~ セラピードッグとそのハンドラーの育成事業 ~

 青森市市民活動活性化事業補助金対象事業

 

第18回セラピードッグ研修会

【 認定審査会 

 

 

■ 日 時

平成30年3月11日(日)10:00~12:30まで

 

 

■ 場 所

青森市大字宮田字玉水119-1

 

青森県動物愛護センター

 

 

■ 主 催

NPO法人 北東北捜索犬チーム

 

 

■ 共 催

青森県動物愛護センター

 

 

■ 審査対象

訓練犬とハンドラー 6組

 

審査 No.

犬  名

ハンドラー

1

チャウ

相馬 綾子

2

ル ナ

工藤 美穂

3

小 粒

上野 望

4

かりん

前田 麻実

5

ピット

村田 道子

6

モ コ

樽沢 信子

 

■ 認定審査委員

 三上修悦(委員長)、石戸谷貴子、西塚ふみ子、吉崎千賀子、福原照子

 

 

■ 補助スタッフ

 三上優李、成田道子、三上恵子、岩本久子、岩本良二

 

 

スケジュール

時 間

内   容

10:00

  認定審査の説明

10:15

  服従作業とふれあい作業の審査

11:30

 動物介在セラピー活動に関する筆記試験

12:00

 結果発表及び合格者への実地研修の準備についての説明

12:30

 終了解散

 

■ 状 況

 

 ◇ チャウ

ケージ内に1分間

脚側行進

反応のないの人とのふれあい

 

 ◇ ル ナ

脚側行進

遠隔からの紹呼

犬嫌いな人とのふれあい

 

 

 

◇ 小 粒

 

 

伏臥

紹呼

犬好きな人とのふれあい

 

 

 

 ◇ かりん

 

 

脚側停座

ケージ内に1分間

反応のない人とのふれあい

 

 

 

 ◇ ピット

 

 

脚側停座

ロングリードに付け替え作業

犬好きな人とのふれあい

 

 

 

 ◇ モ コ

 

 

停座

脚側行進

犬好きな人とのふれあい

■ まとめ

 今まで17回の研修を終えて臨んだ審査でしたが、各自の自己訓練の成果が如実に現れ、およそ満足のいく結果で、全員合格という喜ばしい結果となりました。

 受験者のセラピー犬に対する真面目な考え方と接し方が表れたと思います。これから、実習訓練を充分積み、社会に貢献できるようにみんなで頑張りましょう(三上修悦)。