平成30年度 弘前市総合防災訓練 

倒壊建物内負傷者救出訓練

 

 

■ 日 時

平成30年9月27日(木) 9:30~12:00

 

 

■ 場 所

弘前市運動公園

 

 

■ 主 催

弘前市

 

 

■ スタッフ(参加犬

三上修悦(きろ)、三上恵子(大)、岩本良二(もみじ)

 

平田奈奈子、村田道子、米沢知恵子

 

 

■ 災害想定

日本海を震源とするM7.9の大規模地震が発生し、弘前市内の建物が倒壊、土砂災害や火災が発生している。

 

■ 訓練内容

救助犬による要救助者の捜索活動と消防との連携

 

 

■ 状 況

 

現場到着

指揮本部脇で待機

現場近くでがれきの撤去を待つ「きろ」

捜索開始

U字溝付近で内部のヒトに反応し、吠えてアラートする「きろ」

捜索終了し、消防の救助隊にバトンタッチ

再捜索の「大」

閉会式

3頭とも市長の講評に聞き入る

 

 

■ まとめ

 今年の弘前市の防災訓練は、若い「きろ」を中心に災害救助犬の捜索活動を行いました。「きろ」は少し緊張気味でしたが立派に役目を果たしてくれました。

 年々、災害が多発する地球環境に、災害救助犬も若手の育成が急務なのです(岩本良二)。