平成29年度 八戸市総合防災訓練

 

 

 

◇ 日 時

平成29年9月1日 8:30~12:00

 

 

◇ 場 所

八戸市大字市川町字市川後55-1 多賀多目的運動場

 

 

◇ 主 催

八戸市、八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部、八戸圏域水道企業団

 

 

◇ 被害想定

青森県東方沖を震源とするマグニチュード9.0の地震が発生し、八戸市内で震度6強を観測、東日本太平洋沿岸に大津波警報が発令された。この地震により、八戸市内各地で多くの建物倒壊や火災が発生し、水道、ガスなどのライフラインに甚大な被害が生じた。

 

 

◇ スタッフ

三上恵子、川田まゆみ、石戸谷貴子、板井 誠

 

 

◇ 災害救助犬

大(だい)

 

 

◇ スケジュール

 

時間

行 動

スタッフ

5:00

青森出発

三上恵子・大、川田まゆみ、石戸谷貴子

7:00

多目的運動場着

同上

8:30

災害救助犬ブースオープン

同上

10:25

瓦礫下の要救助者捜索

三上恵子・大

10:30

反応があり要救助者発見し、待機

同上

10:35

救出後、瓦礫下を再捜索し、反応なし

同上

11:45

小林市長他、災害救助犬展示ブース視察

三上恵子・大、川田まゆみ、石戸谷貴子

11:50

閉会式

同上

12:00

終了

 

 

◇ 状 況

瓦礫下の車両中から要救助者を発見しアラートする大

再捜索まで待機する大

瓦礫下の再捜索開始

小林市長の災害救助犬ブース視察

 

◇ まとめ

 災害救助犬として初めて防災訓練に参加した大(だい)でしたがサイレン音、大型車両に驚くことなく瓦礫下車中より要救助者を発見してアラート(告知)できました。日々の訓練成果と大の頑張りで良い結果で終えることが出来ました。

 災害救助犬ブースではパネル展示を実施していたところ、熊本地震で捜索活動された自衛隊の方より「現地では搜索協力ありがとうございました。これからも頑張ってください。」と激励をいただきました。とても嬉しく思い、これからもチーム一丸となって頑張りたいと思います(三上恵子)。