韮崎靖国之家

謹慎伏屋・歌碑・十三階慰霊塔・同建設之言霊碑
写真左より

今村均大将謹慎室
歌碑
十三階慰霊塔
同建設之言霊碑

建設之言霊

建設の碑 歩兵第一四九連隊(東部六三部隊)が創設されるや
私は初代連隊旗手として昭和十五年十二月三日山田卓爾連隊長と共に宮中の親授式に参内した
九年余の軍人生活の内五年間を甲府連隊に勤務し
初年兵補充兵下士官候補者幹部候補生の訓練また学校配属将校として青少年学徒の育成に励む
この勇士達は軍旗の下に又他の部隊に転出した大陸に南太平洋の島々に転戦苦斗遂に護国の魂となる
以来茫々四十四年 霊魂は今尚地に海に咽び泣いていよう
これらの英霊及び韮崎市出身の大東亜戦争戦没者九七三柱供養の為建之

平成元年秋彼岸
韮崎靖国之家斎主 正七位勲六等 中込藤雄
謹書 妻 中込梅香
彫刻 戦友 石坂義雄

部隊歌

部隊歌