------------------------------------------------------

藤原義章(ふじわら よしあき)

ヴィオラ奏者として内外のリサイタル、コンサート、放送に出演。
東京都交響楽団の創立団員のあと、指揮、ヴィオラ、室内楽をボストン大学、
イェール大学、イェール大学サマースクールで、ブロダース・アール、
ワルター・トランプラー、ガルネリ・カルテットに学ぶ。指揮者チェリビダッケ
などのゼミナールに参加。新日本フィルの首席ヴィオラ奏者を務める。
全国のオーケストラで客員指揮。日本アマチュアオーケストラ連盟の
指揮者・指導者を務める。1979年から田沢湖音楽祭、1997年から、
「北甲斐★音楽祭」で音楽監督・オーケストラ指揮者を務める。
増穂町文化会館音楽監督、韮崎市文化ホール館長を歴任。1984年から
モーツァルト・アンサンブル・オーケストラ指揮者、山梨大学、
インターナショナル・コンセルバトリー、軽井沢音楽祭・サマースクール
の各講師。「自然リズム」について心理、音響、音楽、音楽教育などの
学会で研究発表。著書に「リズムはゆらぐ」(白水社)、「新しい
アンサンブル入門」(春秋社)「ヴァイオリンとヴィオラの小百科」
(春秋社)など。
[出典]:第9回北甲斐★音楽祭-参加アーチスト紹介


------------------------------------------------------
(Upate: 2005/09/02 21:00)