浪岡地区子供職業体験事業

「なみおかジョブタウン」

 

 

 

■ 日 時

平成29年2月5日(日) 10:00~12:00

 

 

■ 場 所

青森市浪岡大字浪岡字稲村101-1

 

  浪岡中央公民館 1階屋内グランド 

 

 

■ 対象者

浪岡地区の小学校に通学する児童 60名(30名ずつ2回)

 

 

■ 内 容

~災害救助犬の訓練士の仕事について~

 

 

■ 体験時間

1回目 10:00~10:50まで

 

2回目 11:00~11:50まで

 

 

■ スタッフ

福原照子、三上修悦、三上優里、川田まゆみ、櫻庭晴香、岩本良二

 

石戸谷貴子、岩本久子

 

 

■ 参加犬

文太、イチゴ、ひらり

 

 

■ スケジュール

① 講話 「災害救助犬を知ろう」

 

② デモンストレーション

 

 ・服従訓練(イチゴ)

 

 ・吠える訓練(ひらり)

 

 ・捜索訓練(文太)

 

③ 犬とのふれあい

 

 

■ 状 況

 

屋内のネットに活動の写真を展示

スライドによる災害救助犬の訓練士の講話

指示で伏せるイチゴ

ノーリードで脚側行進

遠隔からの指示で伏臥

トンネル通過

ポールジャンプ

遠隔指示で箱の上に移動する

指示で吠えるひらり

倒れている人に反応して吠えて知らせる

匂いからヒトのいる箱を選別

模擬倒壊家屋内に要救助者発見し吠えて知らせる文太

文太のふれあい

イチゴのふれあい

ひらりのふれあい

 

■ まとめ

 災害救助犬の訓練士に興味を持っている子供達が合計60名集まり、有意義で楽しい時間を過ごすことができました。文太、イチゴ、ひらりも大張り切りでした。

 屋内グランドは、滑る床の体育館などと違い、下が地面なので犬のデモンストレーションに最適でした。この子供たちが災害救助犬のことを正しく理解して、今後に繋がっていくことを期待したいと思います(岩本良二)。