平成30年度 

八戸市総合防災訓練

 

 

■ 日 時

平成30年8月31日(金) 8:13~12:00

 

 

■ 場 所

八戸市公民館、八戸市津波防災センター及び沼館緑地公園等

 

 

■ 主 催

八戸市、八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部、八戸圏域水道企業団

 

 

■ 参加者

成田道子、三上恵子、岩本久子、岩本良二、

 

 

■ 参加犬

・災害救助犬~イチゴ、大

 

・災害救助犬候補犬~ひらり、もみじ

 

 

■ 災害想定

 

 平成30年8月31日午前8時13分、青森県東方沖200km、震源の深さ10kmを震源とするマグニチュード9.0の地震が発生し、大津波警報が発令された。また、この地震により、八戸市内で多くの建物が倒壊、火災が発生しライフラインに甚大な被害が生じた。

 

 

■ 訓練内容

・瓦礫からの救助救出訓練(沼館緑地公園前駐車場)

 

・災害救助犬・捜索犬の活動展示(フットサル場前駐車場)

 

 

■ 状 況

 

車両で到着し、現場に向かう大

瓦礫の中の人に反応しアラートする大

陸上自衛隊による要救助者救出

救出後、再捜索するもみじ

展示ブース

閉会式のイチゴ

 

 

■ まとめ

 東日本大震災で被災した経験のある八戸市の防災訓練は、参加する全ての人たちから熱意を感じます。訓練が本番にならないように祈りながら、今年も八戸市の防災訓練を無事終了できました(岩本良二)。