トップページへ   樹の散歩道目次へ

樹の散歩道
   ヘクソカズラのにおいを堪能するには


 ヘクソカズラは昔から非常に臭いということになっていて、それゆえ思いつく最悪の名前を与えられた可哀想な植物である。たぶん、自分の身を一生懸命守るため、進化の過程でやっとのことで身につけた自己防衛メカニズムなのであろう。個人的にもこの植物はとにかく臭いものとして観念的に整理しているものの、実をいうと経験的に臭いと感じたことがないのである。臭いはずのものが臭くないとは、一体どういうことであろうか。【2010.9】


 屁クソカズラも花盛り!! アカネ科ヘクソカズラ属 Paederia scandens
 花盛りのヘクソカズラ。住宅地ではフェンスにからみつくのが得意である。
 葉だけでは似たものが多いから、目につかない。
 花の筒をのぞき込むと、内側が多数の毛で覆われていることがわかる。
 花冠を半分はぎ取った写真で、内側の毛の様子がよくわかる。この毛は蜜を盗むだけのアリの進入を阻止するためのものとする見方がある。身近なもので確認したところ、しばしば赤いアリの巣窟となっていた。小型のアリには効果がないようである。2本の糸状の長いものは花柱である。
 熟した果実の色合いは実に美しい。この果実の汁は、しもやけの薬になるそうである。
 改めて、どこが臭いのかを復習してみよう。手近な図鑑類を調べてみると、全体が臭いとするものと、葉が臭いとしているものがある。また、近づいただけでも臭いとするものと、葉を揉むと臭いとしているものがある。記述内容には随分幅がある。
 その概要は以下のとおりである。
【牧野日本植物図鑑】
 全体に臭気あり、故に屁糞蔓の和名あり、或いは屁臭サカヅラの名もあり。

【山渓カラー名鑑 日本の野草】
 全体に悪臭があることから屁くそ蔓と呼ばれている。

【朝日百科 植物の世界】
 ヘクソカズラの和名は茎や葉のにおいに由来し属名もラテン語で「汚物」の意味である

【保育社 検索入門 野草図鑑@】
 クソカズラの名で万葉集に詠まれ、サオトメバナの名は花を早乙女の傘と見立てたもの。その臭気、対生する葉、葉間托葉の3点に気付けば、花なしで確実に名が決められる。

【山渓ハンディ図鑑 野に咲く花】
 臭気は花や葉、果実をそっと嗅いだだけではにおわない。もんだりつぶしたりしてしてはじめてにおう。万葉集でもクソカズラと詠まれている。

【山渓名前図鑑 野草の名前 夏】
 「さうけふに(さいかちに)はいおほとれる くそかずら たゆることなく みやづかえせむ」(そうきょうの木にからについて広がっていく糞蔓のように絶えることなく、いつまでもみやづかえしよう)は万葉集の一首で、皇族の高宮王(たかみやのおほきみ)の歌である。この中の“くそかずら”は“ヘクソカズラ”のことである。奈良時代には、すでにクソカズラの名前で呼ばれていたことがわかる。この糞蔓に“屁”いつの時代かに加わっていた。江戸時代には「草木図説」によって、ヘクソカズラになっていることが分かる。全草に悪臭がある

【ヤマケイポケットガイド 薬草】
 花や葉、実などをもんだり、つぶしたりすると臭気があることからこの名がある。熟した実の汁は天然エキス100%の(皮膚の)保護剤。少々臭いのが気になるが、皮膚に優しい側面もある。

【街・里の野草(小学館)】
 ヘクソカズラ(屁糞蔓)は葉をつぶしたときに感じる臭いによる。この臭いは近づいただけでも臭ってくる。夏場の草刈りの時にはこの臭いに閉口させられる。

【したたかな植物たち:多田多恵子】
 悪臭の元凶はメルカプタンという揮発性のガスである。葉がちぎられたりして細胞が傷つくと、細胞中に含まれるペデロシドという硫黄化合物が分解してメルカプタンを生じ、独特のにおいをまき散らす。このペデロシドという成分は、昆虫が嫌う成分(忌避物質)として機能する。ヘクソカズラはこれを植物体に大量に蓄えているので、葉を食べたり茎の汁を吸ったりする虫もなかなか寄りつかない。外敵から身を守るための「科学防衛」である。

【花のくすり箱:鈴木昶】
 この気の毒な名前は、ひとえに悪臭のせいである。この植物の全草にはイリドイド化合物のペデロシドアスペルロシドなどが含まれている。中国では全草を煎じて関節痛や腫れ物に内服するというが、日本の民間療法は果実をとってもみ、そのまましもやけやあかぎれに用いる。

(注)  メルカプタンといえば、スカンクのにおいの主成分もメルカプタン、特にブチルメルカプタン C4H9SH である(平凡社世界大百科事典)とされる。
 実は、こうした一方でヘクソカズラはちっとも臭くないではないかとする声もある。中には、葉を揉んでも臭くなかったにもかかわらず、その手を洗うときに非常に臭かったとする証言もある。各種図鑑の記述内容にバラツキがあることを合わせ考えると、人により感じ方が異なる可能性が考えられる。

 未だにこの臭いを実感できないため、改めて以下の確認をしてみた。

 @ そっと嗅ぐ。
 A 葉を揉む。
 B 花を揉む。
 C 未熟果及び熟果を潰す。
 D 茎を揉む。
 E 葉を揉んだ手を乾燥後に水で濡らす。
 F 揉んだ葉を乾燥する。
 G 上記の葉に注水する。
 H ビニール袋に葉と花の付いた蔓をたっぷり投入して袋のままもみしごき、袋に顔を突っ込む。

 これだけのことをしてみたが、普通の草と同様にわずかに青臭いだけで、全く悪臭など感じないのである。強いていえば、ほんのわずかに青臭さの個体間の差異があるのかなという程度である。Hもわずかに野沢菜に似た淡い香りがあるかなという程度であった。
 さらに、身近な年齢の幅がある複数の男女に、花の付いたヘクソカズラのツルを与えて、葉を揉んで確認してもらったところ、臭いと感じた者は全くいなかった。以上のことから、独断で次の結論を得た。この件はとりあえずこれで区切りとしたい。
★結論  ヘクソカズラを臭いと感じる人々が昔からしばしば存在する。 
 植物体の部位によって、発生する臭いの程度に差があったり、臭いの程度に関して、大きな個体差があるとは考え難い。
 証言のバラツキが存在することは、この臭いの感受性に関して、甚だしい個人差が存在すると考えるのが妥当であろう。
★注意  上記Hは、臭いに対して極度に過敏な者が実験すると、あまりにも濃厚な臭いでショック症状を引き起こす可能性を否定できないので、決して真似をしないこと。
<参考>

 臭いは残念ながら実感できなかったが、臭い関連で興味深い記述を目にした。次の一文である。
ヘクソカズラは虫の食害を受けて茎や葉が傷つくと細胞内に蓄積したペデロシドという成分が分解してメルカプタンというガスになる。この悪臭を放つガスで敵を遠ざけるのである。しかし、ヘクソカズラヒゲナガアブラムシはこの悪臭成分をものともせずにヘクソカズラの汁を吸ってしまう。それだけではない。このアブラムシは、なんとこの悪臭成分を好んで自分の体内にため込んでしまうのだ。驚くことにヘクソカズラの悪臭成分を蓄えることによって、このアブラムシは外敵から身を守っているのである。アブラムシの天敵であるテントウムシもこのアブラムシだけは食べようとしない。【身近な雑草のゆかいな生き方:稲垣栄洋】