平成30年度 春の動物ふれあいフェスティバル

「ペットも飼い主も健やかに」

 

 

■ 日 時

平成30年5月3日、4日 両日とも10:00~16:00

 

 

■ 場 所

青森市大字宮田字玉水119-1

 

 青森県動物愛護センターの多目的ホール内ブースと屋外災害救助犬訓練場

 

 

■ 内 容

 

 ・3日、4日

10:00-16:00 多目的ホールでパネル展示、犬とのふれあい、募金、グラスペイント体験

 ・4日

13:00-14:00 災害救助犬訓練場で災害救助犬、嘱託警察犬のデモンストレーション

 

 

■ スタッフ

 

 ・3日

村田道子、相馬綾子、樽沢信子、木村良子、吉崎千賀子、西塚ふみ子、久保安弘、岩本良二

 

三上修悦、岩本久子

 ・4日

村田道子、前田千恵子、西塚ふみ子、山口最史、吉崎千賀子、川田まゆみ、石戸谷貴子

 

橋本尚美、三上修悦、成田道子、岩本良二、岩本久子

 

 

■ 参加犬

イチゴ、ひらり、きろ、ぶちょお、もみじ、カシス

 

 

■ 状 況

 

ふれあい中の「イチゴ」

同じく「ひらり」

同じく「ぶちょお」

ふれあい中の「ひらり」と「きろ」

大盛況のグラスペイント体験コーナー

写真パネル展示

観客に災害救助犬や嘱託警察犬を解説(石戸谷)

「ぶちょお」の倒れている人への反応

「もみじ」のボックス内の人の捜索

「ぶちょお」による嘱託警察犬の場合の捜索

「ひらり」による災害救助犬の場合の捜索

「イチゴ」による災害救助犬の場合の捜索

 

■ まとめ

 連休中の2日間に私たちのブースやデモンストレーションに沢山の人達が来て下さいまして、真にありがとうございました。そして、皆様から励ましのお言葉と募金を頂き、感謝に堪えません。

 初心を忘れず、「真に社会に役立つ捜索犬、セラピー犬を育てよう!」をモットーに進んでいきたいと思います。今後ともご支援のほど、よろしくお願い致します(岩本良二)。