犬によるセラピー活動

 

特別養護老人ホーム「やすらぎの郷」

 

 

◇ 日 時

平成30年4月5日(木) 14:15~14:45

 

 

◇ 場 所

南津軽郡田舎館村大字畑中字藤巻180-3

 

 特別養護老人ホーム「やすらぎの郷」

 

 

◇ スタッフ

福原照子、岩本良二、西塚ふみ子、岩本久子

 

 

◇ セラピー犬

「ひらり」

 

 

◇ セラピー訓練犬

「ピット」~ 村田道子(2)、「小粒」~ 上野 望(1)

~ ハンドラー

 

   (実地研修回数

 

 

 

◇ スケジュール

 

13:15

 訓練所で事前打ち合せ

13:45

 車で施設に移動

14:15

 ふれあい開始

14:45

 ふれあい終了し、車で訓練所に移動

15:00

 反省検討

15:10

 終了解散

 

 

◇ 状 況

 

犬の紹介

ひらり

小粒

ピット

ひらり

小粒

ピット

ひらりのデモンストレーション(脚側停座・トンネル)

 

◇ まとめ

 今回は利用者さんに間をあけて座っていただき、犬とのふれあいが、正面からばかりでなく、横からもできるように配慮していただきました。

 「ひらり」がトンネルなどのデモンストレーションを行っている間、「ピット」と「小粒」には、休憩してもらい、最後に、再度3頭でふれあいを行って終了しました(西塚ふみ子)。