JAHA スキルアップセミナー

CAPP活動レベルアップのための勉強会

 

 

■ 日 時

平成30年9月29日(土)13:30~15:00

 

 

■ 場 所

青森県動物愛護センター 

 

 

■ 主 催 

公益社団法人 日本動物病院協会 (JAHA)

 

特定非営利活動法人 北東北捜索犬チーム

 

 

 

 

1 講師紹介

 

 (1) 阿部容子 先生 

  宮城県石巻市「あべ動物病院」臨床検査技師

  JAHA認定 家庭犬のしつけインストラクター

 

 (2) 梅ケ谷伸代 先生

  青森県弘前市「NPO法人 光の岬福祉研究会」

  ひかりの岬こどもデイサービスセンター 児童発達支援管理責任者、保育士

 

2 参加セラピー犬

NO.

犬 名

ハンドラー

1

ひらり

岩本 久子

2

カシス

成田 道子

3

イチゴ

岩本 良二

4

ピット

村田 道子

5

かりん

前田 麻実・前田知恵子

6

ル ナ

工藤 美穂

7

小 粒

上野 望

 

3 スケジュール

13:30~13:35

開催のあいさつ(岩本久子チームリーダー)

13:40~14:00

講演:障害のある子ども達(梅ケ谷伸代先生)

14:10~14:40

実践:障害のある子ども達とのセラピー犬のふれあい

14:40~14:50

休憩

 

14:50~15:50

講演:障害のある子ども達とのセラピー犬のふれあい(阿部容子先生)

15:50~16:00

質疑応答

16:00~16:05

終了のあいさつ(岩本久子チームリーダー)

 

4 状 況

開催のあいさつ

梅ケ谷先生の講演

阿部先生

カシス

小粒

ルナ

イチゴ

ピット

かりん

 

ルナ

ひらり

ルナ

カシス

ピット

イチゴ

ルナ

阿部先生の講演

阿部先生のゲームの指導

小粒

ひらり

カシス

 

5 まとめ

 今回の勉強会で、沢山のことを学びました。

 障害のある子ども達と接する際には、その子が何を必要としているのか、どうすればその子に分かりやすく伝わるのかを考え、出来るだけ普通に接することが大切であること。

 また、時間がかかっても理解してもらうまで、楽しく、細く、長く続けること必要で、今まで、緊張して行っていたふれあいを楽しいものに変えていきたいと思います(岩本久子)。