北山城
[ ホーム ] [ 上へ ]

 

北山城主郭跡の公園(13年6月)

国道170号線(外環状)を富田林市「旭ヶ丘」交差点を西へ200m。辰池の東側丘に存在した。現在は住宅地に開発され、たくさんの住居が立ち並んでいる。その入り口、自治会館前の公園辺りに少し面影を残している。あまり高低差が変更されていなかったら、この小公園が砦跡にぴったり。東西と北が開けた低地で、背後は美具久留御魂(みぐくるみたま)神社禁足地に続いている。喜志城の出城と伝わるように、東南に1000mに喜志城があった。住宅開発にあたり、発掘調査が行われたのだろうか。

北山城址(大阪府全志より)

北山城址は字宮と同平との間なる山中にあり、美具久留御魂神社の北に隣れる所にして、字を城の跡といふ。足利氏の季世畠山官八といへるもの、其の主某を奉じて立籠りしとの傳説あり。今も城址らしき形を存して、廣さ壹萬五千坪許なり。而して北山梅林は此の城址にあり、谷正祐の開きし所にして、近時更に再興せり。