~ セラピードッグとそのハンドラーの育成事業 ~

 青森市市民活動活性化事業補助金対象事業

 

第1回セラピードッグ研修会

 

 

 

■ 日 時

平成29年7月16日(日)10:00~15:00まで

 

 

■ 場 所

青森市大字宮田字玉水119-1

 

青森県動物愛護センター

 

 

■ 主 催

NPO法人 北東北捜索犬チーム

 

 

■ 共 催

青森県動物愛護センター

 

 

 

 

■ 対 象

セラピードッグを目指す 13組 の犬とハンドラー(公募)

 

 

■ スタッフ

・ドッグトレーニングスクール「ウィズドッグ」(岩手)

 

 伊藤敬一(訓練士)、伊藤陽子(訓練士)

 

 

 

・NPO法人北東北捜索犬チーム

 

 岩本良二(訓練士)、岩本久子、成田道子、西塚ふみ子

 

 福原照子、三上修悦、吉崎千賀子

 

 

■ スケジュール

 

時 間

内  容

10:00

開会のあいさつ(NPO法人理事長)

10:02

スタッフ紹介、研修生自己紹介

10:15

北東北捜索犬チームが行っているセラピー活動の現状と将来(スライド・NPO法人理事長)

10:30

犬の現状把握のためのアンケート調査(伊藤訓練士)

11:00

研修会の目的と最初に知っていただく事など(岩本訓練士)

12:00

昼食

13:00

実技指導~トイレのさせ方、ケージの出入り、犬と人の交流、犬と犬の交流など(伊藤訓練士)

15:00

閉会のあいさつ(NPO法人理事長)

 

■ 状 況

犬によるセラピー活動の現状説明

実技指導

クレートの出入り指導

クレートの出入り実践

クレートの出入り実践

指定場所での排便排尿の実践

周りの人や犬に対する自分の犬のコントロール実践

 

■ まとめ

 初めての試みで、スタッフ、参加者共々、緊張の1日でした。

 今回の研修会は、犬と一緒のセラピー活動をボランティアで続けていくことが目標である旨を強調し、納得した上で訓練を継続してもらいます。

 伊藤訓練士から、初歩のクレート、トイレ、犬・人に対しての指導がありました。2~3頭の心配な犬がいましたが、大変有意義なものでした。これからが楽しみです(岩本久子)。