体調不良・肩こり・腰痛でお悩みの方は、是非ご相談ください。

   一般社団法人 身体均整師会会員                                                                            TEL 03-5373-3643

 ザ・均整法 せいたい(整体)        東京都中野区大和町 1-65-4 増田ビル2F

                                                  ※東京都羽村市にも分院があります

 

 

 

 

 

 

 

 

- リンク -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   当院は予約制となっております。必ずお問合せの上、御来院ください。

からだについて

 

 

 身体均整法の考え方

 

  人の身体は、多くの情報を組織間でやりとりし、自己組織化し、秩序を形成し、形成した秩序を維持することを繰り返し、絶えず変化する環境に自らを順応させる複雑な生命現象を営んでいます。

 身体は故障(病気・痛み・緊張・弛緩・違和感・不快感など)すると、歪んだり動きが悪くなったり、硬くなったり、知覚が変化したりします。

 身体均整法では、これらの身体の変化をひとまとめに『運動(可動)制限』と呼びます。運動制限があると身体に故障が起こる原因と考えます。

 運動制限と故障は密接な関係があり、それを解除・軽減させることにより身体の故障が回復・軽減します。

 身体均整法では、身体に故障があれば、運動制限があり、身体に運動制限があれば、故障があると考えます。

身体均整法は、生命現象の特徴をふまえ、身体の「姿勢・動き・体表の知覚(感覚)」に何かしらの変化を与え、身体や心の機能の回復や健康の維持と改善を図ります。

 身体の「姿勢・動き・知覚(感覚)」は解剖学でいう「骨格・皮膚筋肉系・神経」の運動系に属します。身体均整法は複雑な生命現象を営んでいる生体の中から運動系を観察し、運動系の法則に基づいて行う手技療法です。 

 

  


 

 良い姿勢の人は健康?

 

 私たちの身体は、絶えず重力により地球の中心に向かって引っ張られています。筋肉は常に重力とは逆の方向へ力を働かせています。つまり、人の身体は骨の一本一本がパズルのように組合わさり、骨格や筋肉を神経でバランスをとり、維持しているといえます。良い姿勢は、バランスが安定しており、筋肉に無理な負荷をかけずに最小限な力で支えているわけです。

 神経は呼吸・消化・循環・内・外分泌や姿勢の保持をする筋肉を統制しています。神経に緊張が生じると、呼吸・消化などそれらに何かしら影響が生じます。つまり、姿勢と健康は密接な相互関係があるといえます。

 姿勢の重要性は貧弱な姿勢をみると、よくわかります。貧弱な姿勢は、重力のけん引に対抗するために、筋肉に余分な力が必要になります。余分な力が必要ということは、良い姿勢に比べ、疲れやすいということになります。また、骨にも力が加わり続けるわけですから、やがて骨の変形や呼吸・心臓の働き・消化などに影響を及ぼし、自信や喜びなどの心にも影響を与えます。

 しかし、身体は不思議なもので実際には能的に良い・楽な姿勢は姿・形が歪んでいることが多いようです。

 生物は常に自分自身で修正(調整)しながら生きているのです。

それが滞ると症状・故障・病気が発生するのです。

 

身体は歪体(わいたい)が本質です。

生体は、生理的基準値を中心に絶えず変化しています。

生命は動的に秩序を形成し、つくった秩序を維持しています。

生命現象はゆらいでいます。

 

 当院では、単に身体の歪みを取り除くだけではなく、動き・内臓等の機能的問題を緩和し、身体が楽になる(機能と健康のバランス)ことを重要視した施術をします。

 

 

 

プラズマ健康器

 身体の中には、とても微弱な電流が流れています。この電流は、脳・神経を経由し、それぞれの器官を動かし、生命を保持しています。

 皆様も、ご存知のように電流が流れている周囲には、磁場が発生します。

 プラズマハートは良導体の大小2本のコイル棒が入っています。コイルを振ったり、身につけるとにより生体磁場が変化し、身体の自然治癒力を増進させます。

 

腰痛や肩こりの原因

腰痛や肩こりの原因にはいくつかの種類があります。

々や筋肉の異常によるもの

内臓の疾患などによるもの

神経疾患によるもの

だ鎖静要因によるもの

テ段未文彊ではないもの

特に注目しなければならないものはイ瞭段未文彊ではないものです。故障が無いのに運動制限が現れている場合です。

一般的には、長時間のパソコン作業・車の運転・デスクワークなど、長時間同じ姿勢をとり続けている場合が多いようです。

 この腰痛や肩こりを毎日少しづつ蓄積した場合、やがて故障ということになってしまいます。

 予防策として、一定時間作業を行った後に、姿勢を代えたり肩を回すなど、一般的に知られている方法が有効です。また、ご自分で予防策を実行しても緩和されない場合、整体院などで身体のメンテナンスを行うことも有効です。

整体院での施術は違和感や痛みを緩和することに加え、予防的に施術を受けることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP  施術について  からだについて  コース・料金  質問集  地図  利用規約 

 Copyright( c) 2009 ザ・均整法 せいたい. all rights reserved.