~ セラピードッグとそのハンドラーの育成事業 ~

 青森市市民活動活性化事業補助金対象事業

 

第15回セラピードッグ研修会

 

 

 

■ 日 時

平成30年1月28日(日)9:30~12:00まで

 

 

■ 場 所

青森市浪岡大字浪岡字稲村101-1

 

青森市浪岡中央公民館 大ホール

 

 

■ 主 催

NPO法人 北東北捜索犬チーム

 

 

■ 共 催

青森県動物愛護センター

 

 

■ 対 象

セラピードッグを目指す 6組 の犬とハンドラー(公募)

 

 

スタッフ

岩本久子、西塚ふみ子、石戸谷貴子、成田道子、吉崎千賀子、三上修悦、三上恵子、岩本良二

 

*セラピー担当犬 ひらり、カシス、イチゴ(訓練中)

 

 

スケジュール

時 間

内  容

 9:30

 服従あとへ➡脚側行進➡停座➡伏せ➡待て➡対面して1分➡後を回って戻って➡停座

 9:50

ハウス(1分)

ロングリードで呼び戻し(4人)

10:30

人ごみの通過(整列した人達、前方から走って来る人達、後方から走って来る人達)

11:00

人との関わり(5人:普通の人、犬好きな人、犬嫌いな人、無視する人、車椅子の人に順番にふれあいをする)

11:50

他の犬や人との交流

12:00

 終了

 

■ 状 況

脚側行進

停座

伏臥

停座

伏臥

掲示内1分待て

ロングリードで呼び戻し

ロングリードで呼び戻し

人との関わり

車椅子の人

無視する人

犬好きな人

他の犬や人との交流

 

■ まとめ

 この日は、初めて青森県動物愛護センター以外の場所で研修を行いました。

場所が変わると今までできていたことが出来なくなったり、犬のコントロールが難しいことが多いのですが、研修生の皆さん、落ち着いて、犬をコントロールしていました。

 環境が変わっても、犬とハンドラーが信頼しあっていることが大切だと思いました(岩本良二)。