Main HP:www.geocities.jp/kitakitalab/
「ユーラシア、日本一周自転車、山尾氏」のアクセスは上記のHPからできます。


「ユーラシア大陸自転車横断一万五千キロ」
「日本一周自転車八千キロ」


山尾一郎さんが学生時代に自転車で、日本、世界を旅をしたときの本の紹介です。
上記の2冊にはノルウェーのことは書かれていません。
しかし山尾さんとの接点はノルウェーのNIE(Newspaper In Education)です。
つまり新聞を学校教育にいかすことをテーマにした、山尾さんを含めた21人の日本新聞教育文化財団という視察団がノルウェーに来ました。
その時の通訳が私でした。

2001年3月26〜29日まで、 オスロ⇒ドランメン⇒ホーネフォス⇒オール⇒ヘムスダール⇒ベルゲン⇒オスロの行程で、小中学校、新聞社、大学、NIEの研究機関を各地で訪問しました。
ノルウェー第二の都市ベルゲンで、仕事の後、山尾さんとビールを飲みながら話す機会があり、その時に山尾さんの自転車の旅を知りました。
私は自転車は使いませんでしたが、山尾さんと同じような気持ちで若い頃、ヨーロッパ各国をヒッチハイクで旅をしていました。(ヒッチハイクの旅、その後の項参照して下さい)

お互い大変共鳴することがあり、山尾さんが帰国した後も連絡を取り合っていました。
その山尾さんが書いた本が、下記の2冊です。
20年以上前の旅日記を参考にしながら、書いたということです。
若い頃の意気込みが本から伝わってきます。
旅に何かを求める人には、是非読んで欲しい本です。


「日本一周自転車八キロ」-大いなる青春の中で-
1980年6月17日〜10月17日までの記録です。

「ユーラシア大陸自転車一万五千キロ」
1981年5月28日横浜港からナホトカまで船、そしてシベリア鉄道などでパリに6月13日到着。
その後スイス⇒イタリア⇒当時のユーゴスラヴィア⇒ギリシヤ⇒トルコ⇒イラン⇒パキスタン⇒インド⇒パリ出発224日後に旅の最終地ネパールの首都カトマンズに到着。
目的を達したときのガッツポーズが左の本の表紙になっています。
著者、山尾一郎
発行、山陰中央新報社
690-8666島根県松江市殿町383
Tel.0852-32-3440
Fax.0852-32-3535
「ユーラシア大陸自転車横断一万五千キロ」2003年9月24日発刊、山陰中央新報社、定価、1,524円+税
「日本一周自転車八千キロ」2005年4月23日発刊、山陰中央新報社、定価、1,200円+税
「縄文人に学ぶ」1997年2月10日発刊、地歴社、定価、1,545円+税