文化ホール音楽ホールで開催します。

プログラム プログラム プログラム プログラム


  第1部は、数ある「アヴェ・マリア」の名曲を一気に5曲お聴きいただきます。

 ま た、団の創設時から半世紀以上に渡り事務局長として屋台骨を 支えてきて

今 年2月に亡くなられた小岩哲郎氏を 偲んで追悼のステージも企画しました、

第 3ステージでは、70年代を席巻したグループサウンズの名曲をメドレーでお楽しみいただきます。

第 4ステージは、合唱コンクールの課題曲と、コンクールの自由曲、合唱祭で一部発表した、

鈴 木憲夫さん作曲の混声合唱組曲「地球ばんざい」の全曲お聴きいただきます。


多 くの皆さんにご来場を頂きたいと団員一同、精力的に取り組んでいます。

ど うぞよろしくお願い致します。


さ らに、1週間後の11月12日(日)には、紋別市民会館で開催の「オホーツク合唱フェスティバル」にも参加します。


 一緒に歌ってみたい、合唱に興味のある方は、ご連絡 ください。よろしくお願いいたします。

                 幹事長 本見研介 090-9529-0113

 最終更新日 2017.10.16






 第 65回定期演奏会

団 員 募 集 中♪
第65回定期演奏会チラシ 団員募集

〜見学はご自由にどうぞ!
詳細 はこちら!

 

 






このホームページや北見混声合唱団に関するお問い合わせはこちらまで。